どうしても審査に通りたい人向けサイト

キャッシングを口座振込で利用!通帳から消費者金融利用がバレないか

キャッシングの利用を職場あるいは家族に知られたくないという人は大勢います。このため連絡先を携帯電話にしたり、利用明細の送付を停止したりといった対策を立ててバレないように注意している場合もあるでしょう。

ATMでの融資だけを利用しているのであれば、それだけで対策にはなりますが、銀行振込を利用する場合に忘れがちなのが振込み人名義で、通帳に振込み人として消費者金融名が有っった場合には家族にバレてしまいかねません。

このため、銀行振込でキャッシングの融資の利用を行う場合には、通帳を家族の目につかないところに保管したり、別途家族に知られていない預金口座を開設してしまうなどの対策が必要になって来るでしょう。

キャッシングの利用を知られたくない!消費者金融の対策は?

キャッシングと言うのは借金ですから、利用者の多くは周囲に知られたくないですし、家族には内緒の目的で借りている場合も有るので、バレてしまうと困るという人も多い筈で、隠すためにいろいろと対策しています。

例えば家に電話が有ったら大変ですから連絡先電話番号は自分の携帯電にしていたり、月々郵送される利用明細書が目に触れてしまうと、すぐにバレてしまいますから発送を停止したりと様々です。

この他バレる機会としては職場にある在席確認も心配ですが、これは個人名でかけられるので、バレる可能性は低く、対策の必要はまずありません。どうしても困る場合には在席確認が無いキャッシングを選ぶことができます。

申込時に記載する連絡先は携帯電話でも良い

キャッシングを利用するということは利用目的にもよりますが、家族や職場の周囲には知られたくない時が有ります。そこで従来からバレる契機としていくつか上がっていますので、まずそれらについて考えてみます。

従来から言われている周囲にバレる契機には次のようなものが有ります。

  • 申込時の自宅への確認電話
  • 利用明細書の自宅への送付
  • 申込時の職場への在席確認

まず自宅への確認電話ですが、以前は自宅の固定電話が必須とされていました。しかし現在では携帯電話が普及していて、そもそも自宅に固定電話が無い家も珍しくなくなってしまいました。

このためキャッシング各社は連絡先として、携帯電話かあるいは自宅の固定電話のどちらかで構わないというようになってきており、連絡先として携帯電話を記載しておけば、自宅への確認電話を避けられるようになって来ています。

利用明細書は停止できる

次に月々送られてくる利用明細書から家族に不信感を与えバレてしまうというケースを考えてみましょう。

利用明細書と言うのは自分がどのようにキャッシングを利用しているかを確認することができるので、本来はそれを見て使い過ぎなどを抑止するために重要な資料として利用すべきものです。

しかし書面ということで物理的に残ってしまいますから、それを見られてしまうと隠しておくことができないため、従来から隠すことに神経が使われていたものです。

しかし現在ではインターネットが普及してきており、それを利用して、利用者毎の専用ページを用意し、その中で利用状況の確認ができるようになってきました。

これを利用すれば利用明細書を見なくても利用状況の確認ができますから、こういった仕掛けを用意できるキャッシングの場合には、利用明細書の送付を停止することができるようになりました。

もし利用明細書の送付は困るという場合には、キャッシングの契約と同時に利用明細書の送付停止の手続きをとっておきましょう。

在席確認は個人名で行われる

次に職場でバレないように注意が必要な在席確認いついて考えてみましょう。

在席確認と言うのは申込者が本人であるかどうかの確認の一環として行われるもので、現在では窓口以外での申込者が増えている為、本人確認書類だけでの確認では不十分なために重要性を増しています。

しかしこの在籍確認は利用者は周囲に知られたくないと考えていますから、大変不評で、金融機関側もそれに配慮せざるを得なくなっており、金融機関側は次のような名乗りを使ってかけてきます。

金融機関 在席確認での名乗り
銀行 銀行名あるいは担当者個人名
消費者金融 担当者個人名

銀行の場合には銀行からの電話ということが周囲に分かってしまったとしても、預金関係の電話のことも有るので特に不振を持たれるようなことは有りませんから、銀行名を名乗る場合が有ります。

しかし一部の銀行や消費者金融では個人名でかけてくることになっているので、在席確認であるというような事はまず分りません。

したがって在籍確認電話は落ち着いて応対すればバレるようなことは無いでしょう。

もしどうしても困るという場合には少数ですが在席確認がないキャッシングもあるので、それらを選べば避けることができます。

これで家族や職場でキャッシングの利用がバレないようにする対策は万全だと考える人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。融資の利用方法によっては、普通に利用していても、もう一つバレる契機が有ったのです。

異常事態には家族に隠しておくのは難しい
本文では申込みから普通に借りては返すという取引が続けられているという前提でバレる契機について説明していますが、これとは別に金融機関側がどうしても利用者と連絡を取らなければならなくなる場合が有ります。

それは異常事態が発生した場合です。キャッシングで異常事態と言うのは返済が滞った時のことです。こういったことが起こってしまうと、金融機関側は督促状を送ったり回収担当が電話連絡してきたりします。

また金融機関によっては回収担当が直接自宅に訪ねてくるということもあります。ですからもし返済できないというような事になった場合には、家族に隠しておくのはかなり難しくなってしまうでしょう。十分注意しなければなりません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
キャッシングの在席確認とは?審査では勤務先に電話確認が行われる!

銀行振込での融資の利用の問題点とは?振込み人名義が通帳に残る

しかし実はバレる契機と言うのは最近ではこれだけではなくなってきているのです。

最近は銀行振込による融資の利用も広がってきていますので、問題になるのが振込み人名義が預金通帳に記載されてしまいこれが家族に見られるとバレる可能性が有ります。

この振込み人名義にどのようなものを使うのかと言うのは、消費者金融毎に違いますが、消費者金融とは分らない名義を利用する場合も有れば、消費者金融名が使われることも有ります。

どうしても心配と言うのであれば、どういった名義で振込みが行われるのかと言う点について、申込みの前に業者のほうに直接問い合わせて確認しておくべきでしょう。

ただし同じ名前で何度も振込みが有れば消費者金融名でなくても疑問を感じる可能性はありますから、いずれにしても見られるのは避けなければならないでしょう。

銀行振込の場合には通帳に振込み人の名義が記載される

銀行や大手消費者金融のキャッシングはカードを使ってATMから融資を引き出すカードローンを指し、多くの人はキャッシングと言えば、このカードローンを利用することになります。

このため家族や周囲にバレないようにするには先ほど説明したことに気を付ければ、隠しておけたのですが、最近では事情が違ってきています。最近のカードローンの融資の利用方法には次の方法が有ります。

  • ATMから引き出す
  • 銀行振込で入金してもらう

まだ利用形態としてはATMを利用する場合のほうが多いですが、最近はインターネットが発達して、通販の利用も多く、その場合現金よりも口座に入金しておいた方が便利なため、銀行振込の利用者が増加しています。

さてそこでバレる契機の話になりますが、銀行振込を行ってもらうと、振込み人の名義が通帳に記載されることになります。

ここに例えば消費者金融の名前が入っていて家族がそれを見てしまったら、言い訳は難しいでしょう。

対応は消費者金融毎にまちまち

振込みを行ったことが有る人であれば、振込み人名義は入金の際に自分で設定することができます。したがって、借入れの際も業者側があえて業者名を隠して入金してくれれば、その入金がキャッシングによるものかどうかわかりません。

では実際にはどうなっているのかと言うと、この対応は現在業者によってまちまちと言わなければなりません。

つまり業者名を隠して入金してくれる金融業者も有れば、業者名をそのまま使っているところも有ります。

ですからもし通帳に業者名が入ってしまっては困るというのであれば、どういった業者が業者名をそのまま使うのかを調べて、キャッシングを選ぶ際にはそういった業者のキャッシングの利用は止めなければなりません。

心配な場合には業者に直接確認しよう

ただしこういったことをホームページ等で明記しているところは少ないので、インターネット上の利用者からの情報などを調べることになりますが、そういったものは信用できない時も有って良く調べなければ失敗してしまうかもしれません。

もしどうしても心配だということであれば、あとは業者に直接電話で問合せて確認しておきましょう。利用してから通帳に業者名が記載されることが分ってももう遅いので確認は慎重に行わなければならないでしょう。

またもう一つ注意しておきたいのは業者名ではない場合でも、頻繁に入金が有れば家族は不審に思うのが普通ですから、使い方にも十分注意して、不信を生むような使い方はしないようにしなければなりません。

今後は振込み人名義も配慮されるようになっていくはず
本文で説明した通り現在在席確認電話は金融機関の担当者の個人名でかけられるのが普通になっています。これは金融機関のほうが利用者が在席確認を嫌がっていることに配慮したもので、金融機関の利益にもなる事です。

銀行振込の振込み人名義もやはり金融機関名の記載を嫌がっているということが分れば、同じように金融機関名を避けて、別名義での振込みを行うようになるかもしれません。

現在ではまだATMからの利用者のほうがずっと多い状況の為、それ程注目されていないという面も有り、配慮されていませんが、これが利用者数にも関係して金融機関の利益に繋がることが分れば、一気に状況が変わるはずです。

それまでどうしても不安だという場合にはATMでの利用に絞ってしまうほかは手立てはないでしょう。

通帳は無暗に見せない!必要なら内緒で口座を開設することも考えよう

そこで通帳に振込人名義が入ることへの対策を考える必要が有りますが、まず確認しておかなければならないのは、家族内の通帳をどのように管理しているのかです。

一括して誰かが管理しているのでは振込みが有った場合には疑いを持たれる可能性が有ります。

しかしそもそも通帳と言うのはその口座の名義人のものだということを忘れてはいけません。少なくとも社会人になったら自分の通帳は自分で管理するようにするべきでしょう。そして重要なのは家族であっても無暗に見せないことです。

しかし急にそんな風にすれば反って疑いをもたれてしまう可能性が有るという場合には、いっそのことキャッシング用に新たに普通預金口座を作ってしまっても良いのではないでしょうか。

通帳をどのように管理しているのか確認しよう

通帳の記載には注意が必要なことは間違いありませんが、そもそも自分の通帳がどのように管理されているのか確認してみましょう。多くの家庭では家族みんなの分の通帳を一か所で保管しているのではないでしょうか。

しかも自分はキャッシュカードが有ればそれで良いという人も多く、通帳の管理は誰かに任せっきりということも珍しいことではありません。しかしそれでは見て下さいと言っているようなものです。とても褒められた管理方法とは言えません。

そこでまずは自分の通帳がどのように管理されているのかについて調べてみましょう。子供の頃は親が管理するにしても、成人してからは自分の通帳は自分で管理するのが基本です。いい機会ですから管理方法を見直してみて下さい。

そもそも通帳は無暗に見せてはいけないもの

また家族の考え方にも問題が有る場合があります。家族間であっても最低限のプライバシーを守る必要が有るものです。子育て中ならともかく社会に出た後は親であっても無暗に子供のものを見るのは良くありません。

預金通帳も例え家族全員のものを一か所で管理するとしても、中身については無暗に開いてみるようなことはマナーとして許されることではありません。

家族間に不信を招く切っ掛けになってしまう場合だって考えられます。

そこで自分の家族の考え方を思い浮かべてみましょう。家族間であまり障壁を設けるのは良くないのかもしれませんが、あまりマナーが守られていないような場合には、最低限のルールを作るべきではないでしょうか。

心配な場合には口座も内緒のものを作ってしまうという方法も有る

もしそういった家族内のルールが作れなかったり、作ったとしても結局は守られる見込みがないという場合には、もう家族共通の管理方法からは離脱するしか方法が有りません。自分だけで管理することを考えるべきです。

簡単な方法はキャッシングを内緒で利用するのであれば、新しい普通預金口座も内緒で作ってしまえばよいでしょう。

当然ですが通帳は自分自身で管理することになります。見つからないように十分注意しなければなりません。

また普通預金口座を作ると、キャッシュカードが郵送されてくるので、それが家族に見つかってしまうと厄介ですから、送付時は家にいるようにして自分で受け取る必要が有ります。

利用するには口座の開設が前提になるキャッシングがある
本文では必要が有れば新たな口座を作るという説明になっていますが、キャッシングによっては、そもそもその金融機関に普通預金口座を持っていることを前提にしていて、持っていなければ新たな口座を開設する必要が有る場合が有ります。

以前は殆どの銀行や信用金庫でカードローンの利用の前提が当該金融っ巻に普通預金口座が必要とされていました。これはキャッシングの利用者を預金者として引き込む狙いが有ったものだと考えられます。

しかし現在ではその前提が有ることで反って申込みに踏み切れない人も多いと考えるところも有り、必ずしも普通預金口座は必要ないという場合も増えてきています。

ただし最近流行りのネット銀行などは軒並み口座の開設を要求しているので、口座が開設されてキャッシュカードの送付が行われるまで利用できず、利用開始まで他の一般の銀行よりも時間がかかってしまうこともあります。

キャッシングを家族に隠す必要は無い!最初から情報を共有すべき

ここまで家族にに隠すという観点から話を進めてきましたが、そもそも家族に隠し事をするのはあまり勧めることはできません。隠しておいてもバレる可能性と言うのは常にありますし、返済に行き詰ってしまった時には助けてもらうのは家族です。

多くの場合家族に隠しておくのは、キャッシングの利用に反対されたら困るからと言う理由です。しかし家族が反対するのはそれなりの理由が有るからではないでしょうか。その理由を自分でも検討してみる価値はある筈です。

ですから出来ればキャッシングのような借入れを行う場合には、初めから家族と情報を共有しておくようにしましょう。バレないようにするために気を遣う必要が有りませんし、必要な時に味方になってもらえます。

内緒にしていた場合の問題点

家族に隠すということは、キャッシングの利用を何らかの理由で家族に反対される可能性が高いからと言うことでしょう。そこでもし借入れを強行して返済を続けているとしてその時に起こるかもしれない問題点を考えてみましょう。

キャッシングで融資を受ければ翌月から返済が始まります。利用明細書は送られてこなくしておいて、そのまま完済してしまえば家族にバレてしまうことはまず考えられません。

しかし返済に行き詰ってしまった時はどうでしょうか。例えば病気やケガで仕事ができなかったとしたら、返済するお金をどう用意すれば良いのでしょうか。

要するに内緒にしていた時の主な問題は返済できなかった時はどうすれば良いのかと言うことです。

考えている間にも、督促状が送られ回収担当からの電話を受けるかもしれません。

そういう時に誰が助けてくれるのかと言う時、考えられるのは家族以外にありません。

内緒にしていた場合、この時点で隠しておけなくなって、家族にバレて、しかも助けを求めなければならなくなるのです。

キャッシングと言うのは借りては返すという通常の利用を続けている時には問題は有りませんが、それができなくなることも有るということを常に考えておかなければならないものなのです。

キャッシングの利用を反対されたら

それではキャッシングの利用を考えた時に、家族に相談したとしましょう。そういった時には、家族は借入れに反対するかもしれません。その時どうすれば良いのでしょう。

その時は家族の言い分に耳を傾けるべきです。家族だって反対するには何らかの理由がある筈です。その理由をよく聞いてみましょう。人間と言うのはそれぞれ価値観や考え方が違うものです。ですからそういう意見は貴重なのです。

よく聞いてみれば自分では理解していない危険性なども見えてくるかもしれません。それを理解したうえで、なおキャッシングの利用が必要と言う場合には、なぜ必要なのか自分で家族が納得するまで説得すべきです。

家族が納得させられないうちは、そのキャッシングの利用はまだまだ必要性が無いのかもしれません。誰かを説得するということは自分の考えを整理するにも大変有用なことです。

時間はかかるかもしれませんが、家族の理解を得たうえでキャッシングの利用を考えたほうが、危ない部分も排除出来てより安全な借入れができるでしょう。

借入れについての情報は共有しておこう

家族の理解を得たうえでキャッシングで融資を受けた後も、返済状況などについて家族と情報を共有するようにしましょう。

そのほうが家族も安心できます。

また人生経験が長い人がいれば、状況を判断して、危ない兆候をかぎ取ってくれるかもしれません。そうすれば返済不能になるような状況に陥るのを回避することも出来るでしょう。要するに家族の持つ経験を一緒に利用できるわけです。

またもし利用者が高齢の場合には、自分に万が一のことが起こった時のことも考えておかなければなりません。家族との情報共有を行っていなければ、あとに残された家族はローンがどうなっているのかわからず困り果てるでしょう。

もちろんそんなことにならないのが一番良いのですが、キャッシングを利用する場合には常に最悪の状況を考えて、それでも大きな問題にならないように準備をしておくことが必要なのです。

返済できなくなっても隠し通し闇金などを利用してはいけない
本文で説明しているようにキャッシングの利用は家族に対しては隠しておくよりも情報を共有すべきですが、中にはどうしても隠しておきたいという人もいます。こういう人は返済できなくなっても隠している場合も有ります。

もし返済できない場合どうするのかと言うと多くが他から新たに借入れてそれを返済に充てるという方法を採ります。しかしそもそもが返済に困っているような人ですから、そう簡単に融資してくれる業者はいません。

そこまで追い込まれてしまうと判断力も鈍ってしまいますから、通常なら利用してはいけないと分っていたとしても、その時になると闇金を利用してしまう人も少なくないのです。

そうなるともちろん闇金の方の返済も迫られるわけですから、徐々に
窮地に陥ってしまい、身動きができなくなってしまってから家族の知るところとなって大騒ぎになってしまうというパターンで進行していきます。

どんなに困ったとしても闇金の利用は論外です。こういうことにならないように家族にはどんなことも話しておくべきでしょう。

ここでキャッシングの口座振込での利用で家族に通帳から利用がバレる可能性について纏めておきます。

  • キャッシングの利用を知られたくなければバレる契機に対してそれぞれ対策が必要
  • 銀行振込での利用で振込み人名義からキャッシングの利用が知られる可能性が有る
  • 通帳を家族が見てしまう可能性が有るときは家族には内緒の新たな口座を作ってしまうという方法が有る
  • 返済できないような事態を考えると本来は家族に内緒にするよりも情報を共有しておいたほうが良い

日本人は借金と言うものを胡散臭い目で見ることが有り、これが無意識のうちに利用を知られたくないという心理を抱かせるのかもしれません。しかし借金は場合によっては有用な手段にもなるので多少の意識改革が必要でしょう。

【参考記事】
審査なしのキャッシングはどこ?怪しい業者に関わってはいけません!

閉じる
閉じる