どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの利用には固定電話が必要?多くの場合は携帯電話でOK

キャッシングの申込みでは連絡先の電話番号の記入が必要になります。通常は自宅の固定電話が使われますが、多くの例ではこれは別に決まっているわけではなく、携帯電話を持っていればそちらの番号でも構いません。

この連絡先電話にはどんな連絡が来るのかと言うと、申込時の確認や審査結果の連絡が行われ、その他には通常電話は掛って来ません。しかし返済が滞ってしまったというような場合には電話で連絡が来ます。

したがって、あまりキャッシングについての電話を歓迎しないような場合には、滞納などしないように自分の返済能力を把握して無理な借り入れを行わないように注意するなど、事前に対策するようにしましょう。

キャッシングの申込み時には電話番号が必要!固定電話の必要は無い

キャッシングを申込もうという時には申込書を記入するにしても入力フォームから入力するにしても連絡先の電話番号を記載しなければなりません。この記載が無ければ申込み自体が受け付けられませんから注意して下さい。

この連絡先には通常自宅の固定電話を記載しますが、現在では必ずしも連絡を取るのに自宅の固定電話である必要はなく、自分の携帯電話が有れば連絡は取れますから、携帯電話番号の記載だけでも良くなっています。

また従来は固定電話のほうが審査では有利になると言った話が有りましたし、現在でもそう考えている人も多いはずですが、実際にはどうなのでしょうか。固定電話のほうが有利と言われる理由から判断することにしましょう。

申込時は連絡先電話の記入は必須

キャッシングを申込もうという場合には、当然ですが申込者の素性を明かさなければなりません。金融機関はお金を貸すわけですから何かあれば連絡を取る手段が必要です。それが現在では電話と言うわけです。

以前は携帯電話というものが有りませんでしたから、固定電話しか手段が無く、固定電話の記入が必須でした。

現在では携帯電話が普及している為、家によっては固定電話が無いことも有って、固定電話が必須と言うわけではありません。

しかしいずれにしても連絡先電話の記入はどのキャッシングを利用するにしても必須と考えて間違いありません。

また実際に申込む場合には現在でも多くの申込者が自宅の固定電話を連絡先にしているようで、長い間の習慣はそう簡単には変わらないみたいですね。

携帯電話が有れば必ずしも自宅の固定電話を記入する必要は無い

現在では申込みをする場合、連絡先として携帯電話の番号の記入が有れば、必ずしも自宅の固定電話の番号を記入しなくても構わないというキャッシングが増えてきています。もちろん携帯電話の番号の記入が無ければ固定電話は必須です。

ただし、記載項目としては両方が記入できるようになっているので、申込者の中には両方を記入している場合も有りますし、キャッシングによっては、固定電話が必須で携帯電話が有れば記入するというようになっている場合も有ります。

しかし時代の趨勢として連絡先が家単位から個人単位になりつるあるので、今後は固定電話の番号の記入が必須というようなキャッシングは減少していくものと考えられます。

固定電話番号を書きたくない場合には、固定電話が必須になっていないキャッシングを選ぶように注意してください。

固定電話のほうが審査に有利ということは有るのか?

注意が必要なのは固定電話を記入したほうが審査で有利になるという噂が有ることです。

確かに以前は固定電話を引くというのは結構お金が必要でそれなりの収入が無ければなかなかできない時代が有って、固定電話というものがステイタスシンボルとして示せたのです。

このためローンの審査でも固定電話が有れば収入に問題が無いと考えられて評価が上がったということは有りました。

しかし現在では固定電話を引くのがステイタスシンボルになるようなことは無くなりましたし、携帯電話の普及で、固定電話自体の需要も減少していることから、有っても無くてもそれが審査に影響するようなことは無いと考えてよいでしょう。

固定電話番号を記載しなくても金融機関は固定電話の番号が分る
申込時に連絡先として固定電話番号を書かなかったとしても、実は金融機関は必要となれば、利用者の固定電話番号を調べることができるようになっています。これには通常審査で用いる信用情報を利用します。

信用情報にはローンの返済状況や過去の金融事故状況などの他にも利用者の基本情報が格納されています。これには住所や勤務先、配偶者名などの他、電話番号の情報も含まれています。

過去に一度でも金融取引で自宅の固定電話番号を記載すれば、その情報と言うのはこうして信用情報の中に記載が残るというわけです。

もちろん最近では個人情報保護が叫ばれ、信用情報と言うのは審査の時以外にはアクセスしないようになってきていますが、緊急の連絡が必要で携帯電話が繋がらないというような場合には、参照される可能性が無いとは言えません。

そもそもどんな時に電話がかかってくるのか?通常は掛らない!

ではそもそも連絡先電話にどのような電話がかかってくるのでしょうか。まず考えられるのは申込み時の確認電話が有ります。申込みが行われたという電話の他、審査の結果を連絡するための電話などが考えられます。

申込時はこの連絡先電話の他に職場の方の電話にも本人確認の一環として在籍確認の電話が入ります。連絡先への電話ではありませんが、金融機関のほうからの電話ということになるので注意しなければなりません。

申込みが終わり契約が済んで利用が開始されれば、契約通りの利用を続けている限り、連絡先電話に連絡が入るようなことはありません。しかし何らかの問題のある利用が行われた場合には連絡先に対して電話が入ることになります。

申込時の確認電話

金融機関のほうからキャッシング関連で電話が入る場合には次のようなものが考えられます。

  • 申込時の確認電話
  • 職場への在席確認
  • 滞納など利用中に異常が有った時

まず申込時に掛ってくる電話には、全てのキャッシングというわけではありませんが、申込みをした段階で申し込みが有ったという旨の確認が連絡先に指定した電話に行われます。これは本人が申込んでいない場合を洗い出すためです。

次に仮審査あるいは審査の結果の連絡が連絡先の電話に行われる場合が有ります。仮審査の結果連絡の場合には、この電話で以後どうすれば良いのかの指示が行われることも有ります。

ただし最近では審査の結果はインターネット上やメール連絡で行われる場合も有るので、必ずしもこれ等の電話が有るということではありません。

申込時には職場にも電話がかかってくる!

申込時には連絡先に指定した電話にだけではなく、勤務先として記載した電話に対しても、連絡が行われます。

これは在席確認というもので、殆どのキャッシングで行われていて避けることができません。

この在籍確認は本人確認の一環と言う意味が有ります。本人確認のためには本人確認用の証明書類を提出しますが、最近では店舗窓口や自動契約機以外からの申込みが増えてきている為、証明書類で顔の突き合せができません。

このためそれに加える形で記載した勤務先に電話を入れて本当に在籍していることを確認するわけです。

この電話では簡単な質問が行われることが有り、その答えが申込時の情報と食い違ったりすると審査で問題になります。

しかし在籍が確認できるだけで良いというキャッシングも有り、必ずしも本人がいなくても在籍しているということが分れば良い場合も有ります。

利用を開始してからは異常事態の時だけ

申込時はこのようにいろいろな電話がかかってきますが、審査が終わって利用を始めてからは、借りては返すという基本的な利用法を続けている限り、指定した連絡先への電話連絡はまず無いと言って良いでしょう。

電話が来るとすれば、異常事態が起こってしまった時です。キャッシングの世界で異常事態と言えば、要するに返済されなかったという場合です。この場合でもまずは入金を忘れたのではないかということで、督促状が送付されます。

もし督促状を出しても入金が行われない場合には、いよいよ回収担当の出番になって連絡先への電話連絡が行われることになります。これは入金されるまで続きます。

ただし、ドラマの闇金が取り立てるる場面の様に厳しい口調で行われるわけではなく、紳士的な応対になりますから、その点は安心してください。

それが嫌なら滞納するようなことが無いように注意しなければなりません。

返済がされなければどうなってしまうのか
本文では回収担当から電話が行われると説明していますが、もしそれでも入金しなかったらどうなるのでしょうか、その場合には電話が継続されますが、場合によっては回収担当の直接の訪問を受けることも有ります。

そういったことが行われた後、それでも入金しない場合には催告書というものが送られてくることになり、これが最後通告となります。あとは催告書に示された通り裁判所の決定を受けた後差し押さえなどにすすみます。

督促状は無視する場合も多いかもしれませんが、催告書が来たときはすぐに対応しなければ困ったことになるので注意してください。

もし返済が難しい場合には弁護士に依頼して 債務整理を進めるしか方法は無いでしょう。

家族に知られたくない時は電話だけの対策ではダメ!郵送物対策も重要

電話連絡で問題になるのが誰かに知られないようにするにはどうすれば良いのかと言う点でしょう。要するにこの点で自宅への電話は困るとか、勤務先への電話は困るといった話が出てくる事になります。

しかしこの目的のためには連絡先電話の対策だけでは不十分でその他にも郵送による連絡についても対策しておかなければなりません。

まず必要なのは通常利用でも行われる、月々の利用明細書の送付です。これについても送付を差し止めておかなければなりません。

また返済が行き詰るなど異常が発生した場合には、督促状が送られることになりますが、これについては差し止めることはできませんから、もし誰にも知られたくないのであれば、そういった異常を発生させないように注意しなければなりません。

月々の利用明細は止めることができる

連絡先電話を気にしているという人は、要するに家に電話が有って家族にキャッシングの利用を知られては困ると言う人です。しかしこの場合電話だけを携帯電話にしただけでは片手落ちで、すぐに家族に疑いが持たれるでしょう。

キャッシングでは電話連絡だけではなく郵送による連絡も行われることになるからです。電話は利用開始以降はまず掛ってくるようなことは有りませんが、郵送物はそうではありません。正常利用時でも月々の利用明細書が送られてきます。

もちろん消費者金融ではどこからの郵便なのかわからないようになってはいますが、家族に絶対にみられないという保証は有りません。

しかし最近では多くのキャッシングでインターネット経由で利用状況の確認ができるようになっているので、キャッシングにもよりますが、月々の郵送による利用明細書を止めることができます。

したがって隠しておく場合には契約と同時に利用明細書の郵送を止める為の手続きを取っておくことが重要になります。

督促状は止められない!

郵送物としては先ほど説明した督促状もその一つです。この督促状は月々の利用明細書のように手続きによって止めてしまうことはできません。金融機関は返済が行われなければ損失になるので、利用者側の事情など考えてはくれません。

もし督促状が送られてきた場合に、家族の目に触れてしまえばキャッシングの利用がバレてしまうことになりますから、隠すとすれば常に郵便物の目を配らなければならないでしょう。

一番良いのは自分のお金をしっかり管理して、返済できないような状況を作らないということです。そういうことができない場合には、そもそも周囲に知られたくないというような借り入れをしてはいけないのです。

そもそも家族に隠しておくのは良くない

勤務先での電話で周囲に知られてしまうのは確かに嫌かもしれませんが、家族に知られたくないというのは少々無理が有ります。

はっきり言えばキャッシングを利用するのであれば、家族にしっかり説明しておくべきでしょう。

借入するときは確かに返済が可能だったとしても、利用期間中ずっと返済できる保証など無いのです。利用期間が長ければ長いほど、返済に行き詰ってしまうことが出てくる可能性があるものです。

そういった時に支えてくれるのは家族しかありません。ですから隠しておくよりも正直に説明して、味方になってもらっておいたほうが良いのです。

もちろん家族には借入れについて反対される事も有るかもしれませんが、それはその人なりの理由が有る訳で、そういった事にも耳を傾け、借り入れについて説得できないようであれば、借入れ自体に問題が有る可能性を考えて再度検討してみましょう。

高齢者の借入は隠しておいてはいけない
最近では高齢化社会を迎えてキャッシングでも70歳まで利用ができるようなものも珍しくなくなってきました。もちろん 高齢者が融資を利用して何かを行うことに問題が有る訳ではありませんし、充実した人生になるなら賛成です。

しかしこういった高齢者の借入でも家族に隠しておきたいと考える人がいますが、それには賛成できません。高齢者の場合には若い人とは違い、体調を崩してしまうと、万が一のことも考えられるためです。

このため家族に隠していた場合には、万が一の場合、後になって借金が有ることが分って、家族が困ることも無いとは言えません。ですから高齢になってからのキャッシングの利用と言うのはすべて家族と情報を共有しておいた方が無難です。

返済をしっかり行う方法を考えよう!安易な借り入れをしてはいけない

では取引上の問題を起こさないようにするためにはどういったことが必要なのでしょうか。まず利用前に確認しておかなければならないのは自分の返済能力の確認です。これが理解できていないと無謀な借り入れをしてしまうでしょう。

また返済能力を確認した後も、念には念を入れて通常の支出内容をもとに借入した場合の返済計画を立てておきましょう。返済はこの計画に沿って行い、計画に狂いが生じた場合にはすぐに見直して、常に返済できる計画にしておく必要が有ります。

もし返済できなくなってしまった場合には、返済出来ないことが分った時点で利用者側から金融機関のほうに連絡を入れて返済について指示を仰ぎましょう。場合によっては返済額を削減してくれたり利息分だけの入金にしてもらえる場合も有ります。

借入れ前に自分の返済能力を見極める

電話にしろ督促状にしろ、これ等が来ないようにするためには、借りては返すということを契約通りに行っていれば良い訳です。そこで必要なのは次の2点を行っておくことです。必要ないと思うかも知れませんが結構効果が有るのです。

