どうしても審査に通りたい人向けサイト

岩手銀行のキャッシングは即日融資可能?普通預金口座の開設が必要!

岩手銀行は岩手県にある地方銀行で、エルパスと言うキャッシングを提供しています。エルパスは多くの地方銀行のキャッシングが最高500万円程度の融資になっている中、1000万円までの融資に対応しています。

エルパスの申込みはそれまで岩手銀行との付き合いが無く普通預金口座を持っていなかったとしても行えますが、エルパス申込時点で普通預金口座の開設申込みを行う必要が有るので、注意しなければなりません。

審査は特に厳しいというものではないようですが、他の地方銀行のキャッシング並と考えておく必要が有ります。岩手銀行は地方銀行の為、エルパスの申込みも岩手銀行の営業地域内に居住あるいは勤務している必要が有ります。

岩手銀行のキャッシングとは?最高1000万円までの融資に対応

岩手銀行と言うのは名前の示す通り岩手県にある地方銀行で、エルパスというキャッシングを提供していて、岩手銀行のATMの他多くの提携ATMが利用でき、全国どこに行っても融資の引出しが可能になっています。

地方銀行のキャッシングの場合、多くは利用限度額の上限額が500万円程度になっていますが、エルパスの場合破格の1000万円になっていて、最高額のキャッシングの1つに数えても良いものになっています。

エルパスを申込む場合には、いくつかの申込方法が提供されており、インターネット上から申込むことも可能ですが、この場合には仮申込みということになり、正式には後で書類の提出が必要になるので注意してください。

岩手銀行のキャッシング『エルパス』とは

岩手銀行は岩手県盛岡市に本店を構え、東京都および岩手県を中心に青森県、秋田県、宮城県に支店を展開しています。もともとは1931年に破綻した盛岡銀行の救済のために岩手県が出資する形で設立した地方銀行です。

岩手銀行でもカードローンと言う形でエルパスというキャッシングを提供しています。エルパスの仕様は次のようになっています。

商品名 エルパス
融資額 10万円~1000万円
金利(年利) 1.8%~14.6%
返済方式 残高スライド方式

岩手銀行の支店網は限られた範囲ですが、エルパスが利用出来るATMは岩手銀行のものだけではなく、全国の提携金融機関のものが利用できますから、普段は岩手県内にいるがたまに仕事で他所にも行くというような人でも大丈夫です。

地方銀行では珍しく1000万円までの融資に対応している

最近では銀行でも大手消費者金融でもカードローンの利用限度額の上限が高額化してきており、かつて300万円程度だったものが500万円になっていたり、500万だったものが800万円になっていたりします。

地方銀行の場合以前は300万円程度のところが多く現在では500万円程度になっているようですが、このエルパスの場合には利用限度額の上限が1000万円になっており、地方銀行の中では横浜銀行など数えられる程度しか無い中の1つです。

またこの利用限度額に合わせて設定される金利も上限は他の銀行と同程度ですが、最低1.8%と非常に低金利が設定されています。

利用限度額と金利は明示的に決められており、審査で利用限度額が決まれば自動的に適用金利が決まるようになっていて、次のようになっています。

利用限度額 金利(年利)
200万円以内 14.8%
200万円超300万円以内 10.5%
300万円超400万円以内 7.5%
400万円超500万円以内 4.5%
500万円超800万円以内 4.0%
800万円超1000万円未満 3.5%
1000万円 1.8%

エルパスの申込方法

エルパスの申込みは次の方法が利用できます。

  • インターネット経由
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

インターネット経由で申込みを行う場合は、まず必要情報を入力して仮審査の申込みをします。審査結果は電話連絡になり、仮審査に通過したらFAXまたは郵送で必要書類を郵送して正式申込みということになります。

必要になる書類はエルパスのホームページからダウンロードすることが出来るようになっていますから、これを利用すればどの申込方法を利用しても、店舗まで行く必要はありません。

ローンカードが届くまでには1週間程度時間が必要になるので、申込み後審査に通過し、契約が完了した段階ではATMの利用ができませんから、銀行振込を利用して融資を受けるということになります。

地方銀行の品揃えに注目
地方銀行と言うのはメガバンクなどの都市銀行に比べて競争が少なく、横並びで金融商品を揃える必要はありません。このため例えば預金金利等でも、非常に有利な設定になっているところも有り、意外に狙い目な場合が有ります。

これらの地方銀行ではその地域の支配的な金融機関になっている場合が多く、地域密着で地域に暮らす人や地域の企業が便利に利用出来る金融商品を用意したりしているので、地方の場合にはよく金融商品の品揃えを研究してみましょう。

キャッシングにおいても、一押しのものの他にも、金利を多少高くした審査の緩めのものを提供したりしている場合が有ったり、何種類も用意されていることも珍しいことではありません。

地方銀行を調べる際にはそういったことも見逃さないように注意してください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
仮審査に通ったのに本審査否決ってあり?キャッシング審査は油断大敵

口座が無くても申込みできる!でも口座の開設が必要なので要注意

エルパスのホームページを見ると岩手銀行に普通預金口座が無くても申込みが可能と強調されていますが、これには誤解が有って、申込みはできるが、エルパスの申込みと同時に普通預金口座の開設をしなければなりません。

普通預金口座の開設と言うのは、やったことが有ると思いますが、1週間程度はかかってしまいますから、この場合にはエルパスの利用開始も、その後ということになるので、申込みから利用開始まで非常に時間がかかります。

エルパスの場合、即日融資も可能と銘打っていますが、この普通預金口座の件が有るため、誰でも即日融資が可能と言うわけでは無く、既に岩手銀行に普通預金口座を持っている人に限られるので注意しなければなりません。

『口座が無くても申込みできる』の意味

エルパスだけと言うわけではありませんが、ホームページ上に大きな目立つ文字で口座が無くても申込みが可能というような表現を見かけることが良くあります。しかしこの表現には注意しなければなりません。

ホームページをよく読んでみると、キャッシングを利用するためにはその銀行に普通預金口座を持っている必要が有る旨の小さい字の記載を見つけることができます。つまりキャッシングの利用には普通預金口座が必要ということです。

言っていることが矛盾しているじゃないかと言う人もいるかもしれませんが、曖昧ですが金融機関的に言えば矛盾はしていないのです。つまり、キャッシングを申込む段階では普通預金口座を持っていなくても良いのです。

普通預金口座を持っていない場合には持っていない場合には、キャッシングと同時に普通預金口座の開設の申込みをしてくださいと言っているわけです。

銀行の場合には利用者を確保して預金につなげたいという思惑が有るので、この口座が無くても申込みができるという表現には十分注意するようにして下さい。

口座の開設には時間を要する

キャッシングの審査は最近では非常に短縮されてきており、うまくすれば申込みから融資まで即日行われる可能性も有ります。しかしもし普通預金口座の開設が必要ということになって、キャッシングと並行して申し込む場合にはこうはいきません。

預金口座の開設の場合、申込みから利用まで、1週間程度の時間がかかるのは珍しいことではありません。

岩手銀行でもやはり同じように普通預金口座の開設の申込みからキャッシュカードが送られてきて利用可能になるまで1週間程度必要となっています。

このため口座の開設が前提になっているキャッシングの場合には、キャッシングの審査が早めに終わっていたとしても、利用出来るようになるまでにはしばらく時間がかかるということになります。

銀行のキャッシングを利用する場合にはこの点十分注意しておく必要が有ります。

即日融資は既に口座を持っている場合のみ対応

このためエルパスの場合も事前に岩手銀行の普通預金口座を持っておらず、エルパスと同時に口座の開設を申込んだ場合には、利用開始は1週間後ということになります。

エルパスの場合にも審査時間は短縮しており、申込み時間などに注意すれば即日融資の利用も可能ですが、口座の開設を行う場合には、即日利用はできませんので、即日利用を狙う場合には別を当たるしかありません。

即日利用と言う場合、このように選択肢をそれだけのために狭くしなければならなくなりますから、自分が使いやすいと考えて選んだものが利用できない可能性も出てきます。

ですから、自分にとって良いものを選ぶためには、即日利用を優先するべきではありません。

申込みに当たっては即日融資を利用しなくても良いように切羽詰まった状況にならないような申込みができるように、先々をよく見て申込時期を考えなければなりません。

口座が無くてもキャッシングが利用出来る銀行も有る
本文では銀行の場合キャッシングの申込みの前提として普通預金口座の開設を要求すると説明していますが、最近になってこの傾向は少しづつ変化してきています。

当初は預金者を獲得する目的だったわけですが、そういった銀行が多いことから、既に他の銀行に口座を持っている人の獲得がなかなかできなくなってしまっていて、預金口座開設と言う条件を無くしてしまっているところが出てきています。

この場合、特に普通預金口座を新たに開設しなくてもキャッシングの利用ができるわけです。

もともとキャッシングというのは消費者金融の金融商品で、普通預金口座と言う前提が無くても利用できるものだったわけですから、銀行でも全く問題はない筈です。

多くの銀行でまだキャッシングの利用の前提に普通預金口座の開設を挙げているので、なるべく早くそういった制約を外して欲しいものです。

エルパスの審査は厳しいのか?希望通りの借入ができるとは限らない

では申込者にとって気になるエルパスの審査は緩いのでしょうかそれとも厳しいのでしょうか。岩手銀行は銀行ですから、消費者金融に対して考えれば厳しいと言えますが、他の銀行と比較した場合大きな違いはないと考えてよいでしょう。

審査に通過した場合利用限度額と金利が設定されますが、最高1000万円までとは言っていますが、当然誰にでも1000万円融資してくれるわけではありません。最初はそれほど大きな金額は設定されませんから落胆しないようにして下さい。

キャッシングと言うのは大概そういうもので、お付き合いが短い場合には、まだ信用してもらえず、少額になってしまいますが重要なのは将来どうなるかと言う点で、将来もっと大きな金額の利用を希望するのであれば利用方法にも注意が必要です。

審査は他の銀行のキャッシング並

エルパスを申込もうと考えた場合、やはり気になるのは審査に通るかどうかと言う点でしょう。ではエルパスの審査は緩いのでしょうか厳しいのでしょうか。しかしキャッシングを考える上ではこの質問が大変難しいのです。

例えばこういう場合参考にされるのがインターネット上にある口コミ情報と言われるもので、申込みを経験した人が投稿している情報なのですが、この情報には審査は緩いという人と厳しいという人の両方の話が必ずあります。

要するに審査に通った人は緩く感じるし、通らなかった人は厳しく感じるわけです。自分がどっち側になるのかは実際問題として申込んでみなければわかりません。

ですから口コミ情報で例えば緩いという話が多かったとしても、それが自分に当て嵌まるかどうかは分らないと考えるべきでしょう。

審査の難易度を判定するための客観的に利用できるものとしては適用される可能性のある最高金利を見ることです。金利と言うのは信用の高い人には低く、信用が低い人には高く設定されます。

信用が低い場合には、審査には通りにくい訳ですから、エルパスの最高金利である14.8%よりも設定が高くなければ貸せないと判断されれば審査には通らない訳です。

では14.8%というのはどの程度の審査の難易度になるのかと言うと、14%台と言うのは他の銀行とも同程度で、大手消費者金融よりもかなり低い設定になります。

ですからエルパスの難易度は他の銀行のカードローンと同程度の難易度であり、大手消費者金融よりも厳しくなると考えることができます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
地方銀行のキャッシングを利用しよう!大手との違いに注意して選ぼう

利用限度額は審査で決まるが最初はそう大きな額にはならない

では申込者がもう一つ気にするであろう自分に適用になる利用限度額はどの程度になるのか、ということです。

キャッシングについてあまり知らない人の場合、利用限度額の上限が1000万円と言う場合自分もそれに近い借り入れができるように思いがちですが間違ってもそんなことは有りません。

利用限度額を決めるのは信用の高さということになります。この信用と言うのは社会的な信用ではなくて、あくまで金融機関と利用者のお付き合いの程度を金融機関の判断で決めたものです。

したがって例えばそれまでに大きな定期預金でもしていればお付き合いも深まって、信用も高くなっているでしょうが、全く初めてのお付き合いということになると、信用評価も低くなり、設定される利用限度額もそう大きくはなりません。

キャッシングで重要なのは将来どうなるかということ

したがって、最初は大きな借入はあまり期待しないようにしなければなりません。しかしキャッシングというのは他のローンに比べて長期的に借入れを繰り返して利用していくものですから、その点に注意する必要が有ります。

長期に利用していれば、それだけで信用の評価というものは高くなっていくことになります。したがって、最初は評価が低く利用限度額も低額であったとしても、適正な利用を続けて行けば利用限度額も見直して貰えるようになるのです。

利用限度額1000万円と言うのは、このように最初から設定されるものではなく、利用限度額の見直しを繰り返すことによって、徐々に近づいていくものだというとらえ方をするべきでしょう。

もちろんこれには信用を付けるだけではなく、それなりに年収を増やして返済能力を上げて行く必要も有りますから、そう簡単なことではないでしょう。

銀行の審査は厳しくなる方向
本文でも銀行の審査と言うのは大手消費者金融よりも厳しいと説明していますが、それでも現在では多重債務者を生む原因になっているという指摘があり、まだまだ審査は緩すぎると言われています。

このため現在全銀協が中心になって、銀行のカードローンのあり方を再検討しており、近い将来銀行のカードローンの審査が見直され、更に厳しくなると言われています。

そうなってしまうと、これまで融資してもらえた人も、銀行から融資を得るのは難しくなる可能性が出てくることも有るのではないかと考えられています。

確かに銀行の融資で多重債務に陥ったのでは、堪ったものではありませんから、銀行が融資を絞るのも無理は有りませんが、利用者のほうも自分の利用方法をよく見直して返済できなくなるような利用は慎むべきでしょう。

地方銀行のキャッシングには注意が必要!申込みは地域限定

地方銀行の場合には、この他にも注意すべき点があります。最近ではインターネットが有って、他地域でも情報を見ることは難しくありませんが、他地域の地方銀行の場合営業地域の関係で利用できない可能性が有ります。

ですからもし他地域の人がエルパスが良いと思っても利用できないので、早めに利用は諦めて、もっと自分の身近に目を向けてみてはいかがでしょう。地方銀行と言うのは地域密着で金融商品を用意しているのでそれらを狙うべきでしょう。

もう一つキャッシング選びで持つ視点と言うのは自分にとって何が便利になるのかということです。他地域のキャッシングが多機能で良さそうに見えたとしても、それが自分にとって便利な機能かを考えてみて下さい。

自分にとって関係ないのであれば、それは無用の長物といえるでしょう。

申込みは営業地域内でなければならない

キャッシングにはそれぞれ申込条件というものが決められており、それを満たしていないと、そもそも申込むことができません。通常は次の2点が条件になっています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

しかし地方銀行の場合には、これに加えて申込みできる地域が限定されているのが普通です。要するに地方銀行は全国展開しているわけではなく、地域限定で支店網を作っているので、その支店網のある地域に利用が限定されるわけです。

これを営業地域と言い、岩手銀行で言え岩手県、宮城県、青森県の一部などがそれに当たります。したがってエルパスが利用できるのはこの範囲内に居住あるいは勤務先が有って、そこに勤務している人だけに限られることになります。

他地域の人は自分の地域に目を向けよう

では自分にはエルパスは申込できないではないかとがっかりしてしまう人もいるかもしれませんが、たしかにエルパスの利用は難しいですが、そこで諦めてしまうことも有りません。

それは日本全国どこに行ってもなにがしかの地方銀行が存在しているからです。地方銀行と言うのはその地域の支配的な金融機関で都市銀行などと金融商品を横並びにする必要はありません。

したがって、自分の地域にもある地方銀行を調べてみれば、意外にユニークなキャッシングを見つけることができるかもしれません。

また地元だからこそ使いやすいものを見つけられるかもしれません。

ですから自分の身近にあるものに目を向けるのは大変重要なことなのです。支店が近くにあるのであれば一度行ってパンフレットを貰ってきましょう。近くに無ければホームページを覗いてみるだけでも面白かもしれません。

自分にとって何が便利かという視点が必要

最後にキャッシングを選ぶ場合の注意点について説明しておきましょう。

キャッシングにはいろいろなものが有りますが、それぞれ使い勝手が有ります。例えば提携金融機関がたくさんあって、どこに行っても利用できると言えば便利そうに見えます。

しかしそういった提携ATMを利用する場合には手数料がかかるということになるとちょっと問題です。またキャッシングの中には提携金融機関は多少少ないけれどもATMの利用手数料がかからないというものもあります。

どちらを選ぶかは利用者次第です。要するにキャッシングの利用では自分の使い勝手が良いのかどうかと言う基準で選ぶことが重要です。

たとえばさまざまなサービス機能が付いているようなキャッシングが有ったとしても、その内のどの機能も自分は使わないと言う場合には、それらの機能は宝の持ち腐れということになります。

それよりも自分が利用したいサービスが1つだけあったほうが自分にとっては良いキャッシングということになるでしょう。

地方銀行のキャッシングには注意が必要
地方銀行の場合本文で説明したとおり、利用できる地域が限定されるのが普通です。しかし地方銀行の場合法的に営業地域内だけで商売をしなければならないという規定はありません。

やる気になれば日本全国で事業展開をしても構わない訳です。このため、地方銀行の中には支店網を元々の県域を越えて隣県まで広げているところも有りますし岩手銀行でも隣県まで進出しています。

また通常の営業では営業地域内に限って行っていますが、最近ではインターネットを利用して一部の金融商品は全国展開しているような場合も有ります。

キャッシングの場合でもいくつかキャッシングを用意しておいて、その中の一部だけは全国から利用できるようにしているところも有ります。

地方銀行を調べる場合には、そういった点も見逃さないように注意して下さい。

ここで岩手銀行のキャッシングについて纏めておきます。

  • 岩手銀行のエルパスと言うキャッシングは1000万円までの融資に対応
  • エルパスの申込みは岩手銀行に普通預金口座を持っている必要が有る
  • エルパスの審査は他の銀行のキャッシング並の難易度
  • 地方銀行の場合には申込みができる地域が限られるので注意が必要

エルパスは要するに借金ですから、借入れを考えたとしても、やはりまず考えなければいけないのは借りなくて済む方法はないかと言う点です。これを忘れないようにして下さい。

【参考記事】
通りやすいキャッシングは?銀行系・信販系・消費者金融審査難易度比較

閉じる
閉じる