どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

キャッシングは借りっぱなしと言うわけにはいきません。重要なのは借入れよりも返済です。ですから借入れを考えている場合には、返済方法も良く調べて、自分に合った方法が選べるようにしておかなければなりません。

多くの場合は口座引落しを選びますから、返済忘れのようなことは起こらないと考えていますが、実は口座引落しも残高の確認を怠ると、引落せなくなっている場合も有るので、必ずしも安心な返済方法とは限りません。

返済方法とともに重要なのが返済方式で、どんなに借りても返済額は月々変わらないものや、借入額が多くなるのに合わせて月々の返済額が高額になるものが有り、それぞれに特徴が有るので自分の利用法に合わせて的確に選ぶ必要が有ります。

キャッシングは返済が重要!申込方法と共に返済方法も確認しておこう

キャッシングはATMから融資を引き出す場合が多いので、何だか自分の口座からお金を引き出すようで、借入れをしていいるという意識が希薄になってしまうことが有りますが、れっきとした借金ということを忘れてはいけません。

キャッシングを選ぶ場合には金利や申込方法ばかりに目が行って返済方法にはあまり関心を持たない人も多いですが、いざ借入れしてから返済が面倒で仕方がないというようなことも有るため、キャッシング選びの段階で返済方法も調べましょう。

キャッシングは何度も借りては返すという利用を続けることになるので、返済方法が自分にとって面倒な方法の場合には、いつか返済に支障が出てしまうような事も考えられます。

ですからキャッシングを選ぶ際には自分に合った返済方法が用意されているかどうかを必ず確認しておきましょう。

キャッシングは借金!借りたものは返さないといけない

いまでこそキャッシングというような洒落た名前で読んでいますが、どういう名前であろうとお金を借りるわけですから、キャッシングと言うのは平たく言えば借金です。これを忘れてはいけません。

キャッシングは申込みも金融機関に行かなくても可能ですし、借入方法もATMから引出すという形になっていますから、最初は借金だと認識していても、だんだん感覚が鈍ってしまって利用限度額までが自分の預金と思えてしまうことが有ります。

ですから借金だということを頭に叩き込んでおくためにも、申込時点から返済ということを念頭に置いておくことが重要です。借りたものをどうやって返済して行くのか、最初から考えていれば自分のお金ではないという認識が持てるでしょう。

申込方法を調べる時は返済方法も調べておこう

そこでキャッシングの申込みをしようと考えた時には申込方法と同時に返済方法についても調べるようにしましょう。

申込時はお金が必要ということで慌ててしまって、申込方法だけを調べて申込みをする人がいますがこれではあとあと困ったことになりかねません。

借りたのは良いが返済方法が面倒で忘れてばかりいるというような事も起こらないとは言えないのです。

現在金融機関が提供している返済方法には次のようなものが有ります。

  • 窓口
  • 口座引落し
  • ATMからの入金
  • 銀行振込

ただし全てのキャッシングでこれら全ての方法が提供されているというわけではなく、例えばキャッシングによってはATMからの入金しか対応していないというような場合も存在しています。

したがって申込みを考える際には、どういった返済方法が提供されているのか必ず調べておきましょう。

自分に合った返済方法が有るかどうかを確認しよう

返済方法を調べたら、自分にはどういった返済方法が合っているのかを考えてみましょう。

最近では口座引落しを利用して返済を行っている人が多いですが、これは返済忘れを防ぐためでしょう。

こういう場合には口座引落しで返済できるかどうかを確認しておく必要が有ります。もし申込んだ後、良く調べたら口座引落しによる返済ができなかったというような事にならないようにして下さい。

またATMからの入金で返済しようという場合には、近くに返済ができるATMが無ければなりません。ATMによっては借入れはできるが返済はできないというものも有るので注意が必要ですし、手数料がかかる場合も有ります。

銀行振込の場合には振込手数料がかかるため、返済方法としてはあまりお勧めはできません。たまたま返済する手段が他に無いような所に行っていたような時に利用するという程度に考えておいたほうが良いでしょう。

定期返済と随時返済
返済方法を考えるときには、同時にどのように返済して行くのかということも考えておきましょう。返済には次の2つが用意されている場合が多くなっています。

  • 定期返済
  • 随時返済

定期返済は月々の返済日に決められた金額を返済して行くもので、本文の説明も定期返済を前提にしていますが、もう一つ随時返済というものが有ります。

随時返済と言うのは返済日に関係なく、いつでも好きなだけ返済するというもので、お金に余裕が有るときに定期返済に加える形で返済するものです。

随時返済を利用すれば、その時点で借入残高を減らすことができますから、元本が減って以後の定期返済時には利息を少なくすることができます。

そこで借入れを考えるときには定期返済だけを考えるのではなく、賞与が出た時期などに随時返済を組み合わせて返済するような返済計画を立ててみてはいかがでしょうか。

口座引落しでも安心してはいけない!返済をミスらないようにしよう

キャッシングに限らずお金を借りたら契約通りの返済を行わなければなりません。もし返済が滞るようなことが有れば、利用者は信用を失って、以後の金融取引では信用評価が下がってしまい利用できない場合も出てきます。

そこで心配になるので、返済できなくなるというよりも返済日を忘れてしまって、返済が行えないという状況です。ですから返済方法を選ぶときには自分が返済日を忘れないであろう方法を選ばなければなりません。

そこで返済日を絶対に忘れない方法として口座引落しが有ります。しかしこの場合にも、口座に返済できるだけのお金がなければ話になりません。つまり口座引落しを選んだとしても残高確認を怠ると返済できない事も有るのです。

返済が行われなければ信用を失う

ではもし返済が行われなければどうなってしまうのでしょうか。金融機関は元本の返済と同時に支払ってもらう利息が利益になります。したがって返済が無ければ利益が出ませんから、金融機関としては困る訳です。

このため返済が無かった場合には、すぐに督促状を出して返済を促しますし、金融機関によっては回収担当から電話を入れる場合も有ります。なかなか返済に応じなければ、ローンの滞納ということになり、信用情報に記載されてしまいます。

信用情報にローン滞納と言う金融事故が記載されてしまうと、利用者は大きく信用を失うことになり、この記載が残っている間は、他のローンで融資を利用することができません。

住宅ローンなどを利用しようと考えている場合には、大きく人生設計が狂ってしまいかねないのです。

そこまでいかなくても返済が行われなければ金融機関は不信感を抱きますから、たとえ返済日を忘れただけでも、信用評価にはマイナスになってしまいます。ですから返済日にはしっかり返済しなければいけないのです。

返済日を忘れない様にする

このためキャッシングを利用している場合には、月々の返済日を忘れない様にすることが大切です。そのためには返済日近くになると思い出すような自分なりの仕掛けを作っておくのことが必要です。

キャッシングによっては返済日の何日か前と返済日にメールで知らせてくれるようなサービスを行っているところも有るので、こういったサービスを利用するのも良い方法です。

あるいは何かに関連付けて習慣化してしまうという方法も有ります。例えば返済日前の給料日に返済することにして、給与明細を受け取った時点で思い出すようにしておけば忘れないでしょう。

また原始的な手段ですがカレンダーに印をつけておくということだけでも、忘れないためには大きな効果がある筈です。このように様々な方法が考えられますから、自分なりの思い出す方法を見つけてみて下さい。

口座引落しでも残高の確認を怠ってはいけない

中には口座引落しにしているから、自分は忘れてしまっても心配はないと言う人もいるかもしれません。

しかし返済が行われなかった原因が口座引落しができなかったからと言う場合がかなりあるので注意しなければなりません。

何故かと言うと、要するに残高不足になっているということです。したがって口座引落しで返済する場合もやはり、返済日の前には自分の口座の残高を確認しなければなりません。

つまり他の返済方法と思い出さなければならないという点では同じなのです。ですから、やはり何かと関連付けるなどして、毎月残高の確認を行うようにしておきましょう。

返済できなくて信用に傷がつくよりも、ちょっとした工夫でこれが防止できるわけですから、考えるのが面倒などと思わず、自分なりの方法を見つけてください。

忘れっぽい人の返済日の管理
本文では返済日を何かに結び付けて思い出すようにと説明していますが、そうは言っても忘れっぽい人と言うのは、どうしても居るもので、思い出しても入金を忘れるとか、しょうがない話が山ほどあります。

そういう場合には完全とは言えませんが次のように返済して行けばよいのではないでしょうか。

  • 返済方法として口座引落しが選べるキャッシングを選ぶ
  • さらに給料日の直後に返済日が設定できるキャッシングを選ぶ
  • 給料の振込口座を返済の引落し口座にする

こうしておけば、給料日の直後のまだ引落し残高のあるうちに返済の引落としが行われることになります。

ただし給料が振込まれた直後に使ってしまうとやはり引落せなくなってしまいますから、その点には注意しなければなりません。

返済は返済方式も重要!それぞれの特徴を理解して選ぶようにしよう

返済については返済方法だけを調べるのではなくて、返済方式についても確認しておかなければなりません。返済方式と言うのは月々の返済額を決める方式のことです。

キャッシングで利用されている返済方式は月々の返済額が元利合計で一定になるものと、借入残高を段階的に区切って、借入が高額になると返済額も高額になる方式のどちらかが採用されているのが普通です。

それぞれの方式にはメリットとデメリットが有り、利用方法によっては利息が膨らんでしまったり、またある場合には月々の返済額が高額になって家計を圧迫したりすることになります。

ですから自分はキャッシングをどのように利用するのかということをよく考えたうえで、有利さや便利さを考慮して返済方式を選ぶようにしましょう。

キャッシングで利用される返済方式

返済で気にしておかなければならないのは、返済方法だけではありません。

返済方式もキャッシングを利用するには大変重要な点になります。

返済方式と言うのは簡単に言えば月々の返済額をどのように決めるのかと言うことです。

キャッシングで使われる返済方式と言うのは概ね次の2種類です。

  • リボルビング方式
  • 残高スライド方式

リボルビング方式と言うのは本来はいろいろな方式に分かれ、もう一つの残高スライド方式もリボルビング方式の一つの形態になりますが、ここで言うリボルビング方式は、月々の返済が元本返済分と利息を合わせた金額が一定になる方式です。

これに対して残高スライド方式と言うのは借入残高を段階的に区切ってそれぞれで元金返済分と利息の合計の支払額を一定にするというものです。したがって借入残高が高額になると返済額も高額になっていきます。

これ等の返済方式はリボルビング方式のほうが主に消費者金融で、残高スライド方式のほうが主に銀行で利用されています。

返済方式はそれぞれメリットとデメリットが有る

これ等の方式にはそれぞれ次のようなメリットとデメリットが有るので、まずそれを理解しておきましょう。

返済方式 メリット デメリット
リボルビング方式 借入残高に関係なく月々の返済額が変わらないので返済計画が立てやすい 借入残高が増えると利息が増えて元本の返済分が減り返済期間が長期化して利息の総額が膨らんでしまう
残高スライド方式 借入残高が増えれば返済額も増えるので効率的に返済できる 返済額が高額化することが有るので家計を圧迫する

どちらもデメリットは避けたいものですが、一概にどちらを選ぶべきかは判断が難しいでしょう。一番いけないのは深く考えずそういう話に関心を抱かない事ではないでしょうか。

自分の利用方法に合わせて返済方式を選ぼう

そこで必要になるのが自分はどのようにキャッシングを利用するのかということと、何を重視するのかということの見極めです。

まず生活費の補填として少額の利用しか考えないというのであれば、どちらを選んだとしても方式上大きな違いはありません。あとは金利等を比較して選べば良いでしょう。

しかし何らかの目的で大きなお金を借りることを考えているのであれば、あとは何を重視するかによって変わってきます。

利息の総額が膨らんだとしても、返済額が一定のほうが安心できると言うならリボルビング方式で、月々の返済額が増えたとしても効率よく返済したいというのであれば、残高スライド方式の方を選ぶようにすればよいことになります。

返済日にも注意
もう一つ返済日もキャッシング選びでは重要な点になります。キャッシングの利用の仕方の内もっとも多いのは生活費の補填です。したがって利用するとすれば給料日の1週間前ぐらいからということになります。つまり給料日の前には金欠になる訳です。

そこで返済日を考えてみましょう。例えば返済日が給料日の前日だったとしたら、返済するお金は用意できないでしょう。これに対して返済日が給料日直後であれば、容易に返済できるはずです。

キャッシングの返済日は概ね次のように決まります。

  • 金融機関側が指定する日
  • 金融機関側が何回かの返済日を用意しておきその中から都合の良い日を利用者側が決める
  • 利用者側が自由に決める

ですから申込時には返済方法や返済方式を調べるだけではなく、返済日についてもしっかり調べ、給料日後まだお金に余裕が有る範囲に返済日が設定できるものを探すようにしましょう。

返済に行き詰らないようにする方法とは?返済能力を計算してみよう

キャッシングの返済を考える場合には返済方法や返済方式を検討してみるだけではなく、そもそも自分に返済して行けるかどうかを、実際の自分の収入と支出から返済能力を計算して、確認してみることが必要です。

もし自分にキャッシングの返済ができるだけの返済能力が無い場合には、返済中に余裕がなくなって返済ができなくなることが十分予想できます。ですからこの場合にはキャッシングの利用は見合わせなければなりません。

また返済能力は有ると考える場合でも、もし返済に行き詰ってしまった時にはどうしたらよいのかについて、予め具体的に考えておくことも重要です。こうすればもしもの時でも慌てずに対処できるようになるでしょう。

自分にはどの程度の返済能力が有るのか計算する方法

金融機関は審査においてその申込者の返済能力を 年収からはじき出して、返済できるかどうかを判断していますが、申込者の方もキャッシングを利用して本当に自分が返済して行けるのかどうかを判断してみる必要が有ります。

しかし金融機関のように年収から計算するようなことはできませんから、もっと別な方法を考える必要が有るでしょう。要するに返済できるかどうかと言うのは月々返済額分の余裕が有るのかどうかということになります。

そこで1年程度遡って月々次の計算をしてみて下さい。

月々の余裕 = 月々の収入 - 月々の支出

この余裕が常に返済額以上になっていればその中から返済して行くことは可能です。しかし返済額を下回っているような場合には、その月の返済はできないということになってしまいます。

返済能力が無い場合には借りてはいけない

このように返済ができない月が有るということは自分には返済能力は無いということになります。ですからこの場合にはキャッシングが必要であっても借りてしまえば返済できない訳ですから、借入れは止めましょう。

もしどうしても借入れが必要と言うのであれば、支出内容を見直して、不要不急の支出をしていないかを検討してみましょう。もし節約できる部分が有ったら、節約できたと仮定して先程の計算をやり直してみて下さい。

もしそれで返済可能ということであれば、返済計画に節約できる部分を明示しておきましょう。借入後に返済額が捻出できない時はこの部分で節約すれば良いということが分りますから、慌てなくて済むでしょう。

返済に行き詰ってしまったらどうすれば良いのか

では借入れ中に返済に行き詰って、もう節約も無理だと言う時はどうすれば良いのでしょう。まずもっともやってはいけないのが他のキャッシングを契約してその借入れから返済する方法です。これは自分をさらに追いつめるだけです。

ですからもし返済できそうにないと分かった時には、すぐに金融機関のほうに連絡を入れて、どうすれば良いのかを話し合いましょう。

キャッシングによってはそういった場合には返済額を減額するという契約条項が入っていることが有ります。

またそういった契約条項が無かったとしても、金融機関としては取り敢えず利息分だけ支払ってもらえば利益が計上できますから、利息分だけにしてもらえる可能性はあります。これは交渉次第と言う面も有るのでまずは交渉してみて下さい。

もし将来的にも返済の見込みがないというのであれば、弁護士に相談して債務整理と言う方法が有ります。この場合金融機関側と場合によっては裁判所も含めて協議して契約を見直し返済できる方法に変更されます。

最悪の場合には自己破産と言うことも考えられ、これによって債務を帳消しにできますが、自分の信用は崩壊してしまいます。

自分のお金の管理を行なおう
本文では月々の余裕は収入から支出を差し引いて計算するようにさらっと書いてありますが、実はここが難しく、自分の支出が正確に分かる人と言うのはそう多くは有りません。つまり計算は正確にはできないのです。

ですから、そういう場合にはキャッシングの利用は先に延ばして、まずは自分のお金の管理を行うようにしましょう。自分のお金の管理と言うのは、要するに自分の収入と支出を記録して自分が何にお金を使っているのかが分るようにすることです。

これには通常家計簿をつけるのが良い方法ですが、最近ではこれもハイテク化して、インターネット上から利用出来るものも提供されているので、お金の管理を始めるハードルはそれ程高くはありませんから安心してください。

ここでキャッシングの返済方法について纏めておきます。

  • 申込時には申込方法と共に返済方法も確認する
  • 返済日を忘れないような仕掛けを作っておくことが重要
  • 返済方法とともにどのように返済額が決まるのか返済方式も確認する
  • 返済に行き詰らないように自分の返済能力を計算する

キャッシングで最も重要なのが返済です。キャッシング利用中には常に返済可能な返済計画を持つようにして下さい。

【参考記事】
ローンは返済できなければ債務整理が必要!キャッシングでも同じです

閉じる
閉じる