  • 自分の返済能力を見極める事
  • しっかりした返済計画を立てる事

そこでまず自分の返済能力について考えて行きましょう。キャッシングの審査では金融機関の方でも年収からその申込者の返済能力を算定したうえで融資するかどうかを決めています。

ですから審査に通ったということは金融機関のほうは返済能力ありと判断したわけです。しかし金融機関は一般的なお金の使い方を想定して計算しています。ところが皆が皆同じようなお金の使い方をしているわけではありません。

自分のお金の使い方は他人には分らないのです。このため正確に自分の返済能力の算定ができるのは自分だけです。

そこで審査が通ったとしてもまずは自分の返済能力を正確に計算してみましょう。そのためには月々の収支を計算してみることです。収支は次の計算式で計算できます。

月々の収支額 = 月々の収入額 - 月々の支出額

この計算を過去1年分行ってみて下さい。そしてこの月々の収支額がキャッシングの返済額を上回っているかどうかを確認してみましょう。

すべての月で上回っていれば返済して行くことが可能と判断して良いでしょう。しかし下回る月が有ればその月の返済が難しいということです。今後もそういった月が無いとは言えません。

しっかりした返済計画を立てる

たまに返済が難しいというような月が有る場合には、有り入れを諦める必要はありませんが、借入れの前に返済が難しくなった場合にどういった対処をすればよいのか予め考えておかなければなりません。

そん時に必要になるのが、月々の詳細な支出内容です。支出内容が分ってしまえば、あとは削れる部分を探してみましょう。大概不要不急の支出は有るものです。そういった部分を明確にしておき、その内容を返済計画としてまとめておきましょう。

返済計画はキャッシング程度の返済では作らない人も多いのですが、返済がうまくいっている時には確かに不要かもしれませんが、返済が難しい時にどうすれば良いのかということを明確にしておくことで有用なものになります。

返済に窮したようなときに、こういった返済計画が無ければ慌ててしまいますが、予め対処方法が分っていれば、慌てる必要なく、計画通り淡々と進めればよいのです。この計画ができないうちは安易な借り入れをしてはいけません。

もし返済中に返済計画に狂いが出てきたときには、その都度見直して常に返済できる形にしておくように気を付けましょう。

また常に返済が難しいと思われるような場合には、借り入れは当面諦めたほうが無難です。

自分のお金の管理はどのように行えばよいのか
本文では簡単に月々の支出と言っていますが、自分の支出がすぐに分る人は少ないかもしれません。要するに収入は給与明細が有るから分るがお金を何にいくら使っているのかの詳細については分らないということです。

そういう人は、今日からでも自分の支出の記録を残しましょう。つまり家計簿とか小遣い帳のようなものを作りましょう。そうすれば自分が何にお金を使っているのがが分ります。

もし無駄遣いをしているのであれば、その分を節約すれば、そもそもお金を借りる必要も無くなるかもしれません。

現在ではスマホを持っている人も多いはずですから、スマホを使って管理できるサービスも有るので、すぐに管理を始めることができるでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

返済できない時は利用者のほうから金融機関に連絡する

しかしそういった万全を期していたとしても、返済できなくなることは有ります。そういう場合には黙って電話や督促状を待つだけなのでしょうか。実は本来はそれではいけないのです。

返済されないということはそれだけで金融機関のほうに与える印象と言うのは極めて悪くなります。

ですから返済できないと分った時には、先手を打って利用者のほうから金融機関に連絡を入れましょう。

それだけでも金融機関の心証は全然変わってきます。そこで返済を待ってもらう交渉をしてみて下さい。キャッシングによっては契約で一時的に返済額を減額してもらえるという条項が入っている場合も有ります。

またそういった条項が無かったとしても、金融機関は利益が確保されれば良い訳ですから、利息だけの支払いにしてもらえる可能性が有ります。最初からもう払えないと諦めてしまう必要は無いのです。

ここでキャッシングの利用には固定電話が必要なのかについて纏めておきます。

  • キャッシングの申込みでは連絡用の電話が必要だが必ずしも固定電話でなくても良い
  • 連絡先への電話は申込時以外は返済が滞るなど異常事態が起こった時に限らっれる
  • 家族に知られたくない場合は固定電話とともに郵送物の対策もしなければならない
  • 異常事態の連絡を避けるためには自分の返済能力を見極める必要が有る

電話と言う連絡手段は、最近若い世代で自分の時間が取られるということで嫌がられていますので、今度連絡手段は徐々にネット経由の別のものに変貌していくのかもしれませんね。

閉じる
閉じる