どうしても審査に通りたい人向けサイト

ショッピング枠の利用がキャッシング審査に影響?適正利用で影響無し

クレジットカードは元々ショッピングでの利用が主な機能で、現在でもショッピング枠は使っているがキャッシング枠は使っていないという人も多いはずですし、お金を借りようという場合には、別途キャッシングローンを利用する場合も有ります。

そこで心配になるのがキャッシングローンを申込む場合ショッピング枠を利用していることが、キャッシングの審査に影響するかどうかと言う点です。

通常の場合、ショッピング枠はお金を借りているとは解釈されませんから、キャッシングローンの審査とは切り離して考えることができ影響は有りません。しかし支払いが行われないなど問題が有った場合には影響が出ることも有るので注意が必要です、

クレカのショッピング枠を利用中!キャッシング審査に影響するの?

クレジットカードは現金を持ち歩かなくてもショッピングができる便利なカードとして誕生しましたが、最近ではこのショッピング枠の他に、キャッシング枠を備えているのが普通で、必要な時にお金を借りられる機能も持っています。

ショッピング枠の支払方法としては、基本的には1回払いだったものが、最近ではこれも利用者が便利に使えるように、何回かに分けて支払えるようなリボ払いが用意されて、暫く支払いが続くことも出てきています。

ただし分割で支払うとしても、ショッピング枠を使って買い物をした場合は、お金を借りているとは判断されないため、ショッピング枠の利用が、キャッシングローンの審査に影響するというような事にはなりません。

クレジットカードには2つの利用枠が有る

クレジットカードはインターネットが発達して通販の利用が一般化してきている今、もはや必需品と言って良いかもしれません。

以前はクレジットカードと言えば現金を持ち歩かなくても買い物ができて安全で便利と言うようにショッピングのお伴というような位置付けだったのですが、現在では次の2つの利用枠を持つ便利なカードに成長しています。

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

つまり現在ではお買い物の他、カードローンのようなキャッシングのカードとしても利用できるようになっているわけです。

この2つの利用枠はカードによって考え方が違っており、1つの形としては両方とも別枠になっていてショッピングは幾らまで、キャッシングは幾らまでと独立しています。

もう一つは総枠が決まっており、そのすべてを買い物に利用出来ることになっており、一部についてはキャッシングにも利用出来るというような設定になっています。

ショッピング枠の支払方法

ではショッピングに利用したとして、その支払いはどのように行われるのでしょうか。カードだけでお買い物ができると言っても、当然後で実際に支払わなければなならないものです。

現在多くにクレジットカードの支払方法には次の2つの方法が用意されています。

  • 1回払い
  • 分割払い

クレジットカードの支払いと言うのは以前は基本的に翌月1回払いというものでしたが、それでは買い物がしにくいというような利用者がいたため、リボ払いなど分割して支払う方法が提供されるようになってきました。

つまり、外見上はローンを組んで買い物をしているような形になるというわけです。これによってクレジットカードの利用も安心してできるようになり、利用者も急激に増加していくことになりました。

ショッピング枠の利用額はキャッシングローンの審査には影響しない

クレジットカード普及と同時にキャッシングという無担保で保証人無しで簡単にお金を借りるキャッシングローンの利用が増えて銀行でもカードローンというキャッシングの提供を始めるようになりました。

クレジットカードもそうですがキャッシングローンの利用も審査に通過しなければなりませんが、キャッシングの場合他からの借入が有ると審査に影響すると考えられています。

そこで気になってくるのが、先ほど説明したクレジットカードでのショッピング枠を分割払いで利用している場合です。

外見上ローンで買い物をしたような印象を抱きますから、お金を借りているということになってキャッシングローンの審査に影響が有るのではないかと考える訳です。

しかしクレジットカードのショッピング枠と言うのは、あくまで物を買うという捉え方がされるため、ショッピング枠を分割払いで利用していたとしても、キャッシングローンの審査には影響は有りません。

あまり使いすぎるのは良くありませんが、審査への影響と言う点では安心して利用してかまいません。

クレジットカードをどうやって選ぶか
クレジットカードをどうやって選べば良いのかと困っている人もいるかもしれませんが、まず念頭に置いておきたいのが便利と言う点とお得と言う点です。そこで自分の買い物について考えてみましょう。

通常誰でも日常利用するスーパーなどのお店が有るはずです。最近では多くのお店にポイントシステムがあり、そのポイントカードが載ったようなクレジットカードを発行しています。

そういったクレジットカードを作ればポイントも貯まってお得な利用ができます。

また海外に行く予定が有る場合には現地に強い国際クレジットカードと提携しているクレジットカードを選んでおくと現地に行った時も便利に利用できます。

ショッピング枠は利用状況に注意!状況次第でキャッシング審査に影響

このように通常はキャッシングローンの審査に影響しないショッピング枠の利用ですが、もし支払いが契約通りに行われなくなってしまうと、審査でも問題と捉えられるため、審査通過は難しくなってしまいます。

しかし、逆にショッピング代金を分割であってもしっかり支払っていることが実績として示すことができれば、キャッシングローンの審査では不利になるどころか、評価してもらえることも有ります。

最近ではリボ払い等で高額の買い物もしやすくなっていますが、支払いが長期化すればするほど、生活を圧迫する事になり、支払いが滞る原因にもなりますから、できればクレジットカードのショッピングは1回払いで支払ってしまう事を勧めます。

ショッピング枠も支払状況に問題があればキャッシング審査に影響する

ただし、キャッシングローンの審査に完全に無関係と言う訳でもありません。無関係の前提になっているのはあくまでクレジットカードで買い物をした支払いを契約通り行っているというのが前提になっています。

もし契約通りに支払いが行われず、滞ってしまっているとしたら、その情報は金融機関間で利用者情報を共有している信用情報内に、支払いが行われなかったという情報が記載されることになってしまいます。

そして、その情報はキャッシングローンの審査時に参照されることになります。

当然そういった滞納情報は審査ではマイナスの評価になるため、キャッシングローンの審査の通過は難しくなります。

つまりしっかり支払いを行わないような人にお金を貸してしまったら、貸したお金の返済も行われない可能性が有ると金融機関は考えるということです。

支払っている実績が有れば評価が上がることも有る

このように信用情報と言うのは大変怖いものだという印象が有りますが、信用情報と言うのは利用者と金融機関の取引状況が記載されるもので、支払いが行われなかったというような悪い情報ばかりが記載されるわけではありません。

クレジットカードの支払いが契約通りに行われている、あるいは契約通りに支払われたというような情報も記載される事になるのです。つまりこの情報を見ればこの利用者は約束したことを守る人だということが分り信用できると判断されます。

ですからそういう人がキャッシングの申し込みをした場合、信用ができるということで、今度はプラスの評価になり、審査通過の可能性がその分上がることになる訳です。

つまり信用情報と言うのは、怖い場合だけではなく強力な味方にもなってくれるので、日頃からクレジットカードの支払いなどは契約を守る事が大変重要なのです。

クレジットカードでの買い物は1回払いを基本にしよう

分割払いと言うのは高額なものを購入するためには、大変便利なものですが、将来的に支払いが発生するものだということを忘れてはいけません。もし返済が滞れば説明したように信用を失ってしまうことに繋がります。

ですからクレジットカードを利用するにしても、出来れば1回払いで支払ってしまえる様な利用を心がけておいた方が、支払い方法としては無難になります。

大きなものを購入する際には、安易にクレジットカードを利用してしまうのではなくて、先々のことをよく考えて支払っていくことができるのかどうかを計算してから、購入するようにして下さい。

安易に購入してしまう癖がある人は、クレジットカードを持ち歩かないとか、購入前に家族に相談する等、何らかの歯止めになる方法を用意しておくことが必要でしょう。

ブラックになるとキャッシングの利用は無理
本文で説明しているように何らかの支払いが滞ることで、信用情報に記載されてしまい、金融機関からお金を借りられなくなってしまった状態をブラックと呼んでいます。

このブラックは次に示すようにクレジットカードの支払いの滞納以外にも陥ってしまうことが有るので注意しなければなりません。

  • ローン返済の滞納
  • 各種支払いの滞納
  • 債務整理
  • ローンの申込み

各種支払いの滞納にはクレジットカードの支払いの他、電気料金や電話料金なども含まれ、最近では携帯電話料金の支払いを滞納して、ブラックになってしまう人が急増しているので要注意です。

ローンの申込み情報と言うのも他の情報に比べて短期間ですが信用情報内に記載されることになり、短期間に何度もローンが申込めないようになります。

最近ではブラック対応業者というものも有りますから、絶対に借りられない訳ではありませんが、ブラックになると大変不自由になる事は間違いありません。

クレカのキャッシング枠は審査に影響する!総量規制にも要注意

クレジットカードにはショッピング枠の他にキャッシング枠が有ります。キャッシング枠は文字通りお金を借りるというものですから、ショッピング枠とは違い、キャッシング枠の扱いはキャッシングローンなどと同じです。

当然ですが、キャッシング枠を利用していればキャッシングローンの審査にも影響が出てくることになり、更にショッピングの支払いと同じように返済に支障が出ていれば、大きな問題として評価は下がってしまいます。

また銀行が発行しているもの以外のクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の総量規制の対象になりますから、キャッシングローンを利用する場合には、総量規制にも気を付けておかなければなりません。

クレカのキャッシング枠はキャッシングローンと同じ

このようにショッピング枠は契約通りに支払いが行われていれば、特にキャッシングローンの審査に影響は有りません。しかしクレジットカードのもう一つの枠であるキャッシング枠を利用する場合にはちょっと違います。

キャッシング枠の場合の扱いは、あくまでキャッシングでありお金を借りているという扱いになります。したがってキャッシングローンの審査では、他からの借入れが有ると言う話になり、申込時にも正直に申告しなければなりません。

つまり、クレジットカードのキャッシング枠というものの扱いはキャッシングローンと全く変わりがない訳です。

このため、クレジットカードのキャッシングを利用していれば、当然キャッシングローンの審査にも影響が出ることになります。

自分の返済能力をしっかり計算しておく必要が有る

このためキャッシングローンの返済能力の算定でも、クレジットカードのキャッシング枠の返済分が考慮されることになります。場合によっては、この返済が有ることによって審査が否決になってしまう可能性も出てきます。

そこで、キャッシングローンを申込む際に、是非行っておいてほしいのが自分の返済能力の計算です。金融機関は年収から返済能力をはじき出して判断しますが、自分ではそういうことはできませんから月収から判断してみましょう。

そこで自分の月の収入と支出の金額を過去1年分程度用意してください。次に月毎に次の計算を行って収支を計算してみましょう。

収支額 = 収入額 - 支出額

支出にはクレジットカードのキャッシングの返済額もしっかり入れておいてください。

この収支が常にキャッシングローンの返済額を上回っていれば、キャッシングの返済能力は有ると判断できます。

支出額が正確に分からないというような人はお金を借りようという前に自分のお金の管理ができるようになるのが先ではないでしょうか。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

総量規制に掛れば審査は通らない

先程クレジットカードのキャッシング枠はキャッシングローンと同じだと説明しましたが、これは法的にも言えることで、このクレジットカードのキャッシングには貸金業法の総量規制も適用になります。

要するにキャッシング枠的に見ればクレジットカード会社も貸金業に入るということになるのです。

このため、クレジットカードのキャッシング枠によってはキャッシングローンの利用限度額に制約が入る場合も考えられます。

例えば年収300万円の人の場合総量規制では融資上限が100万円ということになります。もしクレジットカードのキャッシング枠が20万円とすれば、キャッシングローンの利用限度額は残り80万円までということになります。

このためキャッシングローンで100万円の融資を希望したとしても、最大でも80万円までしか、利用限度額は設定されないということになります。

もしクレジットカードのキャッシング枠が100万円ということになると、もう総量規制ギリギリになるため、キャッシングローンの審査には通らなくなってしまいます。

銀行発行のクレジットカードには総量規制が適用されない
クレジットカードは通常はクレジットカード会社が発行するものですが、最近では消費者金融がクレジットカードを発行したり、クレジットカード会社がキャッシングローンを始めたりで、業界の垣根が崩れてしまっています。

しかし消費者金融でもクレジットカード会社でもキャッシングと言う点では同じ貸金業で法的には貸金業法の規制を受けることになり総量規制も適用になります。

しかし最近では銀行がクレジットカードの発行を行っている場合が有り、法的に言うと銀行は貸金業には分類されません。このため銀行のクレジットカードの場合には貸金業法は適用されず総量規制の対象になりません。

もしクレジットカードを持っているのであれば自分のクレジットカードは総量規制が適用されるのかされないのか確認してみて下さい。

クレカの利用の注意点とは?下手をするとキャッシングの審査に影響!

この他にもクレジットカードを利用する際には、注意しなければならない事がまだまだあります。

最近では危険性が理解されてきていますが、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を支払う業者がいますが、ショッピング枠の現金化はクレジットカード会社によって禁止されています。これを行えば信用を著しく傷つけてしまうでしょう。

また人によっては多数のクレジットカードを持っている場合が有りますが、これ等に少しづつキャッシング枠が付いていれば、総量規制に上限に近付いてしまい、肝心な時にキャッシングローンの利用ができない事になってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は通常キャッシングローンの金利よりも高い設定になっているのが普通ですから、もしお金を借りるのであればキャッシングローンを利用するようにして両者を上手に使い分けることを考えましょう。

ショッピング枠をお金に換えてはいけない

クレジットカードも含めて金融取引は信用に基づいています。したがってクレジットカードの利用方法によってはキャッシングローンの審査にも影響することがいろいろとあるのです。そこでそういった例を説明して行きましょう。

クレジットカードのショッピング枠は説明したようにお金を借りているというようには解釈されません。しかし、世の中には様々なことを考える人がいるもので、このショッピング枠をお金に換える方法も有るのです。

正確にはそういったことを業務にしている会社が有って、そこを利用することによって自分のショッピング枠で現金を作ることができます。

方法は何種類かありますが、基本としては、その会社の言う通りのものをショッピング枠でまず購入します。そしてその品物をその会社に持ち込むと買い取ってもらえるというものです。

もちろん例えば10万円のものを購入して、買い取り価格は6万円と言うように、実質的には大損なのですが、現金がどうしても必要と言う場合にはついつい利用してしまう人がいるのです。

当然ですが買ったものは支払わなければなりませんから、家計を圧迫する事になります。

ただし、このようにショッピング枠をお金にすることはクレジットカード会社の利用規約によって禁止されています。もしそういった利用方法が発覚してしまうと、即解約ということも有ります。

またこういったことを行えば信用情報にも記載されキャッシングローンの審査にも影響することになってしまうので注意しなければなりません。

多数のクレカを持つ必要は無い

最近では何かにつけてカードを作る機会があります。そういったカードを作る際に、お店で勧められるとクレジットカード付きのものを作ってしまうことが有ります。こうして何枚もクレジットカードを持っている人もいるのではないでしょうか。

しかしクレジットカードにはキャッシング枠も付いていますから、1枚1枚のキャッシング可能額は少額でも合計すると、高額になり先ほど説明したように総量規制に掛ってしまう可能性が高くなります。

そうなればキャッシングローンの利用は法的規制を受けることになり、借入れできなくなってしまいます。

クレジットカードと言うのは大変便利なものですが、何枚も有っても役に立ちません。種類の違うものを2枚持っていれば十分だと言われています。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
クレジットカードを多数持つとキャッシングで審査落ち!何が問題なの

キャッシングは金利に注意

またこれはキャッシングローンの審査に影響するという話ではありませんが、クレジットカードのキャッシングにしろキャッシングローンにしろ、注意しなければならないのが金利です。

クレジットカードのキャッシング枠の金利と言うのは一般的に言ってキャッシングローンの金利よりも高い設定になっているのが普通です。ですからキャッシングを利用するにしても、利用方法をよく考えなければなりません。

クレジットカードのキャッシング枠は少額の借り入れをして短期に返してしまうという利用方法をすべきで、もし高額の借り入れをして長期に返済して行くのであれば、キャッシングローンのほうを利用すべきでしょう。

キャッシングを使用する場合には常にお得な利用をするにはどうするべきかを考えて利用するようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングは海外で有利
クレジットカードのキャッシングでは本文で説明しているように金利が高めになるので、できればキャッシングローンなどを利用した方がお得なのですが、活躍の場が無い訳ではありません。活躍の場は海外にあるのです。

海外でも買い物はクレジットカードが利用できますが、場合によっては現金が必要な場合が有ります。海外で現金を用意するには現地で日本円を現地通貨に両替しなければなりません。

日本円はハードカレンシーですからどこに行っても両替ができるので便利ではあるのですが、そもそも高額の現金を持っていくのは危険ですし、両替するのに高額の手数料が掛ってしまうのであまり良い方法ではありません。

そこでクレジットカードの出番になる訳です。クレジットカードのキャッシングは現地の銀行のATMでも利用でき、当然現地通貨の融資を受けることができます。

このキャッシングで借りた分を、帰国後すぐに返済してしまえば、その間に掛る利息は両替する場合の手数料よりも少額で済むのが普通です。つまりこの場合キャッシングを使ったほうが有利な訳です。

ここでショッピング枠の利用がキャッシング審査に影響するかどうかについて纏めておきます。

  • クレジットカードのショッピング枠の利用はキャッシングローンの審査には影響しない
  • 利用したショッピング枠の支払いが滞った場合にはキャッシングローンの審査に影響が出る
  • クレジットカードのキャッシング枠はキャッシングローンと同じ扱いを受け審査にも影響する
  • クレジットカードの利用法によってはその他にもキャッシングローンの審査に影響が出ることがある

クレジットカードは大変便利なものですが、現金が見えない事から使いすぎてしまうことも多々あります。注意しながら利用するようにして下さい。

【参考記事】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

閉じる
閉じる