どうしても審査に通りたい人向けサイト

短い勤続年数ではキャッシング審査に不利?信用評価は確実に下がる!

キャッシングは審査に通過しなければ利用できません。この審査では様々な観点の確認が行われますが、主な目的としては返済能力と信用が評価することにあります。この信用の評価では勤務先での勤続年数も確認の対象になります。

勤続年数が短すぎると場合によっては審査が否決になる場合も有りますし、可決されるにしても信用評価は低く、利用限度額や金利が不利な設定にされてしまうこともあるなど、審査に重要な影響を及ぼすことがあります。

ただし、当初は不利な設定になってしまったとしても、利用を続けていれば、勤続年数も伸びますし、利用実績もできますから、それによって信用の評価が上がるため、改めて審査を受けることによって有利にしていくことができます。

キャッシング審査では何が行われるのか?勤続年数も審査対象になる

キャシングの審査では主に返済能力と信用が確認されます。金融機関はこれ等の点について様々な方向から評価を行い融資するかどうかの判断を行っているのです。どちらかに問題が有れば融資することは有りません。

信用の評価では勤務先での勤続年数も考慮され、ある程度以上勤続していれば高評価になりますが、新卒だったり、職場を転々としていて勤続年数が短い場合には審査での信用評価は低くなってしまうことになります。

勤続年数が非常に短期間ということになると、社会人としての安定性の評価がまだできないため、金融機関の信用評価は大変低くなってしまい、場合によっては審査は否決になってキャッシングの利用はできなくなってしまいます。

審査で重要になるのは返済能力と信用

勤続年数と審査の関係を説明する前に、そもそも審査では何が行われているのかを説明しておく必要が有ります。キャッシングなどのローンの審査と言うのはそれぞれの金融機関がキャッシング毎に用意した審査基準によって行われることになります。

しかし審査基準と言うのは金融機関が長い年月をかけて作り上げてきたもので、様々なノウハウが詰まっており一種の財産と呼べるもので、公開されるようなことは有りません。このためどのような審査が行われるのかは想像するしかありません。

しかしどういったことの確認が必要なのかを考えれば概ねどういった確認が行われているのかは分っており、次のような確認が行われることになります。

  • 申込者が本人である事の確認
  • 申込者に返済能力が有るかどうかの確認
  • 申込者を信用して良いかどうかの確認

他人を偽って申込めば犯罪ですが、本人が申込んでいるのであれば一件目は問題ありません。ですから審査では要するに返済能力と信用の確認が行われるということになります。

勤続年数は信用評価に関係が有る

そこで勤続年数の話になりますが、勤続年数の場合返済能力と信用の両方に関わってきます。勤続年数が短ければそう大きな返済の能力は無い可能性が有ります。

ただし返済能力は主に年収額から判断されますので、この点では勤続年数は大きな指標にはなりません。

しかし勤続年数は社会人としての安定性を示すものと言う認識が有るため信用評価のための指標としては大きな意味を持ってきます。

この勤続年数の評価は次のような基準で行われるのが普通です。

勤続年数 信用評価
6か月未満
6か月以上1年未満
1年以上2年未満
2年以上5年未満
5年以上10年未満
10年以上

どのように評価するのかはキャッシングを提供している金融機関や保証会社次第ですが、概ね1年以上あればそれによって審査が否決になるような影響は無いようです。

10年以上になれば非常に高評価になるので、信用の審査の評価自体も高くなると考えられます。

勤続年数が短すぎると審査否決になる可能性が有る

しかし勤続年数が1年未満ということになると、収入の安定性も、生活自体の安定性もまだ疑問符が付くため、審査での信用評価は非常に下がってしまいます。

例えば新卒で入社した場合を考えてみましょう。定着率と言う言葉が有りますが、最近は1社に長く在籍するということも少なくなってきていて特に新卒の場合にはすぐにやめて行く人も多いため評価は下がってしまいます。

また 転職の場合も、そこに定着する場合も有れば、短期間で転職を繰り返す人もいますから、金融機関のほうはそれを簡単には見極められず、やはり転職直後の評価はそれほど高くすることはできません。

このため、勤続年数1年未満で短ければ短いほど審査では不利になり、場合によっては審査否決の直接の原因になってしまう可能性もあります。

転職予定が有る場合には要注意
年功序列が崩れてしまって最近では転職することは特に珍しいことではなくなってきましたから、近々転職を考えている人もそう少ない数ではないはずです。

そこで転職したら生活が安定するまではキャッシングを上手に利用しようと考える場合も有るでしょう。しかし転職直後と言うのは勤続年数の評価は非常に低くなってしまい、審査に通過できる保証は有りません。

ですから、もしキャッシングの申し込みを考えているのであれば、勤続年数が少しでも長くなるように、退職する前に申込んだほうが、審査通過の可能性は高くなるはずです。

よく先のことを考えたうえで、キャッシングはなるべく自分の評価が高くなるような時期を選んで申込みを行うようにして下さい。

信用評価は利用限度額や金利に影響する!評価が低ければ不利な設定

ローンの審査と言うのは融資の可否を判断するものと考えていると思いますが、キャッシングの場合にはこれに加えてその利用者に設定される利用限度額と金利も審査で決定されることになっています。

利用限度額と金利は利用者の審査での信用評価に沿って決められることになり、審査での信用評価で有利な借入れもできれば不利な借入れを強いられることにもなります。利用限度額と金利を見れば自分の信用評価が分る訳です。

ですから勤続年数が短かった場合には審査での信用評価は低くなってしまいますから、たとえ審査が否決にならなかったとしても、利用限度額は非常に低額で、適用になる金利はそのキャッシングでの最高金利になる場合も有ります。

審査では適用される利用限度額や金利も決定される

キャッシングの申込みでは審査に通過できるかどうかが最大の問題ですが、審査で行われるのは融資の可否を決定するだけではありません。もう一つ重要な役割を持っていて、これも利用者には重要な意味が有ります。

審査では融資の可否の他、利用者に適用することになる利用限度額と金利も決定されるのです。

利用の可否は返済能力と信用で決まりましたが、利用限度額と金利は主に信用の評価によって決定されます。

金融機関の信用評価と言うのは説明したように勤続年数なども関係しますが、お付き合いというものが非常に大きなウェートを締めています。

したがってキャッシングの申込みで初めてその金融機関を利用しようという場合には信用評価というものはそもそも低いもので、利用限度額や金利もそれに沿って決定されることになります。

利用限度額と金利は信用評価と相関関係が有る

信用の評価と利用限度額、金利との関係は次のようになっています。

信用評価 利用限度額 適用金利

つまり審査での信用評価が高ければ高額の利用限度額を低金利で利用できますが、信用評価が低くなってしまうと、低額の利用限度額を高金利で借りなくてはならなくなるわけです。

先ほど説明したように初めて利用するような場合には例えば利用限度額の上限が500万円だったとしても適用される利用限度額が100万円を超えるようなことはまずありません。

また 金利もそれに合わせてそれ程低い設定になる事も有りません。

勤続年数が短い人の利用限度額と金利

さてそれに加えて更に勤続年数が短い人はどうなるのかについて考えてみましょう。

ただでさえ申込みの直後で信用の評価が低くなってしまっているのに、勤続年数が短い訳ですから、信用評価は更に低くなってしまうことになります。

その場合適用される利用限度額は10万円程度になってしまう可能性も有ります。そうすると金利はそのキャッシングで付けられる最高金利になるはずです。

つまり勤続年数が短い人の場合、厳しい条件での融資の利用をしなければならなくなくなる訳です。

審査に通過ができたとしても、やはり勤続年数が短い人の場合には利用条件が厳しくなってしまうという事です。

最近では安易に転職を繰り返す人も珍しくありませんが、世の中の評価はまだまだ変わっていないということは憶えておきましょう。

信用評価と審査の難易度
審査の難易度には金融機関の種類によって序列のようなものが有ります。一般的に考えられている序列は次のようになっています。

(難)銀行 < 大手消費者金融 < 中小消費者金融(易)

審査の難易度と言うのは信用の評価とも深くかかわっています。つまり審査が厳しいというのは、信用評価も厳しいということで要するに銀行の審査では信用が低ければ通過できないということになり、それだけ適用される金利は低くなります。

これに対して大手消費者金融の場合には銀行よりも信用評価が緩くなるため、審査の難易度も緩くなりますが、適用される金利は高くなってしまいます。

中小消費者金融の場合には更に審査は緩くなりますが、金利はさらに上がる可能性があるということです。

当初の設定が不利でも有利にしていける!評価を上げる方法とは?

このように勤続年数が短い場合にはかなり不利な条件でキャッシングを利用しなければなりません。しかし信用的にそういった借入れしかできない訳ですから、まずは与えられた条件で暫くは使い続けるしかありません。

信用評価と言うのは常に変動するもので、キャッシングを利用している間も変わっています。キャッシングを与えられた条件で適正に利用を続けていれば、これも評価の対象となり、信用は徐々に上がっていくはずです。

こうしてしばらく利用を続けていれば、利用限度額や金利を見直すことができる程度の信用になるため、この時点で再度審査を受ければ評価が上がってもっと高い利用限度額で低金利と言う有利な条件にできるのです。

まずは不利な条件でも使い続けることが重要

勤続年数が短い人は、ここまで読んできて困ったと思っているかもしれませんね。勤続年数が短いというだけで借りられたとしても不利な条件で借りなければならないのかと不満に思うかもしれません。

しかし、それは金融機関の評価した現状の自分だということを理解しなければなりません。

他のキャッシングを申込んだとしても、やはり似たり寄ったりの条件になっていたはずで、それ以上の好条件にはならないでしょう。

キャッシングと言うよりも金融取引全般に言えることですが、最も重要なのは信用で、信用評価が低い間は不利な条件でしか取引きはできないのです。

したがってキャッシングの審査で不利な条件になってしまったとしても、まずはそれを受け入れて、その条件で使い続ける事が重要になるのです。

適正な利用を続けていれば信用評価も上がってくる

しかし、信用の評価というものは、状況次第で刻々と変わっていくものであることも忘れてはいけません。不利な条件での利用を強いられたとしても、適正な利用を続けていれば、それ自体が金融機関とのお付き合いになるのです。

先ほど説明したように信用の評価は勤続年数だけではなく様々な要因で評価されます。中でも最も重視されるのがお付き合いの状況です。

勤続年数が短かったとしても、しっかり借りたものを返すことが示せれば評価は上がっていくのです。

ですから最初は不利な条件かもしれませんが、借りては返すという適正な利用を続けてさえいれば、金融機関の見る目も変わってきて、徐々にではあっても信用が上がっていくことに繋がるのです。

利用限度額や金利を有利な設定にする方法

でも利用限度額や金利は既に決まっているのだから、いくら評価が上がっても遅いと考える人もいるでしょう。しかしキャッシングの説明をよく読んでみれば分かるように、利用限度額と言うのは増額してもらえるのです。

金融機関と言うのはお金を貸して、返済するときにつけてもらう利息が利益に繋がっていきます。したがってお金はたくさん借りてもらったほうが有利なのです。ですから適正な利用を実践していれば利用限度額を増額したほうが良いのです。

そこで再度審査を行って信用の評価をやり直すことで、適用される利用限度額と金利を改めて決定することで、事実上利用限度額が増額され、金利もそれに見合うだけ低い設定に変えることが出来るわけです。

もちろんここまで行くためにはキャッシングによって違いが有りますが、概ね半年程度適正な利用を続けることが必要になります。

この利用限度額の増額を繰り返すことによって徐々に大きなお金を借りることができ、金利も下がって有利な利用が出来るようにもなっていくのです。

利用限度額の見直し審査
本文では利用限度額の増額として説明していますが、実際には増額審査ではなく、利用限度額の見直し審査と言います。要するに再度審査をして適用される利用限度額と金利を見直すための審査ということになります。

したがって本文のように適正利用を続けていれば信用評価が上がって利用限度額の増額に繋がりますが、もし適正利用とは言えないような使い方をしていたり、他に信用を落とすような事をしていたら再度の審査では信用評価は下がるかもしれません。

そうした場合も利用限度額の見直しのための審査ですから、低くなった信用に沿って利用限度額が決められ、それに合わせて金利も見直されます。

したがってこの場合、利用限度額の増額どころか減額になってしまうことも有る訳です。

ですから例えばキャッシングの利用中に、別のキャッシングの利用を始めてしまったというように信用評価を落とすようなことをしている場合には、不利な条件で利用しているにしても利用限度額の増額の申込みをしてはいけません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利用限度額は増額できる!基本になるのは信用の高さ?

そもそも返済できますか?借入れ前に自分の返済能力を確認しておこう

キャッシングは借入れたら返済しなければなりません。勤続年数がまだ短い場合には、それ程高額な収入が有るとは思えませんので、そう大きな返済能力が有るとは思えません。借入れには十分注意しなければなりません。

そこで借入れの前には必ず自分の返済能力をしっかり計算してみましょう。返済能力は収入からだけでは正確には計算できません。自分の支出も考慮して、月々どの程度の経済的余裕が有るのかを考慮しなければなりません。

もし自分の返済能力では返済して行けないと判断した場合には、どんなにお金が必要であっても借入れしたら自分の首を絞めることになるので止めなければなりません。そういう場合には借入れ以外の方法を模索すべきでしょう。

勤続年数が短ければ収入も少なく返済能力は低いはず

キャッシングは申込時点では審査に通るかどうか、あるいは適用になる利用限度額や金利は気にしますが、借りることに必死でその後のことをあまり考えないでとにかく借りてしまう人が多いようです。

しかし最も重要なことは借入後から始まる返済なのです。

返済ができればそれによって信用は上がりますが、もし返済ができなければ、大きく信用を失うことにもなってしまいます。

勤続年数が少ないという場合、乞われて転職というような特殊な状況でなければ、収入額はそれほど大きいとは思えません。その状態で返済を続けて行くことになる訳ですから、返済していくのはそう簡単ではないはずです。

自分の返済能力を計算してみよう

そこでそういった状況では返済に行き詰ってしまう可能性も無いとは言えません。ですからキャッシングを利用する場合には、本当に自分が返済して行けるのかどうか、確認してみることが重要になって来ます。

ではどのように確認すれば良いのかと言うと、要するに返済と言うのはこれまでの支出に加えて余分にかかってくるお金ということになりますから、返済額以上の余裕が有れば返済して行けるということになります。

自分にどれほどの余裕が有るのかということは月々の収支を計算してみれば一目でわかります。そこで次の数式を使って過去1年分程度の自分の月々の収支を計算してみて下さい。

月々の収支 = 月々の収入 - 月々の支出

もし収支が常に返済額以上になっていれば、今後も返済額の捻出ができると判断しても構わないでしょう。しかし返済額を下回ってしまう月が有れば返済が難しくなってしまう場合が出てくる可能性が有るということになります。

その場合には支出内容を見直して節約点を見つけられるかを考えておく必要が有ります。そういった点を予め想定して返済計画に纏めてからキャッシングの利用を始めましょう。

読者の中には自分の支出額の詳細は分からないという人もいると思いますし、男性の場合にはそういう人のほうが多いかもしれません。

しかし自分のお金と言うものはしっかり管理しておく必要が有ることは分ると思います。お金を借りるのであれば、まずは自分のお金が管理できるようになってからにしたほうが無難でしょう。

返済できそうにない場合には借入れは見合わせよう

もし収支が返済額を下回る月が度々あるということになると、そもそもキャッシングの利用ということ自体に無理が有るということです。

安易に返済できると思い込んで借入れしてしまうのは絶対にやめましょう。

もし借入れしてしまうと途中で返済できなくなってしまうことも十分に考えられます。

ただし、何かの買い物やレジャーのようなものに利用するお金であれば先に延ばせばよいだけですが、生活費が足りないということも有るでしょう。

その場合にはまず行わなければならないのは生活の見直しです。生活と言うのは自分の収入の範囲内で行うものです。足りないということは生活レベルが合っていないのです。まずはそういうところから見直してみて下さい。

もうこれ以上生活レベルが落とせないということになってきた場合には、もはや自分の収入では生活できない訳ですから、生活保護の利用も考えなければなりません。

返済できなくなるとどうなるのか
もしキャッシングの返済ができなくなってしまった場合にはどうなるのでしょうか。まず返済がされなくなると督促状が金融機関から送られてきます。

それでも返済しなければ回収担当から電話が入るようになります。場合によっては訪問を受けるようなことも有ります。そうなっても返済に応じなければ、最終的には催告書というものが送られてきます。

それには返済に応じなければ法的な措置をとるというような事が書かれており、期限を過ぎれば裁判所の判断を待って、書かれている措置が取られることになります。

たとえば差し押さえなどが行われて、返済額分の物品が持っていかれることになってしまいます。

通常はそこまで行く前に弁護士などに相談して債務整理などが行われ、必要な場合には自己破産するというような対応が取られます。

ここで、短い勤続年数ではキャッシング審査について纏めておきます。

  • キャッシング審査では勤続年数も信用評価の対象になる
  • 信用評価は適用される利用限度額や金利の決定に影響する
  • 当初設定される利用限度額や金利が不利でも利用を続けていれば見直して貰える
  • 勤続年数が短く収入が少ない場合返済していけるか予め確認しておいたほうが良い

勤続年数が少ない場合はまだ社会人としては一人前とは言えません。焦ってキャッシングを利用するよりも、まずは自分の経済基盤をしっかり作ることを優先させましょう。

閉じる
閉じる