どうしても審査に通りたい人向けサイト

スカイオフィスのキャッシングは50万円まで!審査柔軟ってホント!

スカイオフィスは福岡県にある比較的に小規模な消費者金融ですがインターネット経由で全国から利用ができるようになっていて、誰でもと言うわけではありませんが、14時までに申込めば即日融資の可能性も有ります。

審査の難易度の評価は難しいですが、金利から考えれば、かなり緩い審査が行われていると考えられ、利用者の情報を調べてみるとブラックで他では借りられないような人でも審査に通過した例をたくさん見つけることができます。

ただし、審査が緩い場合に注意が必要なのは、他ではなかなか審査に通らないような人の場合、返済できなくなる可能性も他の人よりも高いですから、キャッシングの利用時には返済が行き詰らないように十分注意してください。

スカイオフィスは福岡県の消費者金融!少額融資を行っている

スカイオフィスと言うのは福岡県にある1店舗だけで営業している、いわゆる街金などと表現される小規模消費者金融ですが、実際にはインターネットを利用して全国展開して、多くの利用者を獲得している業者です。

しかもたいへん迅速な対応をしてくれるため、14時までに申込んで審査で問題が無ければ、即日融資も可能としています。ただし、審査が順調にいくとは言えないので必ず借りられるとは思わないほうが無難です。

融資の上限は他の消費者金融など比べると比較的少額の50万円となっており、高額融資には応じていませんから、もしもっと高額な融資を希望している場合には、別のキャッシングを探さなければなりません。

スカイオフィスのキャッシングとは

スカイオフィスというと貸金業者とは思えない洒落た名前ですが、福岡市の博多駅前にある規模としてはそれほど大きくない消費者金融です。

もちろんあまり知名度が有る訳ではないのでキャッシングの利用を考えたことの無いような人はまず知らない業者です。しかしキャッシングの分野では後々説明して行きますが知る人ぞ知る存在になっています。

このスカイオフィスの提供しているキャッシングの仕様は次のようになっています。

商品名 キャッシング
融資額 1万円~50万円
金利(年利) 15.0%~20.0%(新規の場合は20.0%)
返済方式 元利均等払い方式

通常スカイオフィス程度の規模の場合、店舗の周辺地域で営業して、街金などと呼ばれる地域の金融業者ということになります。

しかしスカイオフィスが全国的に知る人ぞ知る存在になったのは、インターネットを利用して全国にキャッシングを提供していることが基になっています。

14時までに申込めば即日融資の可能性有り

また利用者の注目を集めるもう一つの理由としては、申込みから融資までの時間が短く、即日融資も可能になっているというところです。

通常即日融資と言っても、大手金融機関を例にすれば、申込み時間によって可能な場合と不可能な場合が有ります。

もちろん店舗に行ったり、自動契約機を利用すれば、20時を超えても可能な場合が有りますが、インターネット経由の場合には多くは12時までに申込みを行っておかなければ、即日の利用は難しくなってしまいます。

しかしスカイオフィスの場合には、審査時間が最短30分となっており、14時までに申込めば即日融資も可能とされています。

ただし、審査と言うのは誰でも30分で終わるというものではありませんから、即日融資を狙って申込んだとしても実際に即日融資を受けられるかは保証できないので注意してください。

融資は少額で最高でも50万円まで

融資は先程の表を見れば分かりますが、最高でも50万円までとなっている為、消費者金融の融資額としてはちょっと少額になっています。

もちろんこの50万円が上限ですから、実際に融資されるのは更に少額になります。

ですから例えば融資希望額が100万円というような場合には、スカイオフィスのキャッシングでは、そこまでの融資は不可能ということになるので、別のキャッシングを探す必要が有るでしょう。

もちろん他を探しても最初からそれほど高額な利用はできないはずですから、当初利用出来る金額としてはそれ程の違いはないでしょうが、将来的に高額な利用を考えているのであれば、別のキャッシングを利用して信用を作っていく必要が有るでしょう。

小規模でも全国対応している消費者金融は増えている
最近は銀行がカードローンでキャッシングの分野に進出して利用者がそちらに流れたうえに、貸金業法の改正で、消費者金融は思うように融資ができなくなってしまい、利用者を集めるのが難しくなってしまいました。

そこで消費者金融はそれまでのやり方を見直して、様々な特徴を出していくようになり、インターネットを利用して全国展開する業者も出てくるようになりました。このスカイオフィスもそういった業者の1つです。

このようにインターネットと言うツールを利用すれば規模に関係なく、少ない資金で全国展開することができますから、スカイオフィス以外にもこれを利用しようという業者が増えてきています。

ただし、こういったブームに乗って非正規業者も罠をかけているので利用する業者を選ぶ場合には十分注意しなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
希望が高すぎると審査落ち?キャッシングでの融資可能額はどのくらい

スカイオフィスの審査は厳しいのか?ブラック対応と言われている

スカイオフィスが全国で利用者を増やすには注目を集める必要が有ります。なぜ現在スカイオフィスが注目されているのかは利用者それぞれに理由が有るのかもしれませんが、最も大きな理由は審査の緩さだと考えられます。

スカイオフィスの場合、大手銀行や大手消費者金融では、敬遠されていて、借入れはまず出来ないようなブラックの場合であっても、返済能力さえ備わっていれば、融資してくれる可能性があるのです。

ただし、スカイオフィスでは誰にでも貸しているというように考えるのは止めましょう。やはりお金を貸す以上返済ができなければ貸してはくれません。もし自分は返済して行くことは難しいだろうと言う人はスカイオフィスの利用も難しいはずです。

スカイオフィスのキャッシングの審査の難易度を金利から予想する

全国から申し込めても、問題は審査に通るかどうかだと考えていると思いますが、このスカイオフィスのキャッシングの審査の難易度は緩いのでしょうかそれとも厳しいのでしょうか。

まず審査の難易度と言うのは明確な指標が無いので、何をもって緩いのかというような話は難しいのですが、一つだけ数字によって予想できる指標が有ります。それはそのキャッシングで付けられる最高金利です。

金利と言うのは信用が低いほど高くなるのが普通で、信用が低いというのは審査に通りにくいということですから、金利が高ければ高いほど信用が低くても審査に通る可能性が有る事になり、言い換えれば審査は緩いということです。

スカイオフィスのキャッシングの最高金利は20.0%となっており、この数字は現在の日本国内での法定上の最高金利で消費者向けの融資ではこれ以上の金利は付けられません。もしつけたらそれは法律違反になってしまいます。

したがって、スカイオフィスのキャシングは金利から判断すれば大変審査は緩いキャッシングと考えられます。

実はスカイオフィスのキャッシングが知る人ぞ知るというような位置付けになったのは、この審査の緩さにあり、他では借入れできない人の間で評判になったという理由が有るのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

ブラックでも融資されることがある

ではどの程度審査が緩いのかと言うと、他ではなかなか借入れが難しいと言われる過去に金融事故を起こしてしまったような、いわゆるブラックと言うわれるような人でも、審査に通すことが有ると言われています。

こういった業者のことをブラック対応と言い、利用者が増えてきていることから、業者のほうも増加してきており、この分野でも競争状態になってきています。

現在ではインターネット上でブラック対応業者と検索すれば、すぐに見つけることができますから、スカイオフィスのようにこれまでブラック対応で上手く利用者を集めてきたような業者も今後は更に目を引く特徴が必要になるのかもしれません。

誰でも審査に通るという保証はない

もちろんブラック対応と言うのは審査が無いということではなくて、過去の金融事故いついては問われませんが、ブラックであっても返済はしてもらわなければなりませんから、それなりの返済能力は問われることになります。

ブラックでも通るという話だけが独り歩きして、いきなり申込者が急激に増加したが、その殆どは審査に落とされたという業者がかつてありましたが、それは返済能力が伴っていなかったという理由でした。

したがってスカイオフィスの場合も、ブラックでも審査通過できると安易に考えて申し込んだとしても、やはり審査は行われ、返済が難しいと判断されれば、審査通過は難しいので、この点勘違いしないようにして下さい。

ブラックということがなぜ金融機関に分かってしまうのか
本文ではブラック対応業者について説明していますが、申込者がブラックだということが何故金融機関側に分かってしまうのかを説明しておきます。

ブラックかどうかの判断と言うのは信用を審査する際に、過去の金融取引状況がどうなっているのかについて確認する際に利用者の情報を金融機関間で共有するために信用情報から読み取ることができます。

したがって、これを見れば過去に利用者がどのような金融事故を起こしたのかということも分ってしまう訳です。

よく言われるように信用情報内にブラックリストが有ってその中に名前が入った人がブラックだというような事は無くて、あくまで利用者情報の中にどのようなことが有ったのかと言う形で事故情報が格納されています。

この事故情報をどのように利用するのかは金融機関次第で、それをブラックだと解釈するのかあるいはブラック扱いしないのかが信用情報中で決まっている訳ではありません。

難易度が低いキャッシングに注意!返済を安易に考えてはいけない

このようにスカイオフィスの審査は難易度が低いですが、こういった審査を通過してくる人の場合、多少の問題が有っても通過してくることが有り、そういう人が融資を利用することになると返済に問題が生じる可能性が出てきます。

したがって、もしスカイオフィスを申込もうという場合、審査に通りそうであっても、安易に返済のことを考えるのではなく、実際に自分の返済能力を計算してみて、返済の可能性を見極めておきましょう。

もし可能性があやふやのまま申込んで融資を受けたとすれば、返済途中で返済に行き詰ってしまう可能性が有り、そうなってしまうと、ブラックということになって、自分で自分の首を絞めてしまいかねないのです。

難易度が低い場合は返済に問題がある人でも融資を受ける可能性が有る

ただし、スカイオフィスのような審査の難易度が低い場合には、利用出来る可能性が大きいのは利用者に取っては有り難いのですが、逆の結果が出る可能性も高いということをよく覚えておく必要が有ります。

逆の結果と言うのは、お金を借りられて返済していければよいのですが、逆に返済できなくなって、信用を失ってしまうということです。

もともと、他では何らかの問題が有って返済の可能性に疑問が有るからこそ、審査に落としているわけで、金融機関が変わったとしても融資に対する問題が変わるというわけではありません。

要するにスカイオフィスが融資を行ったとしても、返済ができなくなる利用者が無くなるということにはならないということで、自分がそういう危険性を孕んでいるということをよく理解してスカイオフィスを利用しなければなりません。

借入れの前に返済できるかどうかを見極めておくべき

そこで自分が返済については行き詰ってしまう危険性が有ると感じている場合には、借入れを申込む前に自分が返済して行けるかどうかをよく見極めておくようにして下さい。そして返済ができそうにない場合には借入れを見合わせるようにしましょう。

そこで返済の可能性の見極めをどのように行えばよいのかということになりますが、要するに返済と言うのは常日頃かかっている生活資金の上に余分にかかってくるわけですから、その分の余裕が有るかどうかを確認すれば良いということになります。

そこで自分にどの程度の余裕が有るのかと言う話になりますが、これは次の数式で月々の収支を計算してみれば分ります。

収支 = 収入 - 支出

もしこの収支が毎月返済額以上あれば、返済して行けるということになりますが、もし足りない月が有る場合にはその月は返済できないということです。

そういった月がたまにあるのであれば、余裕のある月から回すこともできますが、頻繁に足りないとか、そもそも収支が赤字になっているようでは、返済は無理だと考えるべきでしょう。

安易に借入れすると自分の首を絞めることになる

こういった確認をせずに、安易に借入れしてしまうと、返済するときになって、実は自分には返済できるだけの余裕が無かったということが分っても、後の祭りです。

場合によっては返済できずに差し押さえなどが行われ自分の首を絞めることになってしまいます。

また返済の可能性を見極めたとしても、見極める段階で自分の都合のよいように解釈してしまう人もいて計算したつもりが正確ではなかったというような事になってしまう場合も有ります。

そういったことを排除するには、日頃から自分のお金というものをしっかり管理して、収入額と支出額が正確に分かっていることが必要です。ですから管理していない人は、今日からでも家計簿などを付けて管理を始めておきましょう。
返済できなくなった時はどのように対応すれば良い
本文では返済できなくならないように返済の可能性を見極める様にと言う説明をしていますが、実際問題として返済に行き詰ってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

まず返済ができないということは自分であれば返済日前に分る筈ですから、その時点で金融機関側に連絡を取って対応を協議してください。契約によってはその月の返済額を減額してもらうこともできます。

そういった契約が無くても最悪の場合には利息だけでも入金すれば良いという業者も少なくありません。

これ等の場合は翌月以降しっかり返済できるように十分注意してください。

もし翌月以降の返済も見込めないという場合には、弁護士などに相談して債務整理を行う事も視野に入れなければなりません。

ブラック対応業者でもブラックになったら借入れすべきではない!

このようにスカイオフィスはブラック対応業者ですが、もし自分はブラックだという場合には、安易にキャッシングを利用するべきではありません。一度ブラックになった人と言うのはまた同じことを繰り返すことが有るからです。

もしブラックになってしまったという場合には、どうしたらお金を借入れできるのかを考えるのではなく、なぜ自分はブラックになってしまったのかその原因を考えて、それを無くすにはどうするべきか対策を講じるようにしましょう。

そして最も重要なのは、お金に困ったらすぐに借りることを考えるのではなく、まずはどうすればお金を借りなくて済むのかその方法を考えることに頭を使うようにして下さい。そうすれば返済に追われるような事もないのです。

ブラックは繰り返す可能性が有る

説明して来ましたがスカイオフィスを利用すれば、今現在ブラックだという人でも、キャッシングを利用することが出来る可能性が有ります。このように便利な業者ですが、ここでは敢えてブラックの場合の融資の利用は勧めません。

それは何故かというと、ブラックというのは繰り返してしまう可能性が有るためで、ブラックを繰り返すというよりも、ブラックになるような金融事故を繰り返すということです。

どうもブラックになるという人は、他の人と比べてお金に対する考え方というようなものが、違っていると感じます。

どのように違うのかと言うのはその人によって差が有り、その違う部分をよく見極めて自分の弱点を正してかなければ、何度お金を借りても、また同じようなことになってしまう可能性が有るのです。

ブラックになったらまずは原因を探って対策を取るべき

そこでブラックになってしまった場合には、何故自分がブラックになってしまったのかその原因をとことんまで追究してみて下さい。表面的な原因だけで済ませるのではなく、何故と言う問いを続けて原因を深層まで探ることが必要です。

原因が分ったら、今度はそれに対する対策を考えます。この対策ができるまではたとえ原因がわかったとしても、再度の借入れは危険です。

この原因と対策はそう簡単にはできません。ブラックというのは信用情報にブラックとなる記述が残っている間続きますが、これが概ね5年程度になっているので、この期間はブラックということになります。

そこでこの5年と言う期間を上手に使って原因の追究と対策を行うようにしてください。

まず必要なのは借りなくて済む方法を考える事

そうは言ってもお金は必要だろうという人がいますが、趣味やレジャーならお金を貯めてから行えばよいことですし、生活費が足りないという場合には、そもそも生活と言うのは自分の収入内で行うべきものということを思い出しましょう。

借りることを考える前に自分の生活水準を見直すべきです。このようにまずは借り入れを考えるのではなくて借りなくてよい方法を考えるようにして下さい。

もし生活上これ以上切る所は無いというような場合には、そもそも借入れしたって返済して行くことはできませんから、借入れを考えるのではなくて、役所に行って生活保護の相談をしてみるべきでしょう。

安易に借入れしても、返せなくなれば、生活は破綻します。そういうことを避けるように自分の現状と将来を見据えてお金の使い方を工夫しましょう。

闇金業者に注意しよう
ブラック対応業者でも融資が受けられないということになると、利用者はどこに流れるかと言うと、もはや法定上の上限金利内で融資してくれる正規業者を見つけるのは無理ということになり、利用出来る業者は闇金だけになります。

正常な判断能力が有れば、闇金を利用すれば、とことん搾り取られて、返済ができない時は厳しく取り立てられるような事も予想できます。しかしお金が必要で借入れできないという場合には、こういった正常な判断が出来なくなります。

したがって、もしブラック対応業者の審査にも落ちてしまった時には、自分が何をし始めるかわからないという認識を持って、家族や身近な人に相談し、闇金の利用に進まないように監視してもらう事も必要でしょう。

ここでスカイオフィスのキャッシングについて纏めておきます。

  • スカイオフィスは福岡にある少額融資専門の消費者金融
  • スカイオフィスのキャッシングの審査は緩くブラックでも融資の可能性有り
  • 難易度が低いキャッシングの場合返済できなくなる可能性も高いので要注意
  • ブラックになってしまった人はまずその原因を追究し対策すべき

ネット上から申込める業者は大変便利ですが、連絡が必要になることもあるため、必ず申込みの前にネット上だけではない連絡方法がしっかり用意されているかを確認しておきましょう。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる