どうしても審査に通りたい人向けサイト

地方銀行のキャッシングを利用しよう!大手との違いに注意して選ぼう

銀行には全国で見かけることができる大手銀行の他にも限られた地域で営業している地方銀行が有ります。このため大手銀行は全国で利用が可能ですが、地方銀行の場合には支店網が有る営業地域に限定されているのが普通です。

このように利用できる地域は限定されますが、地方銀行も大手銀行と同じような金融商品を用意しており、キャッシングも殆どの地方銀行で利用が可能になっています。ただし申込み方法や審査では大手との違いも有るので注意が必要です。

金融機関というのは何らかの形で一生利用を続けなければならないものです。金融取引と言うのは適正な利用を続けるほど評価が上がります。ですから、将来を見越して自分は大手銀行が良いのか地方銀行が良いのかよく考えて利用しましょう。

地方銀行ってどういう銀行?大手銀行とはここが違う!

大手銀行と地方銀行の最も大きな違いと言うのは大手銀行の場合には全国で営業していますが、地方銀行の場合には通常営業地域を決めてその中でしか営業活動を行っていないというところで、他地域に行くと支店を見つけることが難しくなります。

ただ大手銀行の場合は都市部ではきめ細かい支店網を持っていて利用しやすくなっていますが、地方に行くと疎らにしか支店が無く、なかなか見つけることができません。これに対して地方銀行はその営業地域内にきめ細かい支店網を作っています。

したがってその地方では地方銀行のほうが地域密着できめ細かい支店網を持っており、その地方の経済を担う位置にあって、その地域の利用者が使いやすい業務展開を行っています。こういった面でその地域では大手でも真似はできないでしょう。

地方銀行は営業地域が限定されている

大手銀行と言うのは明確な定義は有りませんが、メガバンクなどの都市銀行や、都市銀行には分類されていませんが、全国規模で店舗展開している銀行のことを言うのが普通です。

ただし都市銀行でも全国展開していない場合も有るので、ここでは一応全国で利用出来るような銀行のことを大手銀行ということにします。

これに対して地方銀行と言うのは店舗展開が一部地域に限られていて利用できる人がその営業地域内に居住しているか勤務先が有ることと限定されるような大手銀行に比べて小規模な銀行を指します。

現在の地方銀行の場合、通常県域程度、大きい場合には隣県を含む程度の営業地域を持っています。

ただし、現在は県域程度の営業地域になっていたとしても、将来的には隣県まで進出するという可能性はあります。例えば全国最大の地方銀行である横浜銀行では当初は神奈川県だけだったものが現在では東京都なども含むようになっています。

支店網はどう違う

では大手銀行と地方銀行の支店網の違いはどのようなものなのでしょうか。

まず大手銀行を考えてみましょう。大手銀行の場合、都市部では通勤に利用される路線の駅ごとに駅周辺に支店を構えるというように、至る所で支店を見つけることができます。

しかし、地方に行くと各県に何店かと言うように支店は大変疎らにしか存在せず、そう簡単には見つけることもできません。

これに対して地方銀行の場合には営業地域内であれば非常に多数の支店が有り、何処に行っても支店を見つけることができます。

要するに都市部の大手銀行の役割を地方銀行が果たしているのです。

そのかわり地方銀行は東京大阪など大都市には支店を置きますが、そういったところを除くと営業地域を離れてしまうと、支店はほぼ皆無ということになってしまいます。

地域密着と言う営業方針

こういった支店網から考えられることは、地方銀行と言うのは、自分の営業地域内では地域経済を支える非常に大切な存在であり、地域の個人や企業にとっては、大変頼りがいのある金融機関になっているということです。

これに対して地方銀行のほうもこのような利用者の要望に沿うように地域密着で営業方針を持っているのが普通で、大手銀行の用意しているような金融商品の品揃えの他、地域で必要な商品を用意している場合も少なくありません。

例えば個人で何らかの目的でローンを利用しようという場合、様々な目的向きの 目的別ローンが用意されます。

もしその地域独特の目的というものが有れば、その地域の地方銀行では大手銀行などでは用意していないような目的別ローンを用意したりするわけです。

地方銀行でも全国展開している場合も有る
地方銀行という言葉のせいかどうかは分りませんが、地方銀行と言うのは地域限定の銀行のように理解してしまいがちです。確かに営業地域は限定されているのでそれは間違いないのですが、法的にはそうでもないのです。

法的に言えば、地方銀行が全国規模で営業をしたとしても全く問題は有りません。要は支店網を作れる資金が有れば全国展開してもおかしくない訳です。ですから本文でも触れましたが横浜銀行のように営業地域が拡大して行っても良いのです。

特にインターネットの発達して来ている現在では、インターネット上に支店を置いて全国から利用してもらうことは仕掛けとしては可能なのです。

現に地方銀行の中にはこういった仕掛けを実際に構築して一部のキャッシング限定で全国から利用者を募っている場合も存在しています。

地方銀行もキャッシングを提供している!地域や申込み方法に注意

このように地方銀行は大手銀行に比べ営業規模こそ小規模ですが、金融商品の品揃えと言う面では、大きな違いはありません。殆どの地方銀行ではキャッシングの提供も大手銀行などと同じように行っています。

ただし、キャッシングではシステム的な面で大手銀行とは違いが有ります。大手銀行の場合全国から利用出来るように申込みから契約まで ネット上で可能になっているのが普通ですが地方銀行では店舗に行く必要がる場合が有ります。

審査方針も大手と地方では若干の違いが有り、一般的には地方銀行のほうが審査は緩いと言われていますが、審査と言うのは申込者次第の面が有りますから、あまり他人の評価する難易度は参考にすべきではありません。

自分が申込みができるかどうか確認が必要

このように地方銀行も様々な金融商品を揃えており、キャッシングも提供されています。

しかし説明したように地方銀行の場合、営業地域が限定されています。したがってキャッシングを利用する場合でも申込条件によっては申込みができない人も出てくるので注意しなければなりません。

地方銀行のキャッシングの申込みができるケースには次のような場合が考えられます。

  • 営業地域内に居住しているか勤務先が有れば申込みができる
  • 営業地域に限らずインターネット経由で全国から申込みができる

殆どの地方銀行のキャッシングでは前者の条件が付きます。つまり他のローンと同じように営業地域内に住んでいるか働いていることが条件になる訳です。

ただし地方銀行の中には複数のキャッシングを用意しており、その中の1つを営業地域に関係なく全国から申込みができるようにしている場合が有ります。

そこで地方銀行のキャッシングを利用しようという場合にはまずは申込条件を確認して自分がそれを満たしているのかどうかについて確認してみて下さい。

申込みでの注意事項

また地方銀行の場合申込時には注意しなければならない場合が有ります。

まず大手銀行のキャッシングではインターネット上から申込みから契約まで可能になっているものが多く、金融機関に行かなくても銀行振込を利用すれば、ローンカ-ドが受け取れなくても即日融資の利用が可能になっています。

しかし地方銀行の場合には注意しなければならない事がります。地方銀行でもインターネットの利用が進んで、申込みはインターネット上から可能になっているのが普通ですが、そこから後はちょっと違います。

まず申込みが行われると仮審査まで行われて、その結果仮審査通過ということになると、本審査以降は店舗に行かなければならない事が有り、この場合、店舗で本審査を受け契約まで行うということになります。

しかも本審査の日時は申込み当日になるかどうかは分からず、利用開始まで数日かかることも有ります。

また大手銀行でも無いことは無いのですが、キャッシングの利用の前提として、当該銀行に普通預金口座を持っていることになっている場合が多いため、もし持っていない時には口座開設の申込みを行う必要が出てきます。

このように地方銀行の場合、申込みから利用開始まで店舗に行ったりする必要が出てくる場合が多く、面倒です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
仮審査に通ったのに本審査否決ってあり?キャッシング審査は油断大敵

審査方針にも大手と若干の違いが有る

大手銀行でも地方銀行でもキャッシングの審査ではそれなりの厳しさが有りますが、この両者の審査方針には若干の違いが有ります。

まず審査の難易度を考えてみるとどちらも銀行である以上、そう緩い審査は行いません。ただし、やはり利用者確保と言う面では大手銀行のほうが確保しやすいですから若干ですが地方銀行のほうが緩くなっているようです。

ただしキャッシングの審査は銀行の意向も多少は影響しますが、主な部分は保証会社が行っています。したがって審査の難易度と言うのは保証会社によって変わってきます。

保証会社と言うのは多くの銀行から保証業務を委託されていますから大手銀行と地方銀行の両方から委託を受けている場合も有ります。そういった場合には審査での違いはそれほどないと思われます。

ただし地方銀行の場合には地域密着と言う営業方針が有りますから、その地域の経済状況によっては他地域と比較して、審査の難易度が違っていることも考えられます。

キャッシングの利用開始までの時間に注意
キャッシングでは本文で説明しているように、大手銀行では即日融資も可能ですが、地方銀行の場合にはまだすべてが、即日融資に対応している訳ではありません。審査の方法によっては店舗に行かなければならず数日を要する場合も有ります。

また普通預金口座を作らなければならない場合にはキャッシュカードが届くまでは使えないというところも有って、そう言う場合には1週間以上時間がかかってしまうことも珍しいことではありません。

地方銀行のキャッシングを申込む場合には、申込手順をよく確認して、時間がかかる場合も有るということを予め了解しておくことが必要です。

いずれにしても即日融資が必要になるような状況にならないようにして、余裕をもって申込むようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシング申し込みの手順と審査にかかる時間とは?

大手銀行と地方銀行どっちがお勧め?自分の利用環境を考慮しよう!

では実際に自分は大手銀行のキャッシングを使うべきなのか、あるいは地方銀行のキャッシングのほうが良いのか、どのように判断すれば良いのでしょうか。それにはまず自分のキャッシングの利用場面をよく考えてみる必要があります。

キャッシング選びの基本は自分の使い勝手です。従って、まずは自分がキャッシングを利用する場合に必要になる条件を纏めてみましょう。その条件を満たすかどうかということでキャッシングを選べば良いものが選べるはずです。

条件を決める場合には例えばATMの場所が自分の行動範囲にあるかとかATMの利用手数料がかならないものが有るのかといったような細かい部分も忘れずに挙げておきましょう。よく検討して良いものを選んで下さい。

自分の利用場面を想像してみよう

大手銀行でも地方銀行でも利用者にとってはキャッシングですから融資が受けられればとりあえずどちらでも構わないわけです。そこでどのように選べば良いのか考えてみましょう。まず必要になるのは自分がどのように利用するのかを考える事です。

そのためには自分の利用場面を想像してみることが必要でしょう。

例えば自分は全国を飛び回るような仕事をしていて、利用場所も特定できないというような場合や、自分は殆ど自宅周辺か勤務先周辺でなければ使わないと言うように利用場所を考えてみましょう。

またたまに大きなお金を借りるとか、毎月少額を短期間借りるというような利用する金額や借入期間なども、考えておきましょう。

自分に合ったキャッシングを選べば良い

このような自分の利用方法から、自分がキャッシングのどういったことを要求しているのかを箇条書きにしてみましょう。最初は漠然としたものでも良いですが、徐々に具体的な要求にして言って下さい。

もう一つ準備として必要になるのが、自分が利用出来るキャッシングにはどういったものが有るのか良く周囲を見て探してみましょう。キャッシングを提供している金融機関は意外にたくさん存在します。どれが自分に向いているのかはわかりません。

それらのキャッシングの情報を集めてください。店舗に行ってパンフレットを貰ってきても良いですし、インターネット上から集めても構いません。

情報が集まったら、先ほど作っておいた箇条書きにした要求を満たしているかどうかで各キャッシングを評価してみましょう。

最も要求を満たしているキャッシングを選べば自分向きのものが選べるはずです。

結果が大手銀行になるのか地方銀行になるのか自分の要求次第です。

ATMの場所と利用手数料の考慮も忘れずに

要求を纏める場合にはATMについても十分検討しておきましょう。銀行振込でしか利用しないというのであれば構いませんが、ATMを利用する場合には大変重要です。

まずATMの場所です。通常は自分の行動範囲に利用出来るATMが無ければ利用する度に、いつも行かないような場所にわざわざ出かけて行く必要が生じます。

最近では提携関係が進んでコンビニでも利用出来るものが増えていますが、そういう場合も見落とさないように注意してください。

もう一つATMを利用する場合に注意しなければならないのは利用手数料です。提携ATMの場合には利用する度に提携先の金融機関に利用手数料を支払わなければならない場合が有ります。

最近では金利が低くなっていますから、借り方によっては利息よりも利用手数料のほうが高かったというような事も有るので、できるだけ利用手数料のかからないATMが利用出来ることが望ましいでしょう。

周囲の金融機関を調べてみよう
自分の周囲の金融機関を調べる場合には大手銀行や地方銀行だけを調べるのではなくて、もう少し視野を広くして、見落としの無いように気を付けてください。カードローンに限っても多くの金融機関が有ります。

例えば地方銀行よりももっと狭い営業地域を持つ信用金庫や信用組合というような小規模な金融機関にも品揃えとしてはキャッシングが用意されているので、そういうところもチェックしてみましょう。

こういった小規模金融機関は地方銀行以上に地域密着で利用者の話にも耳を傾けてくれるので、結構狙い目と言えなくも有りません。地方銀行と同じで探せばどの地域にも存在している筈です。

そしてもう一つカードでキャッシングするという商品を提供しているのが大手消費者金融で、どちらかと言えばこちらの方が元祖カードローンと言えるでしょう。

消費者金融と言ってもいまや大手金融機関の一角を占めており、条件を満たす可能性があることも有るので利用候補には入れておくようにしましょう。

金融機関はお付き合いが大切!将来も考えてマイバンクを探そう

大手銀行を選ぶか地方銀行を選ぶかは難しい問題ですが、一つ念頭に置かなければいけないのは金融機関とは一生何らかのお付き合いを続ける必要があるということです。

金融機関はお付き合い次第で様々な条件が有利になっていくものです。したがってお付き合いするには長いほうが有利になるのが普通です。

ですから大手銀行にするか地方銀行にするかもよく先を見たうえで決めなければなりません。自分がずっとその地方に居住し続けるつもりでいるのか、あるいは時々引っ越す可能性があるのかなど考慮しなければなりません。

選ぶ場合には自分にとって便利なのはどこなのか、またお得になるのはどこなのか、目先の計算だけではなく、先々どうなるのかと言う長期的な視野を持つことが必要でしょう。

金融機関とは一生お付き合い!マイバンクを作ろう

キャッシング選びでもう一つ考慮してほしいのがマイバンクと言う考え方です。現代社会ではお金というものが重要な役割を果たしています。そして生活を送っていれば節目節目でお金が必要になります。

そういう場合に必要なお金を融資してくれるのが金融機関です。つまり生活を送っていく上ではどうしても金融機関とのお付き合いが必要になる訳です。

考え方によっては必要になる時点で金融機関を選ぶという人もいるでしょうが、金融機関というものはお付き合いが長ければ長いほど信用評価が上がり、有利な条件でお金を借りることができるようになっていきます。

ですから金融機関を有利に利用することを考えるのであれば、同じ金融機関を使い続けるという考え方もできるわけです。こういった金融機関のことをマイバンクと呼ぶことになります。

金融機関のほうも優良顧客が増えたほうが安心して融資ができますから、マイバンクという考え方は両者にとって良い考え方と言えるでしょう。

お付き合いするにはどういった銀行が良いのか

ではお付き合いする銀行をどのように選べば良いのでしょうか。それはキャッシングの時と同じで、自分の要求を満たし、便利に利用出来る所と言う基準で選べば良いでしょう。

もちろん大手銀行が良い場合も有れば地方銀行あるいは銀行ではありませんが信用金庫と言う選択も出来るでしょう。

まず考えなければならなのが支店の場所です。キャッシングだけであれば支店に行く必要が無いことも有りますが、長く利用するということになると、自分の行動範囲内に支店が無ければなかなかお付き合いが面倒です。

あとは自分の好みと言う問題も有りますが、もう一つ重要なのは経営が安定しているかと言う点です。以前は銀行は護送船団方式とか言われて守られていましたがバブル崩壊後は銀行も潰れることがあることが分りました。

将来的な見通しを付けるのは難しいですが、業績なども調べてみる必要が有るでしょう。

将来自分はどうなるのか考えておく必要が有る

金融機関を選ぶ場合には、自分が将来どうなるのかと言う点についても考えておく必要が有ります。例えば転勤族というような場合には、全国的に利用出来る金融機関を選んでおいた方が長期的なお付き合いには向いているでしょう。

あるいは自分は将来的にも現在の居住地を離れることは無いだろうという場合には地域密着で営業している地方銀行や信用金庫と言った金融機関とのお付き合いがお勧めできるでしょう。

こういったマイバンクを選ぼうという場合には、まず自分が将来どうしたいのかというような人生設計を持つ必要が有るでしょう。

その設計に沿って有利に利用出来る金融機関を選ぶようにすれば良いマイバンクが選べるのではないでしょうか。

住宅ローンを利用している場合のキャッシング探し
既に自分は住宅ローンも借りていて今から改めてマイバンクを選ぶというわけにもいかないというのであれば、住宅ローンを利用している金融機関をマイバンクと位置づけることも良い選択でしょう。

金融機関によりますが、用意しているキャッシングの中には住宅ローン利用者専用と言うものも有る可能性が有ります。こういったキャッシングの場合には、住宅ローン利用者と言うだけに信用評価が高く大変有利な金利で利用できます。

キャッシングを選ぼうという場合には、そういった有利に利用できるものが有る場合があるので、まずは自分が利用している金融機関を調べてみることも大切なことです。

良く分らない場合には、駄目元で金融機関のほうに相談してみて下さい。最近では金融機関は利用者の相談窓口も用意している場合もあるので、そういったところを有効に利用することを考えましょう。

ここで地方銀行のキャッシングについて纏めておきます。

  • 地方銀行は利用出来る地域が限定されてしまう
  • 地方銀行でもキャッシングを提供しているが地域が限定されるので申込条件の確認が必要
  • どのキャッシングを選ぶかは自分の要求を満たすという基準で選ぶべき
  • 金融機関は長期的に利用するという付き合い方が重要

大手銀行では預金などでも金利的に横並び状態になってしまっていますが、地方銀行の中には有利な金利を付けている場合も有るので、キャッシングだけではなく預金など他の利用方法も考えてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる