どうしても審査に通りたい人向けサイト

自分にとって審査が甘いキャッシングは有る!但し申込者ごとに違う?

キャッシングを選ぼうと言う時、審査の甘いキャッシングはあるのかという疑問を持つ人は多いと思いますが、一般的な傾向として金融機関による審査の難易度というものは存在します。またすべてのキャッシングに当て嵌まる訳ではありません。

審査というものはキャッシング毎の審査基準で行われますが、この基準によっては申込者との相性の良いものや悪いものが有るため、個々のキャッシングの難易度というものは申込者ごとに感じ方が違ってくることになり一般論は通用しません。

キャッシングの良い選び方と言うのは、審査の難易度も大事かもしれませんが、難易度がはっきりわからない以上、長期の利用を考えて自分の使い勝手を考えて選んだほうが、良いものを選ぶことができるはずです。

審査が甘いキャッシングとは?安易に判断できないが一般的傾向はある

キャッシングを利用したいと考える人が不安に思うことは審査に通るか通らないかということでしょう。このため多くの場合キャッシングの申込みを考える場合、できるだけ審査の甘いキャッシングを探したいと思うものです。

キャッシングと言うのは一般的に言えば金融機関の種類ごとに審査の難易度の序列が有り、どういった位置付けなのかはわかります。

しかしそれはあくまで一般的な話であって、個々のキャッシングの審査が甘いのか厳しいのかと言った判断ができるというものではありません。このため具体的な審査の難易度を判断するのは大変難しいことです。

一つの目安として利用できるとすれば、それは金利です。ローンでは信用が低くなればなるほど、高金利でなければ融資してくれません。このためキャシングでも金利の高いものほど審査が甘くなると考えることができます。

一般的には金融機関の種類によって審査の難易度の傾向が有る

キャッシングの審査には難易度が有るのは確かです。

このためキャッシングを申込もうという人の中には、何とか審査が甘いものを探そうといろいろと調べようとすることがあります。

キャッシングの審査の難易度については一般的な傾向と言う意味で次のような序列が有ると考えられています。

(難)銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融(易)

このため、一部の人はこの序列から自分は銀行でいいとか、銀行は無理なので大手消費者金融で申込もうとか、勝手に判断している場合も有ります。

実際の運用でも銀行は自分の系列内に銀行系消費者金融を持っており、銀行のカードローンの審査通過が無理な場合には系列の消費者金融に回ってもらうというような誘導が行われる場合も有ります。

したがって、確かにこの序列に示されるような傾向が一般論としては有効なのです。

全てのキャッシングにこの傾向が当て嵌まる訳ではない

しかし、これは今言ったように一般論でしかありません。個々のキャッシングの審査の難易度については、この序列に当て嵌まる保証は有りません。銀行によっては大手消費者金融よりも審査が甘いと言われる場合も有ります。

したがって、単純に銀行のほうが審査は厳しく消費者金融のほうが審査は甘いと考えて、消費者金融のほうに申込みをした場合でも、審査では期待外れの結果になってしまう可能性も無いとは言えないのです。

ですからキャッシングを審査の難易度で選びたいのであれば、一般的な序列を考えるのではなくて個々のキャッシングについて調べたうえで、個々に判断しなければなりません。

またキャッシングは1つの金融機関に1種類とは限りません。何種類か持っていた場合には、それぞれで審査の難易度が違うのが普通です。

例えば一押しのキャッシングは厳しくしておき、別のものを甘くして利用者を逃さないようにするという手法が使われている場合も有りるので、調べる時はそれらも見逃さないようにしなければなりません。

一つの目安は金利を見る事

キャッシングの審査の難易度を見極めるのは大変難しいのですが、一つの目安にできるのが、そのキャッシングの最高金利を見ることです。

ローンの金利と言うのは信用に直結しています。これは個人の借入から国際的な取引きでも同じで、信用が有れば低い金利で融資を受けることができますが、信用が低ければ高い金利でなければ貸しては貰えません。

信用がある人と言うのは要するに難易度の高い審査でも通過するという人で、逆に信用が無い人と言うのは難易度の低い審査でなければ通過できないということです。

このためキャッシングで考えた場合、審査の難しいキャッシングは金利が低い事になり、審査が甘いキャッシングでは、金利は高くなるわけです。

そこでキャッシングを難易度で選びたい場合には、最高金利を見ることで、ある程度の難易度を判断することができるというわけです。

もちろんキャッシングによっては、あえて金利を低くしていたりする場合も有りますから、必ず判断できると言う保証は有りませんが、全く手掛かりが無い状態よりは、良い判断ができることは間違いありません。

利用限度額と金利は連動する
キャッシングの場合には利用限度額も審査での信用評価によって決まることになっています。このためキャッシングの場合には、利用限度額と金利は連動していることになり、次のような関係になっています。

