どうしても審査に通りたい人向けサイト

ペルソナカードのキャッシングは最高50万円まで!審査は厳しいの?

ペルソナカードというのは関東ではあまり聞きませんが、関西の方では阪急百貨店の子会社が発行しており、阪急百貨店や阪神百貨店でお得な利用ができるクレジットカードで、大変良く見かけるものになっています。

ペルソナカードもクレジットカードですからキャッシング枠の設定も可能で利用には審査が必要になります。審査の難易度としては他の流通系
カードと同じでショッピング枠部分は緩くキャッシング枠については厳しくなっているようです。

返済はリボ払いと1回払いが選択できますが、リボ払いの場合も月々の返済額が、少額とは言えないため、キャッシングの利用では返済がしていけるのかどうかよく見極めておかなければ、返済に窮する可能性も有り注意しなければなりません。

ペルソナカードは関東ではなじみが薄いが関西では良く知られている!

ペルソナカードと言っても首都圏ではあまりなじみが有りませんが、このカードは阪急グループのクレジットカードと言う形になっているので阪急百貨店や阪神百貨店で便利にお得に利用できるためは関西では良く知られたカードです。

以前は何種類かあったペルソナカードですが、現在では阪急系のペルソナSTACIAカードと言う形になっています。

このペルソナSTACIAカードは阪急百貨店や阪神百貨店のポイントカードとしても利用できるため、自分がこういった阪急百貨店や阪神百貨店を頻繁に利用しているというような場合には利用を考えても良いクレジットカードです。

またこの他にも様々な特典やサービス機能が付いているので、よく研究してお得な利用を考えましょう。

ペルソナカードは阪急百貨店のグループ会社ペルソナが発行している

ペルソナカードは正確に説明すれば阪急百貨店などを傘下にしている阪急阪神東宝グループのエイチ・ツー・オー リテイリングと言う会社の子会社であるペルソナが発行するクレジットカードということになります。

阪急百貨店と言えば関西地方では老舗と言える流通業者ということになりますが、流通業者と言えば昔から友の会とか最近で言えばポイントプログラムが用意され、お得意様に対して有利なサービスを展開しています。

阪急百貨店でも阪急阪神グループ共通のSTACIAというポイントプログラムを持っておりこのポイントカードとしてSTACIAカードの発行を行っています。

そして最近の傾向として、多くの流通業者が自分の所のポイントプログラムを更に便利にして利用者を集めるためにクレジットカード会社と提携してクレジットカード上にポイントカードを載せたカードを発行するようになってきています。

ペルソナカードも阪急阪神グループということで現在発行しているクレジットカードはペルソナカードにSTACIAカードを載せたペルソナSTACIAカードと言う形のものが発行されています。

また阪急阪神グループのクレジットカードということで東海・近畿・北陸の一部・岡山県などの鉄道やバス事業者の間で利用出来るPiTaPaという電子マネーカード(関東で言うPASMOのようなもの)も載せたものも提供されています。

現在はペルソナSTACIAカード等に集約されている

ペルソナカードは以前はこのSTACIAカードを載せていないものも発行していたのですが、最近になってそれらのカードの発行は停止になっており、現在はペルソナカードと言えばペルソナSTACIAカードということになります。

クレジットカードの場合、提携店の多さも使い勝手に影響してきますが、いくら阪急阪神グループを網羅していたとしても、関東などに行った場合にはそう提携店が多い訳ではないので、通常国際カードと言われる有名カードと提携しています。

ペルソナカードの場合には、現在VISAカードかアメリカン・エクスプレスカードを選ぶことができます。以前はJCBも有りましたが、現在では無くなっているようです。

阪急百貨店や阪神百貨店での利用でポイントが貯まる

説明してきたようにペルソナカードはSTACIAとくっつくことで阪急阪神グループのSTACIAポイントが貯まるようになっています。

ポイントは阪急百貨店と阪神百貨店で買い物をした場合には通常10%貯められますが、その他の阪神阪急グループではそれぞれ率が決まっているので注意してください。

また阪急阪神グループ外であってもVISA加盟店を利用した場合には0.5%のポイントが付きます。

ただしポイントはカードの種類や利用店などによって違うので、詳細については説明資料で確認するか、直接問い合わせて確認して下さい。

この他前年度の阪急百貨店あるいは阪神百貨店での利用額に応じて5%~10%の優待が受けられる場合も有るので、阪急百貨店や阪神百貨店をよく利用するような人には大変お得なカードと考えることができます。

~多機能化するクレジットカード~
クレジットカードと言うのは、かつてはショッピングだけで利用して、支払いも翌月1回払いと言うのが普通でした。それがリボ払いと言うように複数回の支払いに対応するようになって利用者も増えました。

さらにキャッシング機能も付けられるようになって便利さが増したうえに、本文で説明しているようなポイントカードなど様々なカードを乗せることによって、クレジットカード1枚でいろいろなことができるようになってきました。

また流通業者の場合、利用者を確保するために、様々な業者と提携することによって、優待などの特典を用意し、現金で利用するよりもクレジットカードを利用した方がお得と言う状況になっていることも有ります。

ペルソナSTACIAカードのキャッシングとは?

ペルソナSTACIAカードはクレジットカードですからショッピング枠の他、キャッシング枠を付けてもらう事ができます。ただし、キャッシング枠を付けてもらうには別途そのための申込みを行う事になります。

ですから必然的に審査もショッピング枠とは別途行われるということになるので、ショッピング枠を持っていたとしても、キャッシング枠の審査に必ず通るとは言えず、キャッシング枠の利用ができない場合も出てきます。

またペルソナの自前のATMというものは設置されていないため利用出来るATMはすべて提携金融機関のATMということになり、これらのATMを利用する場合には利用手数料が掛ってくるため注意が必要です。

キャッシング枠を付けてもらうには申込みが必要

ペルソナカードもクレジットカードですから、機能としてキャッシングの利用も可能です。ただしキャッシング枠を利用するにはそのための手続きを行うことが必要になります。

ペルソナカードでキャッシングを利用するためにはまずペルソナカードを作ったうえで、改めてキャッシング枠の設定の申込みが必要になります。

申込みの方法には次の2種類が用意されています。

  • ホームページからペルソナWEBサービスを利用して申込む
  • 電話で申込む

ペルソナカードを発行してもらってペルソナWEBサービスに登録するとホームページから利用者の専用ページにログインすることができます。その中からクレジット利用照会/支払照会等ペルソナVpassについてを開きます。

ペルソナVpassの登録をしたあとペルソナVpassにログインしてキャッシングの設定・増枠申込み受付という所を選べばキャッシング枠の設定をしてもらうことができます。

キャシング枠の登録だけでいろいろと登録させられるのは面倒ですが、これ等を登録しておけばキャッシングの登録だけではなくて様々な機能が利用出来るようになるので、やっておいて損は有りません。

そんな方法は面倒でできないと言う場合にはペルソナカードデスクというところに電話をすることでも申込みができるのでこちらを利用してください。

キャッシングは別途審査が行われる

ここまで説明して来れば分ると思いますが、ペルソナカードのキャッシング枠と言うのはペルソナカードの申込時とは別途行われることになりますから、当然審査も別途行われることになります。

ペルソナカードと言うのは阪急阪神グループを有利に利用してもらう手段の一つになっており、要するに利用者を囲い込んで他の百貨店などに行ってしまわないようにしているものです。

したがって、ペルソナカード自体の審査をあまりに厳しくしてしまうとそういった目的を達成できなくなってしまいますから、ある程度の支払い能力が有れば比較的緩い審査で発行してもらう事が出来ていると考えられます。

しかし、ショッピング枠の付いたカードを発行してしまえば利用者の囲い込みと言う目的は達成できますから、それ以後に行われるキャッシングの審査と言うのはそう簡単に通す必要はありません。

またお金を貸すというのは安易な審査では安心できませんから、キャッシング枠の審査と言うのは厳しいと考えなければなりません。

ペルソナカードが作れたからと言って誰でもキャッシング枠がつけてもらえるというわけではないので注意してください。

ペルソナSTACIAカードのキャッシング枠

ではペルソナSTACIAカードのキャッシング枠とはどのようなものなのでしょうか。キャッシング枠の仕様は次のようになっています。

商品名 ペルソナSTACIAカード
融資額 ~50万円
金利(年利) 18.0%
返済方式 元利低額返済、元利一括返済

利用限度額は50万円までとキャッシングとしては少額に見えますが、流通業者の発行するクレジットカードのキャッシングでは50万円程度になっている場合が多く、珍しいことではありません。

50万円以内にしておいた方が、審査としてはそれ程厳しくしなくても済み審査に掛る手間が少なくなり、さらに大勢に利用してもらえると考えて50万円になっているのかもしれません。

金利は18.0%で大手消費者金融のキャッシングローンの最高金利と同程度になっています。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ショッピング枠の利用がキャッシング審査に影響?適正利用で影響無し

ATMの利用手数料にも注意

ここでペルソナカードのキャッシングで注意すべきなのはATMです。ペルソナ自体がATMを設置している訳ではないので、利用することになるATMは提携ATMということになります。

ただし提携先には多くの銀行が含まれ、さらにコンビニATMの利用もできるようになっているので、何処に行ったとしても、キャッシングの利用で困るようなことは無いと思われます。

しかし注意しなければならないのは、ATMの利用における利用手数料です。融資を引き出す場合1万円以下で108円、1万円以上で216円掛ってしまいます。

利用額や返済方法にもよりますが、利息よりも手数料のほうが高いということになってしまうので、ペルソナカードでのキャッシングの利用には注意しなければなりません。

~キャッシングの審査は厳しい~
本文で説明しているように流通業者の発行しているクレジットカードと言うのは一般的に言って審査はかなり緩くなっていて、多くの人が利用出来るようになっていますが、キャッシング枠は付けてもらえない場合も多くなります。

流通業以外のクレジットカードの場合でも利用者を増やしたいという業界の場合は流通業者と同じような傾向にあります。

また他の業界に関係なくクレジットカードを発行しているような場合には、様々なケースは有りますが、ショッピング枠もキャッシング枠のそれなりに厳しい審査が行われると考えられます。

要するにクレジットカードの場合、いずれのケースでもキャッシングを付けてもらうためには厳しい審査をくぐり抜けなければならないということです。安易な考えは止めましょう。

ペルソナSTACIAカードのキャッシングの返済方法

ペルソナSTACIAカードのキャッシングの返済方法はキャッシングリボという分割払いと1回払いの2つが用意されており、自分にとって有利かどうかあるいは返済しやすいかどうかで選ぶことができます。

当然ですが高額利用をすれば1回払いと言うのはかなり厳しくなります。しかしペルソナSTACIAカードの場合キャッシングリボを利用したとしても他のキャッシングよりも1回が高額になるので注意が必要です。

キャッシングを利用する場合には、利用する前に、自分の返済能力を確かめて、返済して行くことができるかどうかをしっかり見極めておかなければ、返済途中で行き詰ってしまうという危険性も出てくることになります。

キャッシングリボと1回払い

ペルソナSTACIAカードの返済方式は先ほど示した元利定額返済方式でのキャッシングリボ払いか、一回で返済してしまう元利一括返済方式のどちらかを選ぶことになります。自分の支払い易い方法を選んでください。

元利定額方式と言うのはあまり聞きませんが、要するに他の金融機関で言えば残高スライド方式というもので借入残高を段階を区切って、高額になれば返済額も増えて行く方式です。元利定額返済の場合の月々の返済額は次のようになります。

締切日の借入残高 月々の返済額
20万円以内 1万円
20万円超50万円以内 2万円

このようにスライドはしていますが、2段階にしか分かれていません。

キャッシングリボの返済額はかなり高額

返済額は最低でも1万円ということになっているので、他のキャッシングにくらべてリボ払いとは言っても返済額は高額です。しかも20万円を超えると返済額は倍になるので、そう簡単に家計から出せる額を超えてしまいます。

生活費の補填ということであればキャッシングが20万円を超えるような利用はしないと思いますが、何らかの大きな買い物をしたり、旅行などの費用として利用してしまうと20万円を超えることも出てくるでしょう。

ですからこのペルソナカードのキャッシングの位置づけと言うのは、頻繁に利用するというような性格のものではなく、たまに利用してすぐに返済してしまえるというような使い方を想定するべきでしょう。

自分の返済可能額を見極めておく必要が有る

ペルソナカードは阪急阪神グループのお店が多い地域では大変便利でお得な利用ができますから、1枚持っておくというのは良い判断になると思いますが、キャッシングを利用する場合には説明したようにあまり利用しやすいとは言えません。

ですからあまり利用を勧めることはできません。しかし持っていると利用したくなるのが人情というものですから、キャッシング枠をそもそも付けないか、もしつける場合には事前に自分の返済可能額を見極めておくようにしましょう。

自分が返済して行けるかどうかは、自分の生活上どの程度の余裕が有るかどうかを計算してみれば分かります。そこで次の数式で月々の収支を計算してみましょう。

収支 = 収入 - 支出
この収支で2万円以上の黒字が出ているのであれば50万円まで借りても大丈夫と言う事です。これに対して1万円から2万円の間と言う場合には20万円までは借りても大丈夫ということです。

しかし収支の黒字幅が1万円に満たない場合やそもそも赤字になっている場合には、キャッシングは利用できないということです。

~クレジットカードは1回払いが基本~
クレジットカードは様々な機能が付いて便利になり、さらにリボ払いなどで分割払いを利用することができるようになっていますが、基本としてはその月に使った分はショッピング分もキャッシング分も翌月に支払うというものです。

クレジットカードの欠点と言うのは現金が無くてもついつい利用してしまうという事で、このために依存症に陥ってしまう人も大勢います。

もちろん自分の責任で利用するのですから構わないという考え方も有りますが、無駄なお金を利用しないように使い方をはっきり決めておくべきでしょう。

例えば翌月すべて支払ってしまうという使い方に絞れば、そう無茶な利用はしないはずです。そうやって自分を抑えることで、適正な利用ができるようにしてはいかがでしょうか。

クレカのキャッシングで良いか?キャッシングローンも検討しておこう

キャッシングはクレジットカードの提供しているものだけではありません。現在では同じようにカードを使って融資が引き出せるキャッシングローンという選択肢もあり、どちらを選ぶかたいへん迷うところです。

選び方の基準としてはどちらがお得かということになるのが普通で、多くの人は金利によってお得なキャッシングを選んでいます。

しかし利息を決めているのは金利だけではありませんから、重要なのは自分がどのようにキャッシングを利用するのかと言う点です。まずは自分のキャッシングの利用場面を考えて使い方を想像してみて下さい。

もしキャッシングで比較的大きな金額の融資を利用して長期に返済して行くのであれば金利が効いてくるので、比較的金利の高いクレジットカードのキャッシングは不利ですからキャッシングローンの利用を考えるべきでしょう。

利息から考えるお得なキャッシング

クレジットカードというのは様々な機能を備えていますが、基本的な機能であるショッピング枠とキャッシング枠だけを考えても1枚で済むため大変便利に利用できます。

しかしキャッシングを考えた場合、便利さだけで考えるには問題が有ります。お金を借りる時には便利さと同時にお得な利用ができるのかということもよく考えなければなりません、

お得かどうかをどう判断するのかと言うと、多くの場合金利で判断していると考えられますが、実際には金利と言うのは単なる利率と言うだけで問題はそれによって計算される利息で判断するべきものです。

利息と言うのは次の計算式で計算することができます。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

そこで利息を考えてみると元本が変わらないとすれば利息と言うのは確かに金利が関係しますが、それと同時に借入期間も同じように影響することになります。

これを考えてみると、金利が高くても借入期間が短ければ利息は少なくなりますし、金利が低くても借入期間が長くなれば利息は高額になる事になり、必ずしも金利だけを考えていたのではお得さの評価はできないということになります。

キャッシングにはここで説明しているようなクレジットカードのキャッシング枠の他にも銀行や消費者金融が提供しているキャッシングローンが有ります。

これらはそれぞれ金利が違っているので、利用するキャッシングがお得なのかをよく見極めて選びたいものです。

キャッシングの金利を比較したものが次の表です。

キャッシング 金利
ペルソナカード 18.0%
銀行のカードローン 2%台~14%台
大手消費者金融のカードローン 6%台~18%

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

自分のキャッシングの利用方法を考えてみよう

そこでどのように自分が使うキャッシングを選べばよのかと言う話になりますが、まず必要なのが自分がキャッシングをどのように利用することになるのかと言う利用方法をはっきりさせておくことです。

そこでまず自分のキャッシングの利用場面を想像してみて下さい。日頃から借入れできれば良いなと思うような場面がどのくらいあるのか思い浮かべてみましょう。

殆どそういうことが無いのか、頻繁にあるのか、そして次にその借入れはどの程度の金額が必要になるのかをよく考えてみて下さい。それによって利用すべきキャッシングが決ってきます。

こういう事を考えるときはあれもやりたいこれもやりたいと考えてしまう人がいますが、常日頃の生活を逸脱するようなことは現実では行いませんから、余り想像をめぐらすことは止めて現実に即して考えることが重要です。

長期的に返済して行くのであればキャッシングローンを利用しよう

ではどういったキャッシングを選ぶべきなのか利用方法ごとに考えて行くことにしましょう。

まず借入れは普段ほとんどなく、たまに少額の借入れを行ってすぐに返済してしまうことができるような利用方法が想定される場合には、金利が高かったとしても、借入期間は短期間で利息に差はあまり出てきません。

したがってこの場合には多少金利の高いクレジットカードのキャッシングでも利息はほとんど変わらない考えてよいでしょう。

次に借入額は少額だが常時利用するということが想定される場合には、積もり積もって利息の差が大きくなってしまう可能性が有るのでクレジットカードのキャッシングは不利になると考えられます。

また高額のキャッシングを行うことが想定される場合には、返済も長期化することが考えられるので、金利の高いクレジットカードのキャッシングは不利になります。

したがってこれ等の場合にはクレジットカードのキャッシングを利用するのではなくキャッシングローンを利用するべきでしょう。

これをよく理解して、自分はクレジットカードだけで良いのか、あるいはクレジットカードだけではなくキャッシングローン用のローンカードを持ったほうが良いのかの判断を行ってください。

~金融商品は他人ではなく自分中心で損得を考えるべき~
金融商品を選ぶ際には、いろいろと利用者の経験談などを読んだり金融機関の説明を聞いたりして決めている筈ですが、こういった外部の意見の利用には注意した方が良い場合が有ります。

特に金融機関に接触する前の金融商品に目星を付ける段階では、インターンネット上の既に利用経験のある人の話や、友人知人関係の利用者の話などを参考にしてお勧めというものを選ぼうとするはずです。

しかしこういった情報と言うのはあくまで情報を流している人の経験談でしかありません。その人にとっては大変使い易くてお得なのかもしれませんが、自分の利用環境でも同じことが言えるとは限りません。

そういった意見も参考にするには大変良い情報ではありますが、金融商品を選ぶ際にはあくまで自分にとっての損得を考えて、良いものを選ばなければなりません。決して他人の情報だけで決めるべきものではないのです。

ここでペルソナカードのキャッシングについて纏めておきます。

  • ペルソナカードは阪急阪神グループのクレジットカード
  • キャッシング枠を付けてもらうには別途審査を受ける必要が有る
  • キャッシングの返済にはリボ払いが有るが1回の返済が高額
  • キャッシングの利用方法によってはキャッシングローンを利用したほうが得

キャッシングはどんなに金利が低くても利息がかかることに違いはありません。ですから重要なのはキャッシングを利用しようと思ったらまずは借りないで済ませられないかを考える癖を付けましょう。

閉じる
閉じる