どうしても審査に通りたい人向けサイト

セブン銀行のキャッシングは口座開設が必要!即日融資は難しい!?

セブン銀行は最近設立が相次いだネット銀行の1つで、コンビニ大手のセブンイレブン等が主体となって設立されたもので、キャッシングも他の銀行と同じように金融商品の1つとして提供されていて、申込時は最高50万円まで融資の可能性が有ります。

ただしキャッシングを利用するためには、セブン銀行に普通預金口座を持っている必要が有るため、持っていない場合には、キャッシングの申し込み時に、同時に普通預金口座の開設の申込みを行っておく必要が有ります。

審査の難易度としては、他の銀行と同程度かあるいは若干緩いと言われていますが、大手消費者金融などと比べた場合には、やはり銀行ということで、厳しいということになるので、申込みには注意してください。

セブン銀行ってどういう銀行?キャッシングも提供されている

セブン銀行というのはコンビニ大手のセブンイレブンを要するセブン&アイ・ホールディングスの金融部門の中核となるグループ企業で、後発の銀行のため、店舗展開と言うよりもインターネット上で営業しているネット銀行です。

セブン銀行では他の銀行とはちょっと違いローンはローンサービスとして一括りに扱われ、カードローンと言う形で融資が行われます。ですから他の銀行のように目的に沿った目的別ローンという商品は有りません。

融資は申込時は最高50万円までとされていて、利用中に100万円までの増額ができるようになっていますが、近いうちに50万円超の融資枠への増額申込みの受付は終わることになっているので注意が必要です。

セブン銀行はいわゆるネット銀行

最近になってセブン銀行と言う名前をよく聞くと感じたことはりませんか。

セブン銀行はコンビニ最大手のセブンイレブンをはじめスーパーのイトーヨーカドーを要するセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業で、セブンイレブン等の店舗にATMが設置されていて便利なことから多くの金融機関が提携しています。

このためセブン銀行を利用していなくてもセブン銀行のATMを利用するという人も多く、その分よく名前を見たり聞いたりしているというわけです。

このセブン銀行は都市銀行や地方銀行などのように長い歴史をたどって、徐々に支店網を構築しているというわけではないので、主な利用方法はインターネット上に開設されたホームページとなっている、いわゆるネット銀行に分類されます。

セブン銀行のキャッシングとは

ネット銀行と言っても銀行ですからお金を貸して利息を取るという形が変わる訳ではありません。セブン銀行の融資はローンサービスということで纏められていて、融資の利用はカードで行うカードローンという形で提供されます。

要するにセブン銀行の個人向け融資はこのカードローンと言う形のキャッシングだけということです。このキャッシングの仕様は次のようになっています。

商品名 ローンサービス
融資額 10万円、30万円、50万円、(70万円、100万円)
金利(年利) 限度額10~50万円:15%、70~100万円:14%
返済方式 利息の支払い:元加方式 返済額は限度額により月々固定

他と特に違っているのが、返済方式でまず利息の支払いが元加方式になっています。元加方式と言うのは返済日に利息の額を元本に組み入れます。その後で利用限度額ごとに決められている固定額が引落されます。

利用限度額に対する返済額は次の通りです。

利用限度額 月々の返済額
10万円 5000円
30万円 1万円
50万円 1万円
70万円 1万5000円
100万円 1万5000円

このように利用限度額が高額になると返済も高額になるので、高額の融資が欲しくて高額の利用限度額を選んだ場合返済が苦しくなるので要注意です。

キャッシングの利用限度額は当初は50万円が上限

キャッシングの利用限度額は表に示したように、現在100万円ということになっていますが、新規の申込みでは50万円が上限とされていて、それ以上の高額の利用限度額は、利用を始めてから増額していくものという位置付けです。

ただしこの70万円と100万円の利用限度額は近く廃止されることになっていて、セブン銀行のキャッシングの利用限度額の最高額は50万円になる事になっています。

したがって最初は50万円以下の利用限度額で始めるのは良いが、いずれは100万円まで上げて貰うつもりで、申込みを行なおうと考えているのであれば、増額はできないので別を探したほうが良いでしょう。

最近では利用限度額を見直して高額化しているところが多いのですが、逆に50万円以内にして多くの人に利用してもらおうという方法に進んでいるものも有るので、申込みする場合は将来を見越して選ぶようにして下さい。

~利用限度額の増額には審査が必要~
セブン銀行のキャッシングでも同じですが、申込み後半年ほど適正な利用を続ければ、信用できる人間だということで信用評価が上がって、利用限度額を見直して貰えるようになるのが普通です。

ただし、利用限度額を増額してもらうためには改めて審査を受けることが必要で、増額のための申込みを行うことで、この審査を受けることができます。

セブン銀行の場合、利用限度額は70万円と100万円が無くなりますから、増額と言っても10万円あるいは30万円の利用限度額になっている場合だけ増額審査を受けて30万円あるいは50万円にしてもらえる可能性が有るということになります。

ただしこの増額も審査ですから、必ず通るというものではなく、増額されない場合や、評価が下がってしまって減額になるというようなことも有るので、増額の申込みは慎重に考えなければなりません。

セブン銀行のキャッシングの申込みは普通預金口座の開設が必要!

銀行が提供するキャッシングの申込みでは、その銀行の普通預金口座を持っていることを前提にしている場合が多く、セブン銀行のキャッシングの申込みを行う場合もセブン銀行に普通預金口座を持っている必要があります。

ただし、セブン銀行はまだまだ駆け出しの銀行と言って良い段階ですから、既に普通預金口座を持っているという人はそう多くは無いでしょう。このためキャシングの申込みを行う際には、普通預金口座の開設も同時に申込むことができます。

ただし、既に普通預金口座を持っている場合には、審査に問題が無ければ即日融資が可能なくらいすぐにキャッシングの利用が可能になりますが、普通預金口座の開設が必要な場合には1週間程度の時間が必要になってしまいます。

セブン銀行のキャッシング申込みは普通預金口座が必要

セブン銀行はネット銀行の一つだということは説明しましたが、ネット銀行はまだまだできたばかりの銀行で利用者と言うのはこれまでの銀行に比べればそれほど多くは有りません。

そこで経営を安定させるためには、とにかく利用者を増やさなければならない事が至上命題です。

そこでキャッシングを考えてみましょう。以前はどの銀行でもキャッシングを申込むためには、自行に普通預金口座を開設してくれと言っていました。これはやはりその分利用者を確保できるからと言う理由だったはずです。

しかし最近になって普通預金口座を持っていなくても利用出来るというキャッシングも増えてきています。これは普通預金口座を前提にしていては利用者が固定されてしまって他の銀行の利用者を取れないというマイナス面が有るからです。

しかし殆どのネット銀行では、やはり普通預金口座を作ってもらってそこを足掛かりに様々な金融商品の利用につなげたいと考えていて、キャッシングの申込みでは今でも普通預金口座を持っているという前提を付けています。

セブン銀行のキャッシングでも申込みするにはセブン銀行に普通預金口座を持っていなければならないということになっています。

普通預金口座はキャッシングと同時に申込みが可能

ただし先ほども説明したように、そもそもセブン銀行などのネット銀行の利用者と言うのはまだまだ少ない訳ですから普通預金口座を持っている人もそうそう居ない筈で、予め普通預金口座を作ってまでキャッシングを申込もうとも思わないでしょう。

そこでこういった場合どの金融機関でも同じですが、キャッシングを申込む際に普通預金口座が必要な前提になっている場合には、キャッシングの申込みと同時に普通預金口座の開設の申込みができるようになっています。

ですからセブン銀行のキャッシングは実質的にはセブン銀行の普通預金口座が無かったとしても、申し込むことが出来、利用開始時に普通預金口座の開設ができていれば良い訳です。

普通預金口座を申込んだ場合はキャッシングの利用まで時間を要する

ただし、セブン銀行のキャッシングの場合、既に普通預金口座を持っている場合と、キャッシングの申込みと同時に普通預金口座の開設の申込みを行った場合では、利用開始時期に違いが生じることになります。

既に普通預金口座を持っている場合には、キャッシングの審査が終わればすぐに融資を利用することができます。セブン銀行のキャッシングの審査は最短10分と言われ申込み時間にもよりますが即日融資にも対応しています。

しかしキャッシングの申込みと同時に普通預金口座の開設の申込みを行った場合には、利用開始は普通預金口座のキャッシュカードを受取った後ということになるので、概ね1週間程度の時間が必要になってしまいます。

なぜキャッシュカードの受け取り後でなければ利用できないのかと言うと、キャッシュカードは本人限定受取郵便で送られます。この郵便は受取る段階で日本郵便が本人の確認書類で受取者を確認して手渡しを行います。

セブン銀行の場合、利用者の本人確認をこの本人限定受取郵便で行っているというわけです。このためこの郵便を受け取ることが審査の一環になっているのです。

したがって、セブン銀行のキャッシングはキャッシュカードを受取った後でなければ利用できない事になっているのです。

~銀行のキャッシングに普通預金口座は本当に必要なのか~
キャッシングの申込みで普通預金口座の開設が必要と言うのは利用者に取って大変煩わしいものです。社会人であれば既にどこかに普通預金口座を持っているのが普通ですから、キャッシングで作れば2つ管理しなければならなくなってしまいます。

そこでキャッシングに普通預金口座が本当に必要なのかを考えてみましょう。まずキャッシングの利用だけを考えれば、同じようにキャッシングを提供している大手消費者金融では必要ない訳ですから、そもそも必要ではありません。

しかしキャッシングの利用環境と言う面から考えれば銀行も便利な利用法を提供するために普通預金口座が有ったほうがやりやすいという面はある筈です。

したがって、あとは利用者の好みの問題で、普通預金口座が必要ないものを申込むか、あるいは便利さを追求して新たな普通預金口座を開設するのかを、自分の使い勝手が良いように選べば良いのではないでしょうか。

セブン銀行のキャッシングの審査は緩いのか?他の銀行と同程度

ではセブン銀行のキャッシングの審査はどの程度の難易度なのでしょうか。セブン銀行は新興の銀行とは言え、銀行ですからお金を借りるのは他の銀行と同じ程度の審査は行っているものと考えられます。

ですから審査の難易度としては他の銀行並みで消費者金融よりもちょっと厳しいと考えなければならないでしょう。利用者確保のために審査は緩いだろうなどと安易に考えていると否決になってしまいかねません。

このため申込みを考えている場合には、まずは自分の返済能力を計算して返済できることを確認し、また過去に金融事故などを起こしていないかどうかよく思い出して、審査に通過できそうと判断できでから行うようにしましょう。

セブン銀行の審査は他の銀行と同程度か若干緩めと考えられる

キャッシングを申込もうと考えた場合、やはり気になるのは審査の難易度でしょう。申込んだとしても審査に通らなければ利用することはできませんから、申込者としてはなるべく難易度の低いキャッシングを狙いたいと考えるのが普通です。

そこでセブン銀行のキャッシングの審査の難易度ですが、インターネット上の口コミ情報を見ると、緩いという話が目立ちますが、中には審査に落ちたという話も散見されていて、それなりに利用できない人もいることが分ります。

これだけの情報では正確な判断はできませんから、もう一つ金利から審査の難易度を考えてみることにしましょう。金融取引の金利と言うのは信用が低い人には高く、信用が高い人には低く設定されることになります。

したがってキャッシングの難易度を判断する場合設定される可能性のある最大金利を見ればある程度の難易度を判断でき、最大金利が低ければ低いほど審査は厳しいと考えられます。

そこでセブン銀行のキャッシングの最大金利と他の金融機関の最大金利を比較したのが次の表です。

キャッシング 最大金利
セブン銀行カードローン 15%
銀行のカードローン 14%台
大手消費者金融のカードローン 18%
中小消費者金融のキャッシングローン 20%

この数字から判断すれば、セブン銀行のキャッシングは他の銀行のものよりも若干審査は緩いか、あるはほぼ同程度と判断できそうです。

消費者金融も含めて考えると厳しいほうに入る

しかし大手消費者金融のものに比べれば、かなり数字が小さいですから厳しいと判断することができます。ネット銀行とは言えども銀行は銀行ですから、それなりの信用が備わっていなければ融資はできないということです。

したがって、キャッシングと言う括りで審査の難易度の位置付けを考えれば、セブン銀行のキャッシングの難易度は厳しいほうに入るということになるでしょう。

もし銀行のカードローンを利用したいが、一般の銀行のカードローンの審査では難しいと考えらええる場合、新たな分類であるネット銀行なら審査に通過できるのではないかと考えてセブン銀行のキャッシングを申込む場合もそう楽観はできません。

安易に申し込めば審査は否決になって、申込ブラックになることも有るので注意してください。

自分で審査通過の可能性を探ってみよう

そこで申込みの前に自分の審査通過の可能性を探っておきましょう。

審査と言うのはキャッシング夫々で内容が違いますが、概ね次の項目について確認が行われることになります。

  • 本人確認
  • 返済能力
  • 信用

本人が申込んでいれば本人確認で否決になるようなことは無いので、問題になるのは返済能力と信用ということになります。返済能力は次の項目が確認されます。

  • 一定額以上の年収があるか
  • 安定した月収が有るか

一定額以上と言うのは難しい表現ですが、200万円と言われる時期も有り、キャッシング毎に判断は違うと考えられこの額の前後ということが想定できます。

またキャッシングの返済は月々行われるので月収が安定していることが大変重要です。このため職業や職種によって評価が変わり、正規採用の会社員などは評価が高くなりますが、自営業者などの場合にはあまり高い評価はされません。

信用は過去に金融事故を起こしていないかどうかを利用者情報を共有するための信用情報を参照して問題が有るかどうかの確認が行われます。

そこで申込みの前にこれ等の点で自分に問題が無いかどうかよく検討して、何らかの問題が有るのであれば、もっと難易度の低いところを探したほうが無難でしょう。

~審査の難易度を口コミ情報で判断するのは止めたほうが良い~
審査の難易度と言うのはなかなか判断がつかないため、良く利用されるのが本文でも触れているインターネット上にある口コミ情報といわれるもので、様々な情報が溢れていますが、金融についての話は最も多くの情報を見つけることができます。

この口コミ情報は以前は実際の経験者の話だけだったので、それなりに有用だったのですが、それが申込者の数にも影響が出るようになると今度は利用者を増やしたい業者が偽の情報を流すようになって一気に信ぴょう性が下がってしまいました。

またこういった情報には一定数の愉快犯が存在し経験したことも無いのに経験談を書き込む場合も有るため、今や口コミ情報はそのままでは信頼することができなくなってしまいました。

またそもそも誰かの体験談が真実だとしてもそれが自分にも当てはまる保証など全くないのです。どうしても口コミ情報を利用したい場合には別経由からその情報の裏を取ってから利用するようにして下さい。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

セブン銀行のATMがどこにある?全国で利用可能!

セブン銀行はネット銀行ですから店舗を構えているわけではないですが、コンビニのセブンイレブンやスーパーのイトーヨーカドーなどセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業の店舗などにATMが設置されています。

セブンイレブンなら何処にでもあるので利用に困るようなことはあまり考えられませんが、それでも注意が必要なのはセブン銀行のキャッシングでは提携ATMが有りません。

ですから利用する場合には自分の周囲にATMが有るかどうか注意が必要です。

このように便利そうなセブン銀行のキャッシングですが、ATMの件など自分に本当に便利なのかどうかは、自分にしかわかりませんから、申込みを行う場合には自分の使い勝手を考えて選ぶようにして下さい。

セブン銀行のATMは全国のセブンイレブン等に設置されている

キャッシングの使い勝手を決める一つのポイントになるものとしてはATMがあります。利用出来るATMが少ない場合には、どれだけ高額融資で金利が低かったとしても使いにくくて仕方が無いでしょう。

セブン銀行は他の金融機関が進んで提携していることからも分かるように全国に出店しているセブンイレブンやイトーヨーカドーなどにATMを設置しており、かなりの田舎町でも見つけることが可能になっています。

したがって、セブン銀行のキャッシングの場合も全国で利用することができる為、例えばあまり馴染みのない地域に出張などに行ったとしても利用出来るATMを見つけることができないというような事にはならないと考えられます。

セブン銀行のキャッシングが利用できるのはセブン銀行のATMのみ

ただし他の金融機関が提携を申し入れたとしても、逆も成立しているかと言うとそうではありません。

つまりATMの利用から見れば提携金融機関のキャッシングのローンカードはゼブン銀行のATMを利用することができるわけですが、セブン銀行のキャッシングのローンカードは他の金融機関のATMの利用ができません。

要するにセブンイレブンを利用出来るセブン銀行の場合には他の金融機関のATM網を当てにする必要が無いということです。

ただし、地方に行った場合にはセブンイレブンの店舗網も都市部ほどの密度は無いため、やはり、もう少し数を増やしたほうが良いような地域も無いとは言えません。

やはりセブン銀行も手薄になっている地域では地方銀行などのATMが利用出来るようにしておくべきでしょう。

使い勝手を考えてキャッシングを選ぼう

このように利用を考える場合にはATMの位置など自分を基準にした使い勝手をよく考えておかなければなりません。セブン銀行はどこでも利用出来ると言えますが、場所によっては利用が難しい場所が無いとは言えません。

そこでキャッシンッグを選ぶ場合には、そういった点を含めて、自分のキャッシングへの要求事項を整理して、自分が使える範囲のキャッシングの中から、最も要求を満たすものを探すようにすればよいものが選べるでしょう。

キャッシングを選ぶ場合には、どうしてもテレビでコマーシャルを流しているような有名どころに目が行ってしまい、ろくに選ばないで決めてしまうような人が多く、利用を始めてから使いにくいと感じる場合も少なくありません。

キャッシングは非常に長期に利用することになるので時間をかけてじっくり選ぶようにして下さい。

~セブン銀行には少数ながら窓口も有る~
セブン銀行はネット銀行ですから、店舗として営業しているということではありませんが、イトーヨカードー等の大型店舗を持っているところには店舗の一角を改装して窓口を設置しているところが有ります。

もちろん全ての大型店舗に設置されているというわけではありませんが、自分の近くの店舗に窓口が有る場合には、ネットでは面倒な場合には店舗に行って相談することができるようになっているので便利です。

また窓口が近くに無かったとしても、フリーコールを利用して21時まで対応してくれますし、ホームページ上に作られたダイレクトバンキングから問合せを行う事も可能になっているので、分らない点があればすぐに確認しするようにしましょう。

ここでセブン銀行のキャッシングについて纏めておきます。

  • セブン銀行はセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業で50万円までのキャッシングを提供している
  • セブン銀行のキャッシングの申込みは普通預金口座が前提になる
  • セブン銀行のキャシングの審査は他の銀行並みで消費者金融よりも厳しい
  • セブン銀行のATMは全国のセブンイレブンなどに設置されている

セブン銀行のキャッシングはATMがセブンイレブンに設置されているため買い物時に利用しやすく、使いすぎないようにしなければなりません。注意してください。

【参考記事】
ネット上からキャッシングを申し込みたい!何かデメリットってあるの

閉じる
閉じる