信用 利用限度額 金利

つまりキャッシングと言うのは信用が高ければ大きなお金を低い金利で借りることができ、信用が低ければ小さなお金を高い金利で借りなければならないというわけです。

このためキャッシングの場合、利用当初は金融機関とのお付き合いが無いため信用は小さく、不利な条件で利用しなければなりませんが、お付き合いが続いて信用が大きくなれば、利用限度額は増額され金利は低くなっていきます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

一般的傾向は個別に通用するわけではない!審査の甘さの判断は難しい

ただし金利も一般的な話であって、個別の申込みで審査の難易度がどうなるのかということはそう簡単に分かるものではありません。

キャッシングの審査はキャッシング毎に用意されている審査基準によって行われます。この審査基準はキャッシング毎に違いが有り、この審査基準によって審査の難易度も決まりますが、内容は一般には公開されません。

また申込者の状況と言うのは、それぞれで違いが有りますから、審査基準と申込者の状況の相性によっても難易度が違ってくることになります。このためキャッシングの難易度と言うのは利用者個々に違うということになるのす。

またこういった場合口コミ情報を参考にする人も多いですが、口コミ情報と言うのも真実だとしても他人の体験談であって、自分にも当てはまる保証など無いため、口コミ情報で難易度を判断する事にも問題が有ります。

審査基準はそれぞれ違う

キャッシングの審査と言うのはそれぞれのキャッシングを提供している金融機関や提携している保証会社が作り上げた審査基準に沿って行われ、この審査基準を満たしていなければ、審査は否決になって融資を受けることができません。

しかも審査基準と言うのはキャッシング毎に違っており、同じ金融機関であってもキャッシングが違えば、審査が変わってくることになります。

要するに個々の審査の難易度というものはこの審査基準の内容によって決まると言っても間違いではありません。

しかしこの審査基準と言うのは金融機関が長い時間をかけて作り上げてきたもので、金融機関にとっては大きな価値が有り、決して外に漏らすようなことはありません。つまりキャッシングの申込者が知ることはできないものです。

申込者によって難易度は違ってくる

このように審査基準と言うのはそれぞれ違っているということを考えた場合、申込者のほうもそれぞれ置かれた状況は違う為、この組み合わせによっては審査が通りやすかったり通り難かったりすることが予想できます。

つまり、一般的に言えば同じ程度の難易度に分類されているキャッシングであっても、申込者によって審査に通るものも有れば、通らないものも有るということです。

さらに言えば別の申込者にとってはまた違った結果になる可能性も高いということです。

つまりキャッシングというのは申込者によって難易度は違ってくることになるため、一般的な話を調べたとしても、あまりあてにはできない訳です。

したがってあまりキャッシング選びで審査の難易度に拘っても有効な結論は出てくることは無いのです。

口コミ情報も自分に当て嵌まる保証はない

申込みを考えている人の中には、今ではインターネットが有るので、実際の利用者が投稿した口コミ情報を調べることができるから、審査の難易度についても生の情報が得られ、有効な判断ができると考えている人がいます。

しかし、この口コミ情報と言うのも問題が有ります。先ほど説明したようにキャッシングの審査と言うのは申込者ごとに難易度が違っているのです。それは口コミ情報の投稿者も同じことで、やはり難易度は違うのです。

ですから口コミ情報で審査が甘くお勧めできるというような記述が有ったとしても、自分が申込んだときには審査が厳しく否決になってしまったというようなことが起きてしまう可能性が出てくるのです。

したがって口コミ情報も審査の難易度というような点であてにするのは問題が有ります。

口コミ情報は信用しすぎてはいけない
口コミ情報と言うのは本文のような問題も有りますが、さらに大きな問題を孕んでいるので注意しなければなりません。

口コミ情報の売りというのは、利用者の生の声が聞けるということです。このため利用者に取っては大変参考になると考えてしまって、キャッシングの申込者数にも影響するようになってきました。

そこで業者は口コミ情報を偽造して、申込者を誘導し利用者数を増やそうと考えるまでに時間はかかりませんでした。ですから現在の口コミ情報と言うのは真実の情報も有りますが、多くの嘘の情報の含まれてしまっているわけです。

したがってどれが真実でどれが虚偽なのかが分らない以上口コミ情報を利用するのは危険ということになります。

もし口コミ情報を利用しようという場合には必ず別の方向から検証してから利用するようにして下さい。

自分向きのキャッシングを選ぶことが重要!使い勝手を考えよう

では何を基準にしてキャッシングを選べば良いのでしょうか。キャッシングと言うのは他のローンと比べると非常に長期間利用することが想定されるため、長く使うためには使い勝手が重要になって来ます。

また長期に適正な利用を続けていれば適用される金利が見直され徐々に有利な利用ができるようになるため、長期利用できればそれだけ利益にもつながることになり、そのためにも使い勝手は重要なのです。

そこで難易度が分らない以上、キャッシングの選び方の一つの基準としては、自分の使い勝手と考えることができます。自分はキャッシングに何を望んでいるのかをよく考え、それを満たすか満たさないかで選んでみましょう。

キャッシングは長期利用が前提!自分の使い勝手を重視すべき

ここまで説明してきたようにキャッシングを審査の難易度で選ぼうという場合、審査が甘いのかを調べるには、あまり有効な手段が有りません。このためキャッシング選びであまり難易度に拘るのは時間の無駄なのです。

ではどうやってキャッシングを選べば良いのでしょうか。キャッシングと言うのは他のローンと決定的に違うところがあります。それは借入れと返済を繰り返して非常に長期に利用していくことができるという点です。

住宅ローンも長期に利用しますが、何度も借り入れができるわけではありません。そういった点でキャッシングは大変特異なローンでキャッシング選びはそういった点も考慮しておかなければなりません。

そこで重要になってくるのが使い勝手です。一度しか借入れを行わないのであれば問題は無いのですが、何度も借り入れと返済を繰り返すという前提が有るのであれば考慮しておく必要が有ります。

もし使い勝手が悪いものを選んでしまったら、使いにくくて仕方がないでしょう。

ですからキャッシング選びでは利用者である自分の使い勝手を最も重視して選ぶのが良い選び方なのではないでしょうか。

長期利用は利益にも繋がってくる

またキャッシングと言うのは適正な利用を続けて長期に金融機関とお付き合いを続けていれば次第に大きな金額を低金利で借りられるようになっていきます。

ところが選び方がいい加減で利用しにくかったりすると、途中で別のキャッシングに乗り換えたりする場合も出てくることになるため、こういった場合、新たな金融機関とまた初めからお付き合いをしなければなりません。

そうなった場合には低金利になるのはさらに先に延びてしまうことになり、その間は不利ない金利での利用を続けなければならず、金利が低くなった場合に比べて利息が大きくなってしまうことになります。

したがって的確に使い勝手の良いものを選んだほうが金利の差を考えれば、長期的に考えて大きな利益に繋がって行くことになる訳です。

どうやってキャッシングを選べば良いのか

では具体的にはどうやって使い勝手の良いキャッシングを選べば良いのでしょうか。

まず必要なのはキャッシングの情報を集めることです。キャッシングと言えば大手銀行や大手消費者金融に目が行きがちですが、カードローンだけでも地方銀行や信用金庫など多くの金融機関のキャシングが存在しています。

そこでそういった自分の周囲にあるキャッシングの情報を集めてみましょう。周囲と言っても最近ではインターネット上でも利用できるものが有るのでそういったものの情報も集めておきましょう。

情報が集まったら、今度は自分がカードローンをどのように利用するのか考えてカードローンへの要求事項を細かく箇条書きにしてください。

例えば利用するのはATMなのか銀行振込なのか、ATMで融資を引き出す場合には利用する場所、利用手数料は掛っても良いのかなど、様々な点を考えて条件を並べて行ってください。

あとは自分の条件で情報を集めておいたキャッシングを評価して、もっとも条件を満たしているものを探してください。そのキャッシングが自分向きのものと考えることができます。

キャッシングの申込みは時期をよく考える必要が有る
キャッシングで融資を利用したら月々返済をしていかなければなりません。つまりキャッシングを利用しているということは自分の返済能力の一部を使っていると言うことになります。

ここで住宅ローンの利用を考えてみましょう。住宅ローンは非常に大きな融資を受けて長期間返済して行くものです。このため審査も非常に厳密に行われ、返済能力の評価でも様々な要因が考慮されます。

このためもしキャッシンッグを利用しながら住宅ローンを申し込んだ場合、当然ですがキャッシングの返済も考慮され住宅ローンの返済能力の評価から差し引かれることになります。

したがって住宅ローンのような大型のローンの利用予定が有るのであればキャッシングの申込みは見合わせてください。

キャッシングは何度も利用できると言う特性を持っているので、借入残高が無かったとしても返済は有るという前提で計算されます。もし既にキャッシングを利用していて大型ローンの利用を考えているのであれば解約してしまいましょう。

キャッシングの利用は先々を考えて申込時期をよく考えなければならないのです。

審査には落ちることも有る!落ちてしまった場合の対処とは?

どういった選び方をするにしても、審査には必ず落ちてしまう人が出てきます。そこでまずそういった可能性を少なくするために、まずは自分の審査の通過の可能性を収入と過去の金融取引状況から調べておきましょう。

もしブラックになっている場合でも、ブラック対応業者というものが有り融資の利用は可能です。

この場合誰でも審査に通るような気がしますが、そういった業者であっても、返済が見込めなければ、審査には通しませんから、審査落ちの可能性が無い訳ではありません。

そこでキャッシングを申込む場合には、常に審査に落ちる可能性が有るということを念頭に置いて、先々を考えておかなければなりません。もし審査に落ちてしまった時、次に取る方法を予め用意しておくことが重要です。

申込みの前に審査通過の可能性を探っておこう

審査というのはどうしても否決になる場合が有ります。大手消費者金融を例にすれは、 審査通過率は50%に達していません。おそらく銀行はさらに低くなっている筈です。ですから申込者の半数以上は審査に落ちているのです。

そこで100%の判断はできないにしても、申込みの前に審査通過の可能性を探ってみて、実際に申込むかどうかを判断してみましょう。

まず審査と言うのは詳細は分からないにしても、だいたいどのようなことが行われるのかは想定できます。それは次のように纏めることができます。

  • 本人確認
  • 返済能力
  • 信用

本人が申込むという前提で話を進めるので本人確認と言うのは問題は有りません。

返済能力の確認は金融機関と同じような審査は行えませんが、まず次の点を確認しておきましょう。

  • 一定以上の年収
  • 安定した月収

一定以上の年収と言うのは以前は200万円の壁と言われたものですが、不景気でデフレも進んでしまったのでもう少し低額でも許容されているはずです。

安定した月収と言うのはキャッシングの返済は月々行われることになるので、月々の返済を行うために月収の安定性が重視される訳です。この確認では職業や職種が判断を左右し、会社員は有利ですが個人事業主などは不利になります。

そこで自分の場合の返済能力の評価を考えてみましょう。年収は十分か、月収は安定しているのかよく考えてみてください。

最後は信用です。信用の評価は主に信用情報が使われます。信用情報には過去の金融取引の情報が格納されています。この中に次のような金融事故情報が入っていれば審査には通りません。

金融事故 信用情報への格納期間
ローンの滞納 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年
ローンの申込み 6カ月を超えない期間

そこで信用を見極める為には表に示した格納期間まで遡って、金融事故を起こしていないかよく思い出してみて下さい。

特に各種支払いでは様々な料金支払いが入りますので、例えば 携帯電話料金を滞納したことは無いかなどよく思い出してください。

問題が無ければ、信用で否決にはならないはずです。

審査落ちした場合には次の申込みは暫く期間を置く必要が有る

もし審査落ちしてしまった場合には、先程の表を見れば分かりますがローンの申込みが行われたわけですから、その記録は6カ月を超えない期間信用情報に記載されることになります。

この状態を申込ブラックと言い、金融事故と同じように扱われます。この申込ブラックと言うのはローンの申込みを繰り返すような場合、申込者はかなりお金に困った状態ではないかと考えられるために金融機関が敬遠するものです。

このため申込者の視点から考えれば、別に金融事故を起こしたという認識は無いのかもしれませんが、金融機関の視点から見れば返済に支障が出る可能性のある状況と認識されてしまうことを忘れてはいけません。

そこでキャッシングを申込む場合には、必ず審査落ちする可能性を考えて、キャッシング以外の方法についても考えておきましょう。落ちた時に慌てておかしなことをしないようにしておくことが重要になります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの審査が否決になった!すぐに再申し込みをして良いの?

審査落ちした場合でも闇金の利用は止めよう

審査に落ちてしまうと、説明したように暫くの間は申込ブラックということになって、正規の業者ではキャッシングの利用ができません。そこでお金に困っている人の場合、非正規業者である闇金の利用を考える場合が有ります。

しかし闇金の利用は様々なドラマにも描かれているように非常に危険で、下手をすると多重債務者に引きずり込まれてしまう可能性も少なくありません。ですから何が有っても絶対に利用してはいけない業者なのです。

もしどうしてもお金が必要と言うのであれば、公的な貸付制度の利用も考えてみましょう。お金が必要な理由によっては無利息で借りられる可能性も有るので、とにかく調べてみて損はありません。

こういった制度はバブル崩壊後困っている人を救済するために考えられたものですから、お金困っている人は何らかのか融資理由に該当する可能性が高く、闇金よりもずっと安心して有利に利用することができます。

ここで自分にとって審査が甘いキャッシングについて纏めておきます。

  • キャッシングの審査の難易度には一般的な傾向が有る
  • 一般的な傾向は個別の利用者に当て嵌まる保証はない
  • キャッシングは自分の使い勝手の良いものを選んだほうがよい
  • 審査に落ちる場合も想定して対処法を考えておくべき

審査では甘いということが高金利に繋がることを忘れてはいけません。甘いものを狙わなければならない状況であれば、まずは借りなくて済む方法を考えることが重要でしょう。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる