どうしても審査に通りたい人向けサイト

仮審査に通ったのに本審査否決ってあり?キャッシング審査は油断大敵

キャッシングは審査が通らなければ利用できませんが、審査では返済能力や信用が問われることになります。審査は業者によって仮審査と本審査に分けて行っている場合があったり、勤務先に直接電話が入る在席確認が行われます。

仮審査と本審査に分かれている場合、仮審査に通れば審査通過と考えても良いというように言われることも有りますが、実際には本審査が終わって契約が交わされるまでは審査は否決にされる可能性が有ります。

また審査と言うのは利用開始後も、利用限度額を増額してもらう際などに行われることになるため、キャッシングというのは常に適正利用を続けて、いつ審査が行われても良いように気を抜かないようにしなければなりません。

キャッシングの審査とは?仮審査と本審査はどう違う

キャッシングの審査では本人確認の他、返済能力の評価や信用調査などが行われ、これ等のうちいずれかに問題が有れば、否決ということになりキャッシングを利用することができません。

審査ではこれら一連の確認を一気に行っている場合も有りますが、金融機関によっては仮審査と本審査に分けて行っている場合も有って、この場合には仮審査通過後に本審査が行われて利用の可否を決めることになっています。

また本人確認の一環として、申込者の勤務先に対して直接電話を入れる在席確認が行われます。

この確認が行われる時期は本審査の最後と言う場合が多いですが、キャッシングによっては仮審査に入る最初の時点で行っているところも有るので在席確認が有ったからと言って安心はできません。

審査では何が行われているのか

まず審査ではどのようなことが行われているのか考えてみましょう。審査は各金融期間あるいは 保証会社の持つキャッシング毎に作られた審査基準によって行われています。もちろんこの審査基準は公開されていません。

しかし概ねどのような確認が必要になるのかから考えれば、どんなことが行われるのかは分り、次のようか確認が行われていると言われます。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済できるだけの経済力があること
  • 申込者が信用できること

まず申込者の中には自分では審査通過が難しいと考え、他人に成りすまして申込んでくる人がいるので、こういった人を排除しなければなりません。

次に融資したお金は返して貰わなければなりませんから、返済できるだけの経済力が無ければなりません。

また経済力が有ったとしても、返済してくれると信用できる人でなければ貸せません。

各金融機関ではこれ等の確認を様々な方向から行うことになる訳です。

仮審査と本審査に分かれている場合が有る

審査のやり方はキャッシング毎に違っており、先程説明した確認項目をすべて行ったうえで、結果を連絡してくる場合と、仮審査と本審査の2段階に分けて、それぞれ審査結果を連絡してくる場合があります。

ここで勘違いしてはいけないのは、仮審査と本審査と言う語感から意味を取り違えてしまうことです。仮審査と言うと本審査の審査項目の一部分だけを抜き出して試しに行ってみるような印象を受けるはずです。

しかしローンの審査での仮審査と本審査はこういった関係にはありません。仮審査と本審査の審査項目と言うのは全く別で、両方合わせてすべての項目の確認が行われるものです。

通常は仮審査で先ほど示した確認項目の内本人確認と返済能力の審査を行い、本審査で信用の確認を行うというようになっているのが普通です。

在席確認にも要注意

実際の審査ではこれ等の審査の本人確認の補完という位置づけで、審査のどこかの時点で、申込者の勤務先に対して金融機関側から直接電話を入れて実際にその職場に申込者が在籍していることを確認する在席確認が行われます。

在席確認はよく審査の最後に行われると言われる事が有ります。しかし、いつ在席確認を行うかはキャッシング毎に違っている為、この在籍確認ができなければ、他の審査を進めないという業者も有ります。

在席確認は申込者からは職場の周囲にキャッシングを利用しようとしているということがバレる可能性が有ると考える為、嫌われていますが、金融機関のほうは本人確認の一環としてどうしても必要と考えています。

この電話でおかしな対応をすると審査結果にも影響するので注意が必要で、在席確認も仮審査、あるいは本審査の一部と理解してください。

即日融資でも審査項目が少ない訳ではない
最近のキャッシングでは審査時間が短くなり、申込み時間さえ注意すれば即日融資の利用も可能になっています。

申込者の中にはこういった即日融資の可能なキャッシングは審査時間を短くするために審査項目を減らしているから有利と考える人がいます。

しかし、金融機関は審査項目を減らしてまで即日融資を実現したりしません。審査が早くなったのは審査項目が減ったわけではなく、審査技術が進歩して、自動化が進んだからです。

したがって、審査が有利になるから、即日融資のものを選んだとしても、必要な審査はきっちり行われるのを忘れない様にしましょう。

ですから即日融資の有無にあまりこだわらず、自分に合ったキャッシングをじっくり時間をかけて選ぶようにして、あとあと使い勝手が悪いというようなことにならないようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申し込みの手順と審査にかかる時間とは?

最後まで油断はできない!仮審査が通っても否決になる事は有り得る

一般的に言われていることとして仮審査が通れば、キャッシングの審査には通ったと考えても良いという話が有ります。しかし審査の仕掛けが分ればこの話は根も葉もない噂に過ぎないということが分る筈です。

確かに仮審査に通れば、その分審査項目を満たしているという事ですから、審査通過に近付いたということではありますが、まだ本審査の審査項目が残っているわけですから、その結果次第では審査が否決になる可能性は残っています。

つまり審査と言うのは申込時点から始まって、契約が完了するまでの間全てと言う事になって、契約が完了して初めて審査に通過したと考えたほうが無難なのです。安易にどの時点から大丈夫などと考えてはいけません。

仮審査が通れば審査は通ったようなものと言われることが有る

キャッシングの説明などを読んでいると時々遭遇するものとして、仮審査に通過すれば、もう審査は通ったようなものだから安心して良いというものが有ります。しかしこれは本当に信じても良い事なのでしょうか。

先程説明したように例えば仮審査で本人確認と返済能力の確認をして、本審査で信用の確認を行うとしましょう。その場合仮審査は通っているわけですから本人が申込んでいて返済にも問題は無いということになります。

しかし本審査での信用についての審査はまだ行われていないということです。

先程の話からすれば、仮審査に通っている場合、信用の審査に関係なく審査に通過できるということになります。もしそうなら信用についての審査は必要ないということになってしまうでしょう。

仮審査に通っても本審査で否決になることは有る

冷静に考えれば、そんな無駄な審査を金融機関がするはずはないのです。

つまり仮審査に通ったとしても審査に通過できるかどうかは、その時点では確定しないということであって、本審査がどうなるのかは仮審査の結果は影響せず、本審査で否決になる事はあるのです。

確かに返済できるだけの経済的な基盤が有れば金融機関としては融資しても返済の心配はないとも言えますが、お金が有るからと言って信用できるかどうかと言うのは別の話です。

本審査で行われる信用の確認と言うのは金融機関間で情報を共有するために作られている信用情報と言うデータベースを使って行われます。

信用情報には利用者の過去の金融取引状況が格納されています。例えばローンを借りてしっかり返済されていれば、その人は返済してくれる信用できる人だとして評価されます。

しかしローンの返済を滞納しているというような情報が記載されていれば、この人にお金を貸したら、返してくれない可能性が有ると判断されることになります。

このように返済できそうな人でも本審査で信用できないと判断されることが有るのです。

申込みから契約までは審査だと考えたほうが良い

また申込みでは本人確認書類と収入を証明する書類が必要ですが、一般的には申込時に申込み情報と一緒に提出します。

しかし最近ではインターネット経由から申込むようになっている為必要書類は審査に通ってから、契約時に契約書と一緒に提出してくれというようなキャッシングも存在しています。

そういった場合、もし提出して証明書類で問題が明らかになれば審査に通っていたとしても、再検討が行われることになります。

したがって、審査と言うのは仮審査や本審査と言った段階を踏むだけではなく、申込みから契約が完了するまで、常に行われていると考えたほうが無難でしょう。

契約を結ぶ前は審査に通っていたとしても、何らかの理由でキャッシングの利用を断られる可能性というものは常にあると考え、いい加減な対応をしないようにしなければならないということです。

事前診断を利用してみよう
最近の金融機関は10秒診断とか、3秒診断とかいった事前診断を提供していて、審査の通過の可能性を探ってみることが出来るようになっているところがふえてきています。審査が心配だという場合には、まずはこれを使ってみましょう。

審査と言うのはスコアリングシステムというシステムを利用して多くの部分が自動化されています。このためこれを利用する部分については利用者が使っても金融機関側は手数がかかる訳ではありません。

そこでこのスコアリングシステムを利用して事前診断機能を提供しているのです。

ただし、この事前診断は自動化できる部分だけで判定していますから、審査全てを網羅しているわけではありません。このため事前診断で良い結果が出たとしても、実際の審査では否決になる可能性は残っていることは忘れない様にしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査はなぜ早いか?そのベースはスコアリングシステム

審査に通ったからと言って返済できるとは限らない!借入れには要注意

審査に通ればもう安心と考えて、後先考えずキャッシングを利用してしまう人もいますが、審査に通ったからと言って、返済できるとは限らないので、利用開始までにぜひ行っておいてほしいことが有ります。

それは、自分が実際に返済して行けるかどうかを計算してみることです。審査に通ったということは金融機関は返済できると判断したわけですが、これは一般論として判断したもので、自分に当て嵌まるかどうかは自分でなければわかりません。

この計算を行う場合には自分の返済能力だけではなく、キャッシングの返済方式にも目を向けて、もし利用額次第で月々の返済額が変動するような場合には、自分の利用額も予想して返済の可否を判断しなければなりません。

審査に通っても返済できるかどうかは分らない

キャッシングを申込む場合、ここまで説明してきたように審査のことについて様々な心配があって、仮審査や本審査と言ったことが大変気になります。

しかし、キャッシングを利用しようという場合、審査のことばかりではなく返済についても考えておく必要が有ります。

審査に通過するということは金融機関的には返済は可能と考えている筈です。

しかし金融機関の審査と言うのは一般論として年収から返済可能かどうかを考えているだけであって、個々の利用者の状況を勘案することは有りません。

ですから実際に返済できるのかどうかということは、自分の状況が分っている利用者自身が確認しておかなければいけないものです。

もし自分のお金の使い方が一般的な使い方とかけ離れていた場合には、利用中に返済できなくなってしまうかもしれません。

自分に返済して行けるかどうかしっかり計算してみよう

そこでキャッシングを利用する前に、自分の月々の返済可能額を実際に計算してはじき出してみましょう。返済可能額と言うのは要するに月々自分のどのくらい余裕が有るのかということですから、月々の収支を計算してみれば良い訳です。

そこで次の数式を使って、1年分程度遡って月々の収支を計算してみて下さい。

収支 = 収入 - 支出

月々常に収支が返済額以上の黒字を出していればキャッシングを利用しても返済して行くことが可能でしょう。しかし黒字幅が返済額未満だったり、赤字を出しているような月が有れば、その月は収入の中から返済はできません。

それを補うための蓄えなどが有れば良い訳ですが、そういったものも無いということになると、キヤッシングの返済はできなくなる可能性が有ります。

そういった場合には無理な借入れはしてはいけません。

返済方式にも注意しなければならない

返済の可能性を考える場合、説明したように返済額が分らなければなりませんが、そのためにはそのキャッシングの返済方式を知らなければなりません。キャッシングの返済方式は概ね次の2種類になっています。

  • リボルビング方式
  • 残高スライド方式

大きな分類で言えば残高スライド方式もリボルビング方式の一種と言うことになりますが、ここで言うリボルビング方式は幾ら借りても元利合計で一定額の返済を行う方式と考えてください。

残高スライド方式のほうは借入残高をいくつかの段階に区切ってそれぞれその段階内で一定額の返済になる方式で、高額の借入れになれば返済額も高額になる方式です。

最近ではリボルビング方式の問題点が指摘されるようになって残高スライド方式を採用しているキャッシングが増えていますが、そうなると借入額によっては返済額が増えることになります。

このため自分の返済能力を計算する場合には、自分がどのくらいまでなら借入れしても良いのかどうかについても、確認しておくようにして下さい。

リボルビング方式の問題点
本文で触れているリボルビング方式の問題点と言うのは、リボルビング方式の方式上の問題です。リボルビング方式では元本の返済分と利息を合わせて月々一定額を返済する方式です。負担が増えませんから利用者には良い方式のように見えます。

しかし、借入額が増えてくると当然月々の利息が増えますから、元本の返済分と言うのはその分減ってしまいます。借入れが非常に高額になってしまうと、元本の返済は殆ど行われず利息ばかり支払うようになってしまいます。

このため、翌月になっても元本はやはり大きいままでまた利息ばかり支払うということになるため、これがずっと続くことになって、利息の支払いばかりが大きく膨らんでしまい、元本が減らない分返済期間も長期化してしまいます。

つまり高額利用をすると非常に返済効率が悪く、利息ばかり払い続けることになってしまう方式なのです。返済方式を選ぶ場合には注意しなければなりません。

より有利に利用するにも審査が行われる!適正利用を忘れてはいけない

キャッシングと言うのは申込時だけに審査が行われるわけではありません。契約更新の時に行っているような場合も有りますし、何か融資条件を見直す場合にも行われる事になるものです。

キャッシングは当初は利用限度額が少額で、適用される金利はかなり高く設定されます。このため利用を続けるともっと良い条件で借入れできないものかと考えるようになるもので、利用限度額の増額を申込むことで条件を見直して貰えます。

この場合審査が改めて行われることになりますから、それまでの間の利用状況によって判断が行われますから、良い条件を貰うためには常に適正利用を続けて、あまり無茶な利用をしてはいけないということになります。

審査は申込時に1回だけ行われるものではない

審査に通って一安心しているところで水を差すようで申し訳ないですが、キャッシングの審査と言うのは申込時に1回だけ行われるというものではありません。キャッシングの特徴と言うのは将来的に長く利用できるということです。

このためキャッシングは契約期間が決められており、例えば5年の契約期間が過ぎたら契約を更新することになります。通常は特に解約の申し出をしなければ、自動的に継続されますが、その時に改めて審査が行われることになります。

もちろん普通に利用していれば問題なく継続できますが、もし利用中に何らかの問題が有れば、契約の更新を金融機関のほうから断ってくる可能性も無いとは言えません。

したがって申込時の審査が終わったとしても、審査と言うものはキャッシングの利用を続けている限り、無くなることは無いと考えるべきでしょう。

有利に利用するには審査を受け利用限度額を増額してもらう必要が有る

またキャッシングは金融機関のお付き合い次第でより有利な利用ができるようになっていきます。このため申込時の利用条件はお付き合いがまだない状態ですから、あまり良い条件で利用出来るものではありません。

要するに少額の利用限度額で高金利の借入れをしなければならない訳です。しかしある程度利用を続けていれば、金融機関も信用してくれるようになって、利用限度額を増額し低金利で利用できるようになっていきます。

この利用限度額の増額をする場合には、やはり審査が行われることになり、その審査で信用が評価し直されて、それに見合う利用限度額と金利が設定されます。

つまり、この時点でも審査が行われるわけです。キャッシングに限らず金融取引と言うのは信用によって行われます。この信用を評価するためには審査が必要で、キャッシングを使っている限り審査から逃れることはできないのです。

常に適正利用を心掛けよう

そこでキャッシングを利用する場合には常に信用の評価を下げることの無いようにしなければなりません。そのためには当然ですが返済ができないというような状況になってはいけません。

しかしそれだけでは不十分です。適正な利用を続けることも重要なのです。これは借りては返すという利用を続けることですが、自分の収入に見合わないような派手な利用は問題ですし、利用が少なくて金融機関が信用評価ができなくても駄目です。

使いすぎるのは良くありませんが、将来的に信用評価を上げていく目的が有るのであれば、長期的に適正利用を続けることが大変重要になります。

先程の式で計算した自分の返済可能額の範囲内で上手にキャッシングを利用するようにして下さい。

増額審査は何時申込めるのか
本文では利用限度額の増額について説明していますが、増額と言うのは申込んで利用を開始したらすぐに申込めるのかと言うとそうではありません。ある程度信用を築いていく時間が必要になります。

この信用を築く時間と言うのは適正な利用を続けるとして、多くのキャッシングでは6か月程度かかると言われていますが、最近ではこれが長期化していて、銀行のカードローンの場合1年程度かかると言われるものも出てきています。

増額が可能と自分で判断して申込むものと、金融機関のほうからダイレクトメールやATMへの表示、インターネット上の利用者専用ページへの表示などで増額可能な旨知らせてくれるものも有ります。

ここで仮審査と本審査について纏めておきます。

  • キャッシングの審査では仮審査と本審査に分かれているものが有る
  • 仮審査に通過しても本審査で否決になる場合が有る
  • 審査に通っても返済の可能性は見極めなければいけない
  • キャッシングの審査は申込時だけではなく必要に応じて行われる

審査に落ちてしまった時には申込ブラックという状態になるので、何度も申込みを繰り返すのではなく、しばらく待ってから再度の申込みを行うようにして下さい。

【参考記事】
キャッシングを複数申し込むと審査落ち?申込時期に注意すれば大丈夫

閉じる
閉じる