どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングの審査が否決になった!すぐに再申し込みをして良いの?

キャッシングでは必ず審査が行われ、返済の可能性を探って融資するかどうかを決めています。このため審査中に何らかの問題が有れば、審査は否決になってしまい、お金を借りることができなくなります。

もし審査に落ちてしまった場合、人によってはすぐに別の金融機関のキャッシングに再申込みをしようと考えますが、1つ目のキャッシングを申込んだ時点で記録が残り、申込ブラックの状態になっていて再申込みしてもやはり審査は否決になります。

この申込んだという記録は一定期間残り、その期間が経過すると削除されるため、再申込みをするのであれば、その期間を待って申込みを行えば、申込ブラックと言う判断にはならず、審査通過の可能性が出てきます。

キャッシングの審査は否決になる可能性が有る!申込前に行っておく事

キャッシングの審査と言うのは要するに申込者が返済できるかどうかを見極めるために行われています。そのために金融機関や保証会社は様々な方向から申込者を調べて、返済の可能性を慎重に判断しています。

こういった様々な審査を行う中で返済能力や信用について何らかの問題が有るという判断になった場合、金融機関や保証会社は申込者の審査を否決にして、キャッシングでの融資を行うことは有りません。

そこでキャッシングを申込む前には、必ず自分の返済能力や、過去の金融取引状況を確認して、自分が審査に通過できるかどうかの可能性を探り、申込みは審査通過の可能性が有ると判断できる場合だけにするべきでしょう。

キャッシングでは返済の可能性が確認される

キャッシングは誰にでも貸すというものではありません。申込みを行うと金融機関は審査を行って、これに通った人だけに融資を行うことになります。否決されれば、一円たりとも貸してくれることは有りません。

では審査と言うのは何を目的に行われるものなのかと言えば、それは貸したお金をしっかり返してくれるかどうかと言うことを確認するためです。

金融機関と言うのはお金を貸すのが商売ですから、たくさん貸して、それで得られる利息をを利益にしてるので、沢山融資すればそれだけ利益も大きくなるはずです。

しかしもし返済が行われなければ利息が受け取れないだけではなく、融資した元本も失うことになってしまい、大きな損失になるのです。このため融資はしたいと考えていても誰にでも貸すというわけにはいきません。

そこで返済の可能性を探るために審査を行っている訳です。審査は概ね次のようなことを確認しています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の確認
  • 申込者が信用できるかの確認

審査基準の詳細までは分りませんが、審査ではこれ等の確認が様々な方向から行われています。

問題が有れば審査は否決になりお金は借りられない

もしこれ等の審査の中で何らかの問題が有れば、金融機関は審査を否決にして、申込者に融資するようなことは有りません。

例えば自分の名前では返済能力などに問題が有るとわかっている為、誰かの名前を偽って申込みをしたとしましょう。その場合には本人確認の時点で問題が発覚する可能性が高く、嘘がバレて審査は否決されてしまうでしょう。

申込者の中には多少問題が有っても、そんなことは発覚するはずはないと考える人もいるかも知れませんが、金融機関の審査と言うものは利益がかかっていますからそう甘くは無く、十分注意しなければならないものです。

したがって、キャッシングの申し込みを考える場合には、自分の状況というものを的確に判断して、申し込むかどうかを決める必要があるのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング審査は嘘で借入可?勤続年数や他社勤務と偽っては駄目!

申込みの前に自分の審査通過の可能性を探ってみよう

そこでキャッシングの申し込みをする場合には、まずは自分の審査通過の可能性を探ってみることから始めてみましょう。

先程の審査の内容から言えば、まずは本人確認ですが、これについては自分が嘘をつかなければ問題は有りません。

次に返済能力ですが、金融機関はこれを年収から判断していますが、自分が行うためには年収から判断するのは難しいので月々の収支から判断することにしましょう。月々の収支は次の計算をすれば求められます。

収支 = 収入 - 支出

毎月収支が返済額以上の黒字を計上していれば、返済額の返済して行けるということが予想できますから、その点を過去1年分程度月々確認してみて下さい。

最後に信用できるかどうかの判断は、過去にローンの返済や電気料金や電話料金、クレジットカードの支払いなどで滞納したことは無いか、あるいは債務整理を行っていないかなどを確認しておく必要が有ります。

返済できなくなったらどうなるの?
もし借入れを開始して、返済が始まっている場合で、返済ができなくなってしまったとしたら、どういうことになってしまうのでしょうか。

まず最も良いのは返済ができなくなるとわかった時点で金融機関に連絡を取り、相談すればキャッシングの契約によっては一時的に返済額を減額してくれる様になっている場合が有ります。

またそういう事が無くても最悪利息分だけでも入金すれば良くなる場合も有ります。

しかし何もせず返済日を過ぎてしまうと、督促状が送られ、それでも入金に応じなければ、回収担当に回されてそちらの方から連絡先に電話が入ることになります。キャッシングによっては訪問を受けることもあります。

それでも入金しなければ催告書が送られ、その記載に応じなければ、法的手段が取られて差し押さえなどに進みます。

審査に落ちたらすぐに再申込み?申込直後は何処でも審査は否決になる

いろいろと考慮して自分の審査通過の可能性を探った後、審査に通りそうだと考えて申込みを行ったとしても、審査と言うのは金融機関や 保証会社の判断次第ですから、否決になってしまう可能性というものは常にあるものです。

キャッシングの申込みを行うと、その情報と言うのは審査の結果に関わらず、信用情報に記載されることになり、他の情報に比べて短期間ではありますが、しばらくの間この情報は信用情報に残ることになります。

この申込んだという情報が信用情報に残っている間と言うのは、申込ブラックということになり、審査に落ちて慌てて別を申込んだとしても、そちらの審査も可決になることは有りません。つまりしばらくはキャッシングの利用はできないのです。

審査には落ちることも有る

このように金融機関は厳しく審査を行っていますが、そうなってくると、誰でも審査に通ると考えるのは無理が有ります。

審査と言うのは誰でも落ちる可能性があると言う前提で申込まなければならないものなのです。

例えば大手消費者金融のキャッシングの場合、審査の通過率は40%台半ばで、50%には至っていません。つまりこの場合半数以上の人は審査に落ちてしまっているということになります。

銀行のデータは有りませんが、銀行の場合消費者金融よりも審査は厳しいと言われていますから、審査の通過率は更に低くなってしまっている筈です。

テレビのコマーシャルなどを見ていると、なんとなく誰でも借りられるように感じてしまいがちですが、決してそんなことは無く、審査に落ちてしまっている人も少なくないということが分ります。

キャッシングに申込んだという情報は信用情報に残ることになる

金融機関は利用者の情報を共有するために信用情報というものを利用して共有しています。この信用情報には利用者の住所など基本的な情報の他に金融取引に関する情報が格納されることになっています。

この情報には、例えばローンの返済が行われたとか、電気料金が支払われたというような情報の他にも、ローンを申し込んだという情報も格納されます。これは審査結果にかかわらず申込んだだけで記載が載ることになっています。

これ等の信用情報は、新たなローンの申込みを行った時に、参照される事になり、過去の金融取引に問題が無かったかどうかの確認に利用されることになっています。

そしてこの確認で何らかの問題が有れば、この利用者は信用できないということになってしまい、審査は否決になる可能性が高くなってしまうというわけです。

申込直後は申込ブラックと言う状態になり審査は否決になる

実はローンに申込んだという情報も、金融機関にとっては大きな問題情報と考えられています。

この情報が信用情報内に記載されていた場合には、どこか別のローンを申し込んだとしても審査は否決にされてしまうのが普通です。

この理由は、立て続けにローンを借りては返済に支障が出るのではないかと考えられるためで、金融機関は非常に警戒してしまいます。このためローン申込情報が有ると殆どのキャッシングで審査は否決になります。

つまりお金の借り入れができない訳で、この状態のことを申込ブラックと呼んでいて、ローンの申込みをしただけでも立派にブラックということになってしまう訳です。

例えばあるキャッシングを申込んで審査に否決になったとします。その場合もローンの申込みがなされたという情報は信用情報に書込まれますから、すぐに別のキャッシングを申込んでもブラック扱いになり融資の利用はできません。

つまりキャッシングの申込みを続けたとしても、融資の可能性は無いのです。

ブラックにはいろいろな原因が有る
本文では申込ブラックについて説明していますが、ブラックというのはこれだけではありません。ブラックになるのはローンの申込みの他にも次のような原因があり、これ等を金融ブラックと呼んでいます。

  • ローンの滞納
  • 各種料金の滞納
  • 債務整理

各種料金と言うのは公共料金やクレジットカードの支払いなどを指し、最近では携帯電話料金の滞納でブラックになってしまうケースが急増しているので、学生時代に滞納して社会人をブラックで迎えるというようなことも珍しくなくなりました。

特にこういった各種料金の支払いが滞ったというような事は、すぐに忘れてしまう為、ローンの申込みを繰り返しても審査に通らないというような場合には、自分がブラックになっていないかを疑って過去を思い出してみる必要が有るでしょう。

信用情報には記載期間が決まっている!期限が来れば情報は削除される

ただしこの信用情報に記載される情報と言うのは記載期間が予め決められているので、その期間が経過すれば情報は削除されることになります。したがってキャッシングを申込んだという情報もしばらくすれば無くなってしまうのです。

もしキャッシングの申込み情報がなくなったら、そもそもそういった情報を読み出すことはできませんから、申し込んだということは分らず、申込ブラックとして扱われるような事も無くなり、審査可決の可能性も出てきます。

ただし申込みを行ったキャッシングの場合には金融機関内の顧客情報内には情報が残っている為、審査ではそれが参照される可能性が高くなるので、申込みはそれとは別のものを選ぶようにしたほうが無難です。

信用情報に記載される情報には期限が設定されている

では信用情報に何らかの金融機関が嫌がる情報が記載されてしまうと、もう融資の利用はできないのかと言うとそうではありません。審査に落ちるというのは信用情報に問題になる情報が記載されている為です。

しかし信用情報に記載される情報というものには、必ず記載期間が決められており、情報には期限が設定されているのです。

記載期間は記載される情報ごとに設定されている為、記載された順番に消えて行くというわけではなく、重要な情報は長期間記載が残るというようになっています。

記載期間が過ぎれば、その情報は既に必要のないものとして扱われることになり、信用情報からは削除されることになります。したがって、それ以降は信用情報を読み出したとしても、その情報が出てくることは有りません。

期限が過ぎれば申込ブラックにはならない

この場合、情報が無い訳ですから審査で問題になりようがなく、その問題で審査が否決にされるようなことは有りません。

ブラックになってしまった時というのは、その原因を探って、期限をよく調べておくことが必要でしょう。

例えば申込ブラックの場合、信用情報に記載される期間と言うのは6カ月を超えない期間ということになっており、多くは概ね3か月程度、長くても6カ月経過すれば、信用情報からは消えてしまうことになります。

ですから、キャッシングの申込みをして審査に落ちてしまったとしても、最長6か月経てば、もうそれが原因で申込ブラックになることは無くなり、審査に通過できる可能性が出てくることになります。

否決になったキャッシングは申込んではいけない

ただし、期限が過ぎたとしても、一度審査に落ちてしまった事のあるキャッシングの申し込みは避けてください。金融機関と言うのは申込みを行った人も顧客情報として情報を残しておくものです。

このため、信用情報から情報が消えたとしても、金融機関の顧客情報からは半永久的に消えることが有りません。もし再度申し込んだとしても、顧客情報が参照されることになり、問題として捉えられる可能性が有るのです。

ですから、一度申込みを断られたようなキャッシングは縁が無かったと考えて、別のキャッシングの利用を検討するようにしましょう。

また一度審査に落ちているわけですから、その原因についても良く調べて、対策を行っておいて下さい。そうしなければ別のキャッシングを申込んだとしても、やはり審査に落とされてしまう可能性が出てきます。

もし申込ブラック中に申込みを繰り返したら?
キャッシングを申込むということは、何らかの理由でお金が必要になったということです。したがって審査が否決になってしまうと、そのお金が借入れできなくなってしまう為、慌てて、別のキャッシングの申し込みをする場合が有ります。

更に続けて審査が否決になれば、次々に別のキャッシングの申込みをしてしまうことも考えられます。しかし、この場合も次々に審査に落ちてしまうという結果に終わります。

この次々に申込んだという情報もやはり次々に信用情報に記載されていくので、申込ブラックの期間もずるずると後ろに延びて行ってしまうことになり、申込みを繰り返せば繰り返すほどブラックの期間は続くことになってしまいます。

もしキャッシングの審査に落ちてしまったら暫くキャッシングの申し込みはしないというのが最も早く借入れできる可能性に繋がるということを覚えておくようにしましょう。

急いでいても闇金の利用はいけない!事前に対処法を考えておくべき

ここで注意しなければならないのは、審査が否決になってしまうと、お金が借りられませんから、慌ててしまって、正常な判断ができなくなってしまい、いつもなら行わないような事を行ってしまう事になりかねない事です。

特にこの時点では融資してくれる業者が無く、困っているところに貸すと言われれば飛びついてしまう可能性が有るのです。しかしこういった場合に貸すというような業者は闇金と相場は決まっています。

もちろんそんな業者を使ったら後々大変なことになるのは分りきったことです。

ですからキャッシングを利用する場合には、審査に落とされてしまう可能性があるということを予め想定して、その時はどうするかということを考えておくことが重要です。困った時も慌てず対処できるようにしておきましょう。

借入れできず困っている時には正常な判断ができなくなる

では実際にお金が必要と言う時に審査に落ちてしまった時のことを思い浮かべてみて下さい。もちろん申込ブラックということを知っていて、他を申込んでも融資は絶望的だとわかっている場合を想定してください。

そういった場合には多くの人が一種のパニックになってしまって、正常な判断ができなくなる可能性が出てきます。

こういう状態になってくると、とにかく借入れができればよいと考えるようになって、判断もそれに基づいて行うようになります。

そこで結局申込ブラックでも融資してくれるような業者を探すようになるのですが、他のブラックならブラック対応業者も正規登録された消費者金融に中にありますが、申込ブラックではなかなか貸してくれる業者が有りません。

そうこうしてるうちにさらにパニック状態は重症になってしまい、どんな業者でも構わないと考えるようになる可能性も出てきます。

闇金は絶対に利用してはいけない

しかしこういった状況に追い込まれてしまった人に、融資してくれるのはもはや正規登録されているような業者の中にはまず有りません。このため、追い込まれてくると、正規業者以外も探すようになっていきます。

要するに貸してくれるならどんな業者であっても構わないと考えるようになってしまうことも有るのです。そこで探せば確かに貸してくれる業者は見つかります。ただしいわゆる闇金と呼ばれる非正規業者ですが。

闇金と言えばドラマなどにも描かれている悪徳業者で、利用したら骨の髄までしゃぶられる可能性も有るということは良く知っている筈です。しかし追い詰められると、こういった業者の危険性も考えなくなってしまい、利用してしまうのです。

もちろん闇金はどんな状況になったとしても利用してはいけません。ですからお金を借りる際にはこのような追い詰められた状況になってしまうのは避けなければならないのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

キャッシングの申込みでは審査否決の時の事も事前に考えておこう

先程も説明しましたがキャッシングの審査に通過する人と言うのは大手消費者金融でも半数には達しません。したがって申し込みの際には審査が否決になる事は十分考えられることで、自分は大丈夫と考えることがそもそも問題なのです。

ですから、キャッシングを申込もうという場合には、必ず審査に落ちてしまった場合にはどうするのかということを予め考えておく事が重要になります。

申込みの前であれば審査に落ちてからよりも冷静に考えられる筈です。

もちろんこの時点で闇金を利用するなどと考えてはいけません。民間の融資が駄目であれば、条件さえ満たせば公的な貸付制度も存在しますし、大きな視野で検討することが大切になります。

自分で解決策を見出せないのであれば家族などの周囲に相談してみるのも視点を変えて考える為の良い方法です。

闇金を利用したらどうなってしまうのか
もし闇金を利用してしまったらどうなってしまうのでしょうか。まず条件がきつくても返済できているうちは、特に問題になるような事にはならないのが普通です。問題は条件がきつくて返済ができなくなった時ということになります。

こういう場合ドラマに描かれているように厳しい取り立てが行われる可能性も無いとは言えません。しかし最近では取り締まりも厳しくなってきていて、もう少しずる賢いやり方をする場合もあります。

例えば返済できなければ利息だけでも支払ってくれということになって、それでも支払えないということになると、そのために別の闇金を紹介してくれます。そしてそこから利息分の融資をしてもらうわけです。

そして利息分だけ支払いますが元本は変わりませんから、その状態が続けば、毎月利息を支払わせることができ、ずっとお金を搾り取る事ができるわけです。

しかも利息分を借りている闇金も同じような状況になり、さらに別の闇金を紹介されてと言うように利用者は徐々に窮地に追い詰められていくことになります。

ここでキャッシングの申し込みが否決になった場合の再申込みについて纏めておきます。

  • キャッシングの審査は否決になる可能性も有る
  • 審査に落ちてすぐに再申込みを行っても申込ブラックで否決になる
  • 信用情報から申込んだという情報が削除されるまでは再申込みはしてはいけない
  • 借入れを急いでいても闇金を利用してはいけない

申込ブラックで再度キャッシングを申込みたい場合には、しばらく時期を待たなければならないので、その時間を利用して審査に落ちた原因をしっかり特定し、次の審査では落とされないように対策してください。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる