どうしても審査に通りたい人向けサイト

目的別ローンは面倒でカードローンを利用?もしかして大損してない?

ローンはもともと何かお金の利用目的が有るから借りるもので、現在でも銀行ではこういった目的に合わせて目的別ローンが用意されています。ただ現在では利用目的を指定していないカードローンが出現して利用者を増やしています。

確かにカードローンは何にでも利用できて、しかも申込みも比較的容易で便利なのですが、よく比較してみると目的別ローンのほうが金利の面では低くなっており、借入額によってはカードローンの利用は不利になってしまいます。

このためローンと言うのはそれぞれの特徴をよく理解して、自分の利用方法に合わせて有利さと便利さを天秤にかけ、最も良いと思えるものを選ぶ必要が有ります。

カードローンの場合は金利が高いので、利用では低額で短期間の目的の場合がお勧めでしょう。

ローンには目的限定の目的別ローンがある!カードローンとどう違う?

最近ではローンと言えばカードローンなどのキャッシングを思い浮かべる人が多くなりましたが、もともとを考えれば何かの目的が有るからこそお金を借りるというのが普通で、金融機関はそういった目的に合わせて目的別ローンを提供しています。

しかしこういった目的別ローンは目的に合わせた申込みだと言う確認などが必要になり申込みに手間がかかることになるため、最近では手軽に申し込めて審査も早いカードローンの利用が広がるという結果になっています。

どちらのローンを選べば良いのかは人それぞれの考え方次第ですが、利便性を追求すればカードローンのほうが良いかもしれません。しかしローンはそれだけで選んではいけません。どちらを利用した方が得なのかという視点も大変重要なのです。

目的別ローンとは

ローンというのは何らかの目的が有るが自分ではそのために必要なお金が用意できないような場合に、銀行がその分のお金を融資し、その代り、お金を返すときに利息を払ってもらうというものです。

そして従来のローンと言うのは要するにこの目的が有るからこそ貸していた訳です。銀行は利用者の需要が多い目的に合わせて目的別ローンというものを用意して多くの利用者を獲得しようとしていました。

したがってこの目的別ローンは本当にその目的のために融資したお金が使われるのかということが重要になり、見積もりを取ったり、融資した後の確認などが行われるので、審査はなかなか厳しいものが有ります。

現在用意されている目的別ローンには次のようなものが有ります。もちろん他にも多くのものがある筈です。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • リフォームローン

住宅ローンは通常目的別ローンとは独立して説明されていますが、住宅購入と言う目的のために融資するものですから分類としては目的別ローンの一種と言うことになります。

自分で目的を決められる目的別ローンもある
目的別ローンと言うのは多くの利用者が共通してお金が必要になる目的に合わせて各銀行が用意していますが、利用者の目的によってはそれに合った目的別ローンが存在しない場合も無いとは言えません。

そういう場合にはカードローンのような何にでも利用出来るフリーローンの利用を考えることになりますが、もう一つの選択肢としては自分で目的を決めることができる、多目的ローンと呼ばれるものが用意されている場合も有ります。

この多目的ローンは銀行によって呼び方が違っているので注意が必要です。

もし自分に合った目的別ローンが無いというのであれば、この多目的ローンの利用を検討してみて下さい。多目的ローンは他の目的別ローンよりも多少金利が高いので、カードローン等とも比較して良いものを選ぶようにしましょう。

カードローンのほうが借り入れが容易で利用が広がっている

ただし最近ではカードローンというものができて、事業性資金以外なら利用目的が問われず、申込みでも見積もりが必要と言うわけでもないので比較的簡単にできる為、利用者もカードローンに流れるようになってきています。

ただしカードローンの場合には利用限度額は最初から大きな金額にはならないため、本来は生活費の足しかちょっとしたレジャーなどでの利用を想定しています。ですから高額の目的別ローンの代わりにはなりません。

しかし目的によってはカードローンでも目的別ローンの代わりになる程度の借り入れができる場合も有って、そういう場合には敢えて申込みの面倒な目的別ローンを利用する必要なないと考える人も少なくはないのです。

ローン選びは利便性も重要だがどちらが得かと言う視点が重要

要するにこういう人たちはローンを利便性で選んでいるということです。確かにカードローンは利用までが比較的容易ですし、目的達成の後も必要に応じて利用することができ、大変便利なローンと言えるでしょう。

しかしこういったお金の絡む話と言うのは、利便性だけで考えるわけにはいきません。必ず持たなければいけない視点は得なのか損なのかということです。

同じ金額を借りてもローンによって返済総額は違ってきます。そういった点を考慮してどういったローンが良いのかを検討しなければ、便利だからと言う理由だけでは、実際には大損していたということも考えられるのです。

ローンというものは決して安易に選ぶものではありません。目的が有るのであれば、その目的達成のためにじっくり時間をかけて資金の調達計画を立てなければならないのです。

利息を計算してみよう!カードローンの金利設定は審査で決まる!

そこで実際にどちらが得になるのかについて考えてみることにしましょう。よく有利な借り入れを考えるときに金利で判断する人がいますが、確かに判断基準にはなりますが、正確に言えば利息で判断するべきでしょう。

カードローンの場合の金利は低金利から高金利まで大きな幅を持っている場合が普通で、低金利になると目的別ローンよりも低くなることが有りますが、利用初めはそういった低金利にはならず、殆どは高金利の設定になるので注意が必要です。

実際に借入れした場合には、適用される金利と返済期間をよく検討して、どのローンを借入れるのが良いのかを検討することが必要です。

既にカードローンを利用していて、比較的低金利で借入れできる様になっていればお得になる可能性も有ります。

得か損か判断は金利ではなく利息で行おう

得か損かを判断する場合、多くの人が勘違いしているのがローンの比較を金利で行っていることです。確かに金利で得なのか損なのかが決まることは有りますが、金利と言うのは比率であって、金額を表すものではありません。

したがって厳密にいうのであれば金利で比較するのではなくて利息で比較しなければなりません。金利も利息も同じだろうという人もいますが、この2つは違うものです。そこで利息がどのように計算されるかを確認しておきましょう。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年単位)
式を見れば分かりますが、利息に影響するのは金利だけではなく、そもそもの借入れ元本、と借入期間も同じように大きく影響するわけです。

またローンによって返済方法が変わってきますから、その辺も考慮して金利ではなく利息がいくらになるのかと言う視点で損だとか得だとかを考えるようにしましょう。

カードローンの金利は最初は高いので要注意

カードローンの利用は比較的容易だという話をしましたが、カードローンには問題点も有ります。まずカードローンは融資の希望額を最初に申告しますが、信用の評価によっては利用限度額は減額され最初は比較的少額の設定になります。

しかも利用限度額だけが審査で決まる訳ではなく、適用になる金利も審査で決められます。カードローンの金利と言うのは金融機関の種類によって概ね次のような範囲で設定されます。

キャッシング 金利(年利)
銀行のカードローン 1%台~14%台
大手消費者金融のカードローン 4%台~18%
中小消費者金融のキャッシング 6%台~20%

しかしこの金利の設定は利用限度額と連動しており、やはり信用によって変わってきます。

信用評価が低ければ高金利、高ければ低金利になり、利用開始当初は多くの場合最高金利が適用されます。

したがってキャッシングと言うのは高金利と考えなければならないので利用には注意が必要と言う事になります。

どうしたらカードローンの金利は下げてもらえるのか
キャッシングの金利は本文で説明しているように大きな幅が設定されており、当初は最高金利が適用される場合が多いのですが、逆に言えばではもっと低い金利設定にするにはどうすれば良いのでしょうか。

キャッシングの金利は利用限度額と連動しています。このため金利だけ下げてくれということはできませんが、利用限度額の増額を申込むことは可能になっています。

もちろん増額してもらうには条件が有り、ある程度の利用を続けて信用評価を上げる必要が有ります。そのため増額を申込むと改めて審査が行われ信用の評価がやり直されます。

この審査で信用が上がっていると判断されれば、それに見合う形で利用限度額と金利が見直され、新たなものが適用されます。

ただし、信用評価の結果、信用が下がったと判断されれば利用限度額は下がり、金利は最大のままということになってしまうかもしれません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの利息は金利だけでは決らない?利息を計算してみよう!

結局目的別ローンとカードローンではどっちが得なの?

では結局目的別ローンとカードローンでは借り入れする場合どちらがお得なのでしょうか。そこでここではある大手銀行の教育ローンを例にして金利を調べてみましょう。

ローン 金利
大手銀行の教育ローン 4.250%
同じ銀行のカードローン 2.0%~14.0%

このように金利だけで考えればカードローンが最低金利で借り入れできれば別ですが、ほとんどの人の場合には教育ローンのほうが低金利で借りることができます。

後はホームページに用意されているような返済シミュレーションを利用して返済期間や返済総額を算出して自分にとって実際にどちらがお得になるのかを計算してみて下さい。

できれば他の金融機関のものを比較して最もお得なものを選ぶようにすれば良いでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングは事前に返済方法を確認しよう!返済方式にも注意が必要

ローンは特徴を理解して利用する!カードローンは低額で短期間が良い

ローンというのは金融機関が利用者の要望を勘案して品揃えをしているものですから、本来は各ローンの特徴をよく理解して、自分のお金の用途に合わせて最適なものを選べば自然と良いものが選べるはずです。

一概には言えませんが高額のローンを利用するような場合には、返済期間が長期化してしまうことになるので、なるべく金利が低くなるものを選んで利用すれば、利息を低く抑えることができるので、目的別ローンがお勧めでしょう。

低額の利用で返済期間が短期間になる場合には、金利が高くても利息を計算するとそれ程大きな差になって現れませんから、申込みが比較的簡単に行えて手間がかからないカードローンのほうがお勧めできるでしょう。

ローンにはそれぞれ特徴が有り最適なものを選ぶと良い

金融機関と言うのは大手銀行も有れば地方銀行もあり、更には信用金庫というようなものも、そしてそれぞれに目的別ローンやキャッシングが用意され、更にキャッシングであれば消費者金融と選択もあります。

こう考えてくれば分ると思いますが、非常に利用者獲得競争が激しくなっているわけです。各金融機関は利用者の要求を良く分析して使い勝手が最適と思われるように設計している筈です。

しかし逆に利用者のほうから考えれば、様々なローンが用意されていて、その中から自分に最適なものを選ぶ必要が生じるわけです。金融機関のほうが目的達成に最適だと考えても自分にとっては違うかもしれないわけです。

そこで各ローンの特徴をよく研究して自分にとって最適なものを選ぶということが大変重要になる訳です。

高額利用なら目的別ローンがお勧め

そこでいくつかの条件で良いものを選ぶことを考えてみましょう。まず借入額が非常に高額で返済期間もかなり長期に及ぶような借り入れを考えてみましょう。これは住宅や自動車の購入などが該当するでしょう。

その場合には先ほど示した利息の計算式から判断すればできるだけ金利の低いローンがお勧めということができます。

そうすれば元本と借入期間が大きい分を金利を小さくすることで補うことができます。

したがってこういう場合に利用したいのは、やはり住宅ローンや自動車ローンといった目的別ローンのほうがお勧めということができるでしょう。例えばキャッシングで自動車を購入することは可能かもしれませんが、利息で判断すれば大損でしょう。

低額利用で返済期間が短期間ならカードローンがお勧め

これに対して、低額の借入で返済期間が短いような目的で融資を利用する場合には金利が大きかったとしても元本が小さく借入期間も短い訳ですから、金利が小さいものと比較しても利息の金額はそれ程大きな違いは無いはずです。

それであれば、何も申込時にいろいろと面倒な事が無く、比較的容易に借入れできるカードローンのほうが面倒が無くて良い選択と言えるでしょう。

このようにローン選びでは利便性と損得をよく比較検討して、選ぶのが良い選び方になります。

ただし利便性を優先するか損得を優先するかの境目と言うのは利用者次第ということになります。

そこでまず必要なのは自分の考え方を整理して基準を作ることです。この基準があやふやになっていると、なかなか的確なローン選びができません。ローンを選ぶ前によくこの点について考えておきましょう。

随時返済を有効に利用しよう
多くのローンには定期的な返済の他に、いつでも好きなだけ返済できる随時返済と呼ばれる返済方法が用意されています。多くの人の場合結局この随時返済を利用せずに完済に至りますが、お金に余裕が有れば利用した方がお得になります。

定期返済を続けていると少しづつしか元本が減りませんが、お金に余裕が有るときに随時返済を使って、大きく元本を減らしてしまえば、元本が減った分の利息は以後掛らなくなりますから、利息の返済分が減って、効率的に元本が減っていきます。

したがってトータルで考えれば利息分を大きく減らすことができて、返済総額は当初の計画よりもかなり少なくすることができるはずです。損得を考えればローン選びも大切ですが、返済方法も良く検討する必要が有ります。

審査に通らない時のことも考えておこう!闇金の利用は厳禁

目的別ローンにしろカードローンにしろ、利用するためには審査に通過しなければなりません。しかし審査が有る以上、中には否決になってしまう人はいるもので、それが自分だったということも十分考えられることです。

そこでどんなローンを選ぶにしろ、申込みの前に審査に通過しないという可能性を考えておく必要が有ります。借りられない場合にどうすれば良いのかと言う対処方法を考えておかなければ、そういう事態になったときに慌てることになるでしょう。

もし借りられない場合であっても、非正規業者であれば貸してくれる可能性はありますが、そういった業者はいわゆる闇金と言われる業者で、利用してしまうと、いつの間にか多重債務者に追い込まれたりするので絶対に利用してはいけません。

ローンの審査では否決になる事が有る

自分では良いローンを選んだと思っても、金融機関の方で審査を通さないことも考えられます。ローンの審査と言うのは概ね次のような項目で行われます。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の確認
  • 申込者の信用の確認

実際に審査ではこれ等の項目をいろいろな角度から確認するように詳細な審査基準が決められているのですが、それは公開されていないので分りません。

これ等の審査基準で問題が有ればローンと言うのは否決になってしまって、借入することはできません。

どの程度の人が審査に通過しているのかと言う通過率はほとんど公開されていないのではっきりは言えませんが、公開されている大手消費者金融のキャッシングの通過率を見ると50%を割っているので審査はかなり厳しいと予想されます。

したがってここで説明している目的別ローンにしろカードローンにしろ、結構多くの人は審査に落ちてしまう可能性が有るのかもしれません。

目的別ローンもカードローンも駄目な場合も考えておく必要が有る

そういうことを踏まえて考えた場合、目的別ローンでもカードローンでも申込みの前に、審査に落ちた時にはどうしたらよいのかと言うことを考えておいた方が無難でしょう。

どういったローンを借りるにしても、そこにはお金を使う目的がある筈ですから、借入れできなければその目的は達成できなくなってしまいます。目的によっては諦めればよいですが、場合によっては代替案を練る必要が有ります。

しかもローンというのは一度落ちてしまうと長ければ半年程度は、ローンを申込んだという情報が信用情報に記載され、それが有った場合、頻繁にローンの申込みをする人というのは敬遠されるため申込ブラックと言う状態になってしまいます。

したがって審査に落ちた時には当分の間、新たなローンの申込みはできません。このため、ローンに落ちた時のことを考える場合には、ローンの利用ができないものとして考える必要が有ります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングを複数申し込むと審査落ち?申込時期に注意すれば大丈夫

借りられない場合でも闇金を利用するようなことは止めよう

もしどうしても借入が必要と考える場合には、正規業者では説明したように審査に通りませんから、追い詰められてしまって闇金と呼ばれる非正規業者の利用を考える場合が有ります。

しかしドラマなどにも描かれるように、こういった業者を利用すると高金利や厳しい取り立てなどが行われ、返済できなくなってしまう可能性も出てきます。

もし返済できなければ、闇金側が新たな闇金を紹介して利息分だけ借りさせその利息分だけを支払うようにして元本を減らさず、闇金だけがいつまでも利益を上げる構造を作ります。

しかも利息分を借りた闇金への返済も発生することになりますが、返済は苦しいですから同じように新たな闇金から借入れをさせられる事になって、たちまち多重債務者になってしまうでしょう。

したがって、どういった状況になったとしても闇金を利用するようなことが有ってはいけません。

場合によっては公的な貸付も利用出来る
教育資金などで、どうしても借入れが必要と言う場合には本文で説明しているような闇金の利用を考えてしまいがちですが、こういう場合には状況次第では公的な貸付制度の利用ができる可能性が有ります。

こういった公的な貸付制度の場合には、連帯保証人がいれば無利子で借入れできるものも有って、大変有利です。もしどうしても借入が必要と言うのであれば、こういった制度を利用することも検討してみましょう。

またもし生活費が足りず、これ以上生活レベルを下げることもできないというような場合には、もはや借入れと言うのは無理ですから、役所に行って相談して生活保護の申請も視野に考えてみることが必要ではないでしょうか。

ここで目的別ローンとカードローンについて纏めておきます。

  • ローンには何にでも利用出来るカードローンだけではなく利用目的が決まっている目的別ローンがある
  • カードローンは目的別ローンより金利が高い場合が多く要注意
  • ローンは利便性と損得の兼ね合いで選べば良い
  • ローンの審査は必ず通るというものではないので否決の時のことを考えておく必要が有る

どのようなローンを利用するにしても重要なのは完済できるのかということです。審査に通ったとしても完済の保証になる訳ではないので、利用の前には必ず返済の可能性を計算してみて下さい。